So-net無料ブログ作成
検索選択
社会問題 ブログトップ
前の10件 | -

警察官の職務質問でNG行動と本音&建前 [社会問題]

犯罪を犯したわけでもないのに、警察官に職務質問で呼び止められるのは気分悪くなります。

疲れて早く家に帰りたいときなどは、つい警察官への態度もきつくなるもの。

しかし、それが余計に時間をとられることにつながります。

職務質問でやってはいけないNG行動を解説します。


■警察手帳の要求はNGって本当?

職務質問されたときにやってはいけない行動は2つあります。

警察官に向かって警察手帳を見せるよう要求するなど本物かどうかを疑う行為です。

また、警察官に向ってけんか腰で対応する行為です。

国民の税金で飯食って生活費を稼いでいるんでしょう?と食って掛かるのは絶対にやめておきましょう。

警察官の確実にプライドを傷つけてしまいます。

職務質問で、どうしてジタバタ焦るのですか?と、警察官が本気で職質しまくる荒くれ者になる可能性があります。

ハムラビ法典と同じように、やられたらやり返すという考えを抱いている警官もいます。

警官のやる気スイッチを入れないために、あまり刺激しないほうが無難です。

ただし、つい先日の金塊を盗まれたのを忘れたのでしょうか?

警察官の服装をしている犯罪者かもしれないので、きちんと警察手帳の提示を受けてからこちらの身分証明書を出すほうが良いと思います。

警察手帳が本物かどうかは分かりませんから、その後も貴重品を手元から離さず対応するほうが安全です。

また、職質されるされないは、警察の仕事でもあるのを理解できますが、警官の態度にも違和感あります。

職質する警官の話し方や態度にも問題あるときが多々あります。
 
上から目線の高圧的で偉そうな話し方で質問する人間にはうんざりします。

そもそも警察は自分の身分証を提示してから職質するのが常識です。

マニュアルにも手帳を提示するようになっています。

コスプレマニアかもしれないし、言われないと手帳見せないのは欄外です。


■持ち物検査が省略?

警官にやっておくほうが良い行動は自分自身の身分を素直に披露することとです。

警察官から心証を良くするために免許証や保険証を提示して協力する姿勢を示すことです。

自転車や自動車に乗っているときは、降りて警官に対応するほうが良いでしょう。

警察官も人間です。

個人差があるのは当然ですけど、職務質問に協力的だと速やかに済ませてくれるかもしれません。

持ち物検査を省略してくれる場合もあるとかないとか…。

余計な時間をとられないためにも、自分の身分をすぐに明かして協力的な態度をとるほうが賢いです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

新型オービス対応するレーダー探知機の特徴と問題点 [社会問題]

オービスは速度を自動的に取り締まる装置のことをいいます。

そして、オービスが速度測定のために発するレーダー波を獲得して警告音を発する仕組みがレーダー探知機です。

設置地点を事前に登録しておいて、GPSで接近を通知するタイプが主流です。

レーダー探知機アプリはその機能を発揮してくれます。

そこで、レーダー探知機の特徴と問題点などを解説します。


■オービス約1km手前で警告

警察が交通違反車の取締りのポイント稼ぎに付き合う義理はないので、こういうアプリがあると助かる!という運転手もいます。

レーダー探知機アプリを使えば、アイコンや警報画面にてオービスの存在を知らせてくれます。

オービスの約1km手前くらいから警告を開始します。

画面上部が赤くなるので視覚的にも分りやすくなっています。

地図上のアイコンをタップすると、オービスの詳細情報が見られる仕組みです。

設定方法はとても簡単です。

高速道路と一般道の切り替え、オービス・取締りポイント・Nシステムの警告のオン/オフができます。

バックグラウンドでも起動できるため、他のアプリと併用できます。


■移動式の新型オービス

「早耳ドライブ」は、移動式の新型オービスにも対応するレーダー探知機アプリです。

設定では、表示・警告する取り締まりの種類を細かく設定できるのが特徴です。

価格は無料ですが、アプリ内課金があります。

一次警告はブザー音、二次警告は音声で知られてくれるシステムです。

地図上のアイコンをタップすると、実際の設置状態を写真で確認できます。

ネズミ捕り・交通事故・路面の環境・火災もリアルタイムで知らせてくれます。


■そもそもとして…

こんなアプリが必要なのは安全運転してないからです。

普通に制限速度で走行していれば何も問題ないでしょう。

法定速度で走ってれば気にする必要はないはずです。

わざわざアプリを使わないで走れないようなら、免許返納して運転しないほうがマシでしょう。

アプリの他に、速度オーバーさせない為にも

電車にATCのような装置を自動車と道路に整備するのも良案かもしれません。

指定速度以上を出せないようにすればよいだけです。

また、速度オーバーしなければ、安全運転だとは限りません。

右折するのに左に寄って、直進妨害する運転手。

同乗者との会話に夢中でトロトロ運転する危険運転など。

常に車を運転している者には迷惑際わり無いです。

スピードを出したからといって事故は増える一方です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

小林麻央さんの在宅医療の真実?社会問題、家族の負担など [社会問題]

6月22日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんで亡くなりました。

麻央さんは5月末、再入院先の病院を退院し、自宅で療養する「在宅医療」を選択したことを自身のブログで報告していました。

麻央さんが選択した在宅医療とは、どのようなもので理想と現実の問題を検証します。

 在宅医療とは、どのようなサービスなのでしょうか。

医師や看護師など医療従事者のケアチームが、利用者さんの自宅を訪問して提供する、医療・介護サービスの一つです。

自宅療養を希望する利用者が、看護師や家族と協力しながら、自分の希望するライフスタイルで生活することができます。

 小林麻央さんの家族は本当に頑張られたと思うし、それについては何も異論はないです。

麻央さんの場合、夫の市川海老蔵さんは仕事場から自宅にすぐ帰れたことで、お子さんと一緒に看取ることができました。

ただ、住居環境、家族構成や経済力など、在宅医療が不可能な家が多いと思われます。

女性の社会進出を叫んで働けと言っておきながら、特に介護や看護になると女性に任せる家庭が多いです。

多くの女性は仕事しながらは無理でしょう。

嫁とか娘に押し付けるのは簡単でも身体と精神のストレス過多でつらい思いをする家族も増えています。

在宅医療の魅力と主張しても、大半の方々が、会社員の週5で9時~17時の他に、拘束時間がもっと長時間の方も多いので自宅では無理です。

専業主婦が家にいても一人で診るのは困難ですから、現実的な話ではありません。

綺麗事で済むほど、家族の時間的・経済的・精神的負担は軽くないようです。

在宅医療は家族の負担も大きくて、例え本人が望んでも、受け入れ側の覚悟も必要です。

介護施設を充実したとしても、箱物はできても職員が圧倒的に不足しています。

在宅医療は簡単なものではないです。

その方の状態にもよりますが、車椅子での生活になるとなればそれに準じた改築やトイレやお風呂などに手すりを付けるなどの必要でしょう。

訪問看護、在宅診療医師は別の方になるケースもあり、その場合はどちらにも医療費を支払わなくてはなりません。

病院より住み慣れた我が家で最期を願う気持ちは理解できます。

気持ちはわかりますが、そう簡単にできるものではないのが現実です。

現代では、終末医療施設や介護施設を充実するほうがもっと大切です。

国や行政が積極的に終末医療や介護の施設を充実させる方が国民の幸せになれると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

駐禁取締りしない駐車監視員がいるのはなぜ? [社会問題]

駐車監視員制度がスタートしてから問題も生じています。

同じような路上駐車でも駐禁チケットが貼られたり貼られなかったり様々なトラブル発生しているようです。

駐車監視員は駐禁の取り締まりのやり方にムラばかりみたいです。

駐禁していても駐車監視員が取り締まらないときがあるとは本当でしょうか?


■駐禁取り締まりやらない?

駐車違反取り締まる巡回車は駐禁取り締まりを行わずに通り過ぎたのを目撃しました。

商店街を抜ける一方通行路にドライバー不在で路上駐車している自動車が多いのに見過ごしていました。

監視員によって取り締まりの個人差があるし地域によっても差があるようです。

近くに駐車場が確保できない地元商店街は監視員は回ってこないです。

また搬入場所がなく路上駐車しないと荷物が運べない所ですと、素通りまたは車種ナンバーを控えて他を巡回しまだ路上駐車していれば取り締まるなど色々あります。

住宅街で近くにコインパーキングがなく、通行の妨げにならいような路上駐車で取り締まるのは個人的には納得できません。

また、小型店舗だと監視員の動きが店内から丸見えなので、駐禁チケットを貼ろうとしても逃げられてしまいます。

一方で、郊外型の大型量販店ですと店外が見えないため、運転手も皆目見当できないので違反シートが貼られやすいです。

本来であるならば、警察から委託されているので隅から隅まで徹底的にシール貼ってほしいです。

隠ぺいになりますから徹底的に動いてくれないと駐車禁止は減りません。

適当でいい加減な仕事であるならば、委託所や警察は必要ないでしょう。

また、暴力団員やチンピラなどの危ない人の車も検挙していないのではないでしょうか。

身体の不自由な方が扉を開けている間に検挙しているだなんて聞いたことがあります。

お金儲けのための検挙だなんて許せません。

民間に任せると利益追求になりやすいし、弱いものイジメはやめてほしいです。

商店街の力が強かろうが、違反は違反、そんな事は関係無く厳しく取り締まるべきです。

あと、デパート初売りの時は、やたらと駐車違反が目立つのも気になります。

デパートの事情に関係無く取り締まるべきです。

駐車監視員は、駐車違反の車が少なそうな道ばかりを歩いていて、多そうな道は面倒臭がって、わざと避けているとしか思えません。

正直言って駐禁は警察が取り締まってたときのほうがマシだったかもしれません。

警察は事前に警告します。

一方で、民間の駐禁は利益上げるために気配がないし不意をついてきます。

もうバブル時代みたいに、沢山の違法駐車は減ったから民間の駐禁は廃止しても構わないです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

噛まれ男児が意識不明からに「死に至る危険性も」と専門家 [社会問題]

7月29日、兵庫県伊丹市で小学5年生の男児がヤマカガシに噛まれる事故が発生しました。

一時意識不明になった男児は大丈夫だったのでしょか…。

血清の投与などの治療を受けて、しばらくして後、意識を回復したと報じられ一安心です。

ヤマカガシは国内に広く分布しており、毒性が強く、死に至る場合もあります。

ヤマカガシについて詳細を聞いていると知らないことが判明しました。

ヤマカガシは奥歯に毒があります。

大人に噛み付いたときに奥歯が皮膚に食い込むことはほとんどありません。

その一方で、子供の事故が多いのは、子供の指など細い部分にヤマカガシの奥歯が届いてしまうからです。

ヤマカガシは種類や見た目の大きさに違いあるにせよ、黙っていれば襲いかかってくるような獰猛な爬虫類ではありません。

ヤマカガシを発見しても、触ったり、刺激を与えてはいけません。

また、噛まれた直後に痛みや症状を感じることが少ないです。

出血がダラダラ止まらなかったり炎症が酷かったり、寒気・吐き気・頭痛がとまらないときは、早急に病院に行って受診するべきです。

ヤマカガシの毒の強さを知らないと危険です。

実は、マムシの3~4倍、ハブの10倍もあるので、死に至る可能性が高いです。

そもそも危険かどうかわからない生物について、きちんと教育して、むやみに触らないようにすべきです。

マムシとかヤマカガシなど識別できる必要があるものがどうして義務教育にならないのか不思議です。

興味を持つのはいいけど、むやみに触ると危ない生き物は思いのほか沢山はいます。

小学生くらいの子どもは好奇心旺盛ですから、触ってはダメだよと教えても無意識でやってしまうし、怒られると思って噛まれた事を隠してしまうと余計に危険です。

批判はされるだろうけれど、痛い目を見て学習することも多いでしょう。

好奇心は知識を育む上で必要不可欠ですけど、危険やリスクを避けるための対処法は、きちんと身につけましょう。

今回は助かってよかったです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

オービスが撮影する速度測定は何点以上? [社会問題]

オービスによる速度違反の測定値は本当に信用できるのか疑問の声があります。

オービスの速度違反を判定するときは様々な議論が沸き上がっています。

検察は裁判でオービスの測定値の信用性を立証する動きが必須になります。

ところが、オービスによる速度違反の数字は実測値だとは断言できないのをご存知でしょうか。


■オービスが撮影する速度は何点以上?

オービスが撮影する速度は6点以上です。

ネズミ捕りや追尾式などの有人式のスピード取り締まりでは、違反車に停止を命じてその場で違反キップを切ります。

しかし、無人式のオービスによるスピード取り締まりの現場では測定と撮影をするだけです。

写真にはクルマのナンバーと運転者が写り込んでおり、測定値が自動的に焼き付けられています。

警察はナンバーを元にクルマの所有者に通知し、違反者を警察署へ呼び出して違反キップを切ります。

実際、オービスは一般道だと超過30キロ以上、高速道だと超過40キロ以上を撮影するといわれています。

これは交通違反の点数が6点以上になる区分です。

つまり、オービスは極めて悪質な違反車を撮影するように設定されているのです。

オービスが光ると6点がほぼ確実だから、一般道では制限速度+30キロ、高速だと+40キロで設定されてます。

一般道60キロ制限だと、90キロ、高速80キロ制限だと120キロ、100キロ制限だと140キロでピカッと光る設定です。

しかし、実際の車のスピードメーターとは誤差があるので気をつけてください。

オービスの信頼性は高いとしても、自動車メーターは信頼性が低いということです。

自動車のメーター器差は、JIS規格では驚愕の±10%もあるので、実際のスピードが110km~90kmでも許可されてしまいます。

そもそも、タイヤは摩耗してすり減るし、メーカーやタイヤのタイプ(ドライ、スノー、オールシーズン等)によって直径が微妙に異なるので、器差が±10%もあると思われます。

そもそも、スピード違反者はベタ踏みしなければ出せない速度です。

明らかに違反者全員は確信犯でしょう。

機械が誤作動しているなら、取り締まる対象者はメーカーのはずです。

速度くらい安全のため守ろるべきです。

速度を出さなければ何も問題はありません。

自動オービス手前に看板あるならば、速度を減速すればよいだけです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ブラック企業が社員をクビと自主退職に追い込む方法 [社会問題]

会社にとって「クビにしたい社員」は自主退職してもらえればありがたいし、無駄な給料を払わないためにも、さっさと辞めてもらいたいのが本音でしょう。

そのため中には社員の心理につけこんだり、周りを利用したりなど…最低な行動をする会社もあるようだ。

酷い目に遭った人たちに話をきいてみました。


【1】最悪な待遇を押し付けれて自主退職に仕向ける

ある日、異動を命じられたのは、自宅から片道2時間30分、片道切符で1500円以上も費用が膨大で困った人がいました。

交通費は日/1000円だけしか支給してくれないので残金は自腹です。

努力して出勤していましたけど、頑張れなかったです。

異動先の支店では理不尽な残業を押しつけられて、終電の関係で遅くまで働けないため仕事の貢献度が低いと評価されてボーナス支給されない…。

最終的に退職しました。


【2】「明日で辞めてもらう」と脅し

上司から言い寄られてお断りしたら、かなり当たりがキツくなった女性がいました。

その方はどちらかといえば、負けん気が強烈な性格で新人であっても言い返していました。

さらに上司が面白くなかったのでしょう。

突然に「部長や人事に相談する。明日で辞職してほしいということもありえるから、転職先を探しておいてください」。

「自主退職するなら1ヶ月は待つよ』と脅し文句の連発でした。

結局、反発しても意味がないので自主退職を選択して就活を始めたそうです。

当時は『クビにする場合、30日前に告知する義務』という法律があったの知らなくて、今からでも提訴したいそうです。


どのエピソードも、コンプライアンスに抵触するようなブラック対応なだけに、辞めて正解なのかもしれません。

ブラックな会社と縁が切れてよかったですね。

人を粗末に扱う会社のために貴重な人生を使う必要は無いでしょう。

そんな会社に未来も無いし依存したりせず去るべきだと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

スピード違反の予知対策!移動式オービスのGPSレーダー探知機が凄い [社会問題]

「GPSレーダー探知機」が誕生して話題になっています。

移動式オービスにも対応していて、GPSを利用しています。

事前登録された取り締まり位置に接近すると警告音や警告メッセージを発します。

GPSを搭載していない「レーダー探知機」ですと、違反速度測定用に使われるマイクロ波10.525GHzを手前で察知します。

移動式でないため不自由との指摘がありますが、ドライバーにアラームや音声で注意を促す装置としては役立つそうです。

GPSであるならば、位置データや自車位置の測位できるので、事前にオービスの位置データをレーダー探知機に組み込み、自車がオービスに接近すると警告を発するようにしました。

GPSレーダー探知機が登場した当初は受信できる衛星数が少なかったので精度は悪かったです。

ガラケー携帯でサービス開始した頃は遅すぎて使いにくかったのを覚えています。

それが今では飛ばしている衛星の数が急増していて60基以上の受信ができるようになったようです。

また、ジャイロセンサー類と連係して測位精度が大幅に向上しているそうです。

さらに、タッチパネル搭載式も登場してタブレットやスマホのようなディスプレイ型も増えているそうです。

 取り締まり場所が逐次情報が変更するので、自動更新の機能は当然です。

オービスが新規で設置されたとしても、最新データであれば事前に注意を発信して情報を入手できます。

また、警察庁が新聞やネットで毎月公開する「公開取り締まり情報」にも対応しています。

新型の移動式オービスが2016年3月から稼働した後、移動式オービスに接近すると「移動式小型オービス 接近注意!」と表示されます。

以前の型よりも設置と解除が容易なので、移動式オービスはバージョンアップに対応しやすいのも評判高いです。

ただし、GPSレーダー探知機は多機能化が進んでいるため、初期設定の状態ですとすべてに反応しやすいです。

ピー、ピー…と連呼されると煩わしいと感じるでしょう。

このため、使わない機能を停止して使用するのが基本です。

自分に最適な設定にしてカスタマイズしましょう。

交通違反しないで運転するだんてとても難しいです。

スピード違反や飛ばしすぎは問題ですけど、キップ切られたり罰金払うのは嫌なのでGPSレーダー探知機の購入を検討している人が増えています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

交通違反の取り締まりしやすい重点取締場所を徹底解説 [社会問題]

交通違反をおこさないよう安全運転を心がけるのは当然です。

交通違反の重点取締場所は、警視庁で公開されるようになりました。

その取締りの一覧が存在しているのがご存知でしょうか?

その中でも、交差点の構造上として、どうしても交通違反をおこしやすい場所があるようです。

そこで、警察の重点取締場所一覧のなかでも、交通違反に引っかかりやすい場所があるなら知りたいでしょう。



■交通違反は一時停止をスルーしがち

引っかかりやすいも何もお巡りさんの存在に気づかないで、

その目の前で違反するわけだからもう救いようがないです。

アンテナの範囲が狭く感度も低い、
違反で捕まるような人間は、事故を回避する能力も低いでしょう。

ただし、違反者が多い事は構造上欠陥があるのが原因だと話が違ってきます。

それを治さないで絶好の取締りポイントにするってどういうことでしょうか。

原因が解ってるなら取り締まるだけではなくて欠陥的構造を解消しなければならないはずです。

警視庁は取締り情報を公開してるのでまだマシかもしれない。

しかし、北海道警みたく公開もしないところは交通安全より国庫金集めしか考えていないとしか思えません。

交通違反をおこさないよう指導するのが事故防止になるのじゃないのかぁ!と言いたいです。

その見えにくかったり、間違えやすい現場の状況を一刻も早く改善するべきだと思うのですが・・・

そこで張ってれば検挙数稼げるみたいな警察の戦略は許せないです。

一時停止等の道路の表示が大分かすれているところでの取り締まりには疑問を感じます。

取り締まりやるならまずは文字を見えるように塗りなおしてください。

摘発はそれからだと思います。

とはいえ、一時停止を無視ってのは例え故意でなくても危険です。


 交通ルール守るのは当然です。

警視庁管内では一時停止や右折禁止の標識が木にかかって見にくいと警察に言っても、木は個人宅の所有物でどうにもならないようです。

事故を未然に防ぐより明らかに反則金や警官の点数アップのための取締りとしか思えません。

見にくい標識は地方から来たドライバーをはめるための作戦だと考えられます。

捕まるのは土日に都内に来る地方の車が多いです。

箱崎のJCTも一時停止違反取り締まりしていますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

自動車の運転手が激白!自転車の迷惑運転と車載カメラ必須の理由 [社会問題]


2013年に改正道路交通法が施行されてから、自転車は原則として車道を走らなければならないです。

法改正の施行直後の頃、警察官が歩道を走る自転車を取り締まるニュースが報道されていました。

危ない運転をする自転車乗りもいてヒヤヒヤすることも多いです。

「スマホ操作しながらの走行」「無灯火」「歩道から車道に突然に出る」など、危険運転は多いです。

学生や高齢者が乗る自転車は、自動車のドライバーには脅威となります。


■車載カメラ搭載が必須!?

無灯火は本当に勘弁してほしいです。

夜道を歩いていると、無灯火の自転車にいきなりベルを鳴らされて心臓が止まりそうになりました。

後方確認しないで車道の中央に寄ってみたり、道路の反対側に渡ろうとする自転車も非常に危険です。

また、自転車で走行しながらスマホを操作したり、イヤホンで音楽を聴いているのもとても危ないです。

このような危険運転者が目の前からやってくると、歩行者が避けないと衝突してしまうのが本当に許せないです。

自転車が歩道から突然に車道に出るのも、自動車ドライバーにとって迷惑でしょう。

何しても、自転車と自動車の接触事故が発生すると、過失割合は自転車の運転手の方が軽度になりやすいです。

以前に、親戚が自動車を運転中に、自転車とぶつかって事故当事者になってしまいました。

親戚は自動車に車載カメラを積んでいたのが功を奏しました。

録画映像には、事故発生時の状況が記録されていたため、親戚の過失割合が軽減されたと安心していました。

全国的に、チャリの無謀運転増えています。

陽気が良くなると、警察は取締りをほとんどやっていない!?

自動車のドライバーは、何度も冷や汗でヒヤリとする経験をしています。

万が一のことを考慮して、ドラレコは本当に装着しときましょう。

万が一の際に理不尽な思いをするリスクを少しでも下げたいなら、車載カメラの導入は一考に価するだろう。

というかそもそも、自転車が不注意で迷惑な運転をしなければ、そもそも起きない事故も多いはずです。

誰でも乗れて、特に免許も必要ないだけに、自転車の運転を軽く考えている人間はいます。

自転車の運転手は交通ルールを知らない人が多すぎます。

いっその事、車みたいに免許制度にするほうが良いでしょう。

とても便利な乗り物だと思いますけど、自転車も免許を取らせるべきです。

子どもであっても違法な走行をしていたら厳しい罰則を与えるのが安全です。

誰でも運転できる自転車だからこそ、安全意識を高めさせるための対策が必要でしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - 社会問題 ブログトップ