So-net無料ブログ作成

浮気芸人の宮迫博之に賛否両論!妻批判ツイッターへの反論は賛同多数 [芸能界]

 2月6日に雨上がり決死隊の宮迫博之がツイッターを更新しています。

そこに寄せられた自身の妻に対する批判の声に反論し、話題になっています。

宮迫さんがツイートしたのは深夜のことで、「酔った酔った酔った~」とタクシー内のような場所から自撮り写真を投稿。

「6時に弁当作らなあかんッ」と続け、帰ったら息子のために弁当を作ることを述べていました。

宮迫は家で朝の弁当作りを担当しているようで、弁当の写真や息子の様子をツイートしています。

息子思いの父親だと話題になっています。

しかし、一部のフォロワーからは、妻が弁当を作らないことを批判するようなコメントが寄せられています。

これに対して宮迫さんは「俺がいない時は嫁が作ってる」「俺なんかとずっと一緒にいてくれる時点でウチの嫁は凄い」とツイートし、弁当作りは夫婦の役割分担のひとつだと主張しています。

ファンからは、父親としての宮迫にエールを送るファンも増えています。

 浮気したので妻思いとは思えないが、この件は宮迫さんが正しい!と思います。

宮迫さんを称賛するつもりはないけど、これについては別に言ってることは普通のことでしょう。

むしろ、「嫁が作れ!」とか言うコメントをしているほうに拒否したくなります。

赤ちゃんの頃は良く育児に協力してくれたけど、幼稚園、小学校と上がると育児終わったと勘違いしてしまう旦那さんもいます。

そういう点では、高校生の息子のお弁当を作り続けるお父さんは少数派だと思いますから、宮迫さんは凄いと思います。

だいたい弁当は母が作らなきゃならんなんて決まっていないです。

 ただし、不倫して嫁・子供を裏切った事実は消えません。

他の女性と夜を共にしてる時点で裏切りですから、やることやった後にどんなに家族に尽くしても、シラケる人もいるでしょう。

ATMと割り切られているのでしょう。

闘病していた宮迫さんを看病してくれてた妻を騙して、不貞行為をしてた夫だったのを忘れてはいけません。

今となって妻をもちあげて切り替えが早すぎるといわれても仕方がないのかもしれません。

浮気する人間は常習者が多いからどうせまた浮気するかもしれません。

今後の行動を見守っていきましょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

斉藤由貴はサゲマン決定?不倫会見後の復活劇に賛否両論 [芸能界]

半年前の2017年8月、斉藤由貴は50代開業医との“ダブル不倫”が報じられました。

NHK大河ドラマ「西郷どん」の出演降板やCM降板を余儀なくされるなど女優生命が危ぶまれるほどの大打撃をうけたのを否定できません。

しかし、年が明けた2018年からは何かしら吹っ切れたかのように活発に芸能活動を指定いるのが面白いです。

 福山雅治が主演した「三度目の殺人」では斎藤の演技が評価され、「ブルーリボン賞」(東京映画記者会主催)の助演女優賞を受賞しました。

その授賞式ではうっすらと涙を浮かべながら喜びを噛み締め、女優としての斉藤由貴を猛烈にアピールして不倫会見のときとは全く違っていました。

CM降板、大河ドラマやニッポン放送のレギュラー番組の休止にせよ、素早い対応によって結果的に傷が浅くすんだ模様です。

白いワンピースで出てきた釈明会見は賛否両論を招いたが、所属事務所の東宝芸能が不倫報道の“火消し”は神業でした。

東宝芸能恐るべし…もしかして幹部にもモルモン教徒がいるんじゃないかのイメージ回復作戦でした。

影響力持っている事務所だけあってトラブル処理はさすがの一言です。

斉藤サイドは家庭円満をアピールする作戦に打って出たのである。

映画の舞台挨拶には左手薬指に指輪をつけて参加したり、インタビューでは娘の話をしたり、やることがえげつないです。

しかし、会見後、キス写真や相手の男性が斉藤のものらしきパンティーをかぶったあられもない写真まで流出したのは最悪です。

世間には逆風が吹き荒れ、離婚回避も難しいと報じられた。

やはり、世間ではイメージは良くないどころか悪いでしょう。

斉藤由貴の下着を頭にかぶった不倫相手のインパクトは大きかった。


また、小泉今日子も斉藤由貴も相手の男に奥さんと子供がいるのに世間のバッシングを糧に芸能活動のエネルギーにしているなら意味不明です。

芸能界は薬物しても不倫しても許される世界なのでしょうか。

世間一般なら離婚や会社クビにされるほどの制裁を受ける可能性もあるのに、この世界は別なのかもしれません。

斉藤由貴も宮迫みたいに不倫をネタに焼け太りするのかも…。

尾崎豊の件にしても、川崎麻世の件にしても全く反省してないし、両人の奥さんに謝罪していないです。

しかも尾崎豊は早逝、川崎麻世は恥を晒されてしまうほどですから、斉藤由貴はサゲマン確定でしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

安住紳一郎アナがフリー秒読み?リベラルばかりのTBSで孤独 [芸能界]

 安住紳一郎アナウンサーは、バラエティで不動の人気を誇りながらTBSアナウンス部の次長でもあります。

もっともメディアの中枢に近いアナウンサーと言っても良いだろう。

ところが、そんな安住アナには別の側面があるようです。

上層部がほぼリベラルでガチガチなTBS局内で、安住アナは独立して”保守”を自称し続けています。

もちろん、社員アナウンサーなので、局上層部の報道方針に異を唱えたり波風をたてることはないです。

しかし、TBSの報道番組『新・情報7daysニュースキャスター』でも、プチ右翼に近くズバリ正論で返したことも多いです。

また、ラジオ(『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ))では、『俺は右翼だぁ』と自由な意見を漏らしたり、

『成人式では一人で右翼青年のように”君が代”を大声で歌った』というエピソードを披露したほどです。

以前、番組で安住アナが護衛艦いずもに搭乗した際、結構お喜びだった事と、海自の階級にもお詳しかったです。

TBS社員なのにと、意外でしたが、今回の案件で納得です。

居心地が悪いなら、フリーになって自由になる時期かもしれません。

 ちなみに、元TBSアナウンサーの鈴木史朗は退社後、「TBSは全学連リーダーばかりで居心地が悪かった」「筑紫哲也氏の『南京虐殺特集』に反対したが、嘘が放送され悔しかった。報道から除外された」と悔しい思いを暴露していたそうです。

このように、TBS社内には明らかに偏向ムードがあるのは間違いないだろう。

そんな状況でまるで四面楚歌のTBSにあっても、安住アナは信念を捨てないでマイペースを貫いているようです。

正論でうるさく騒いだり、ヘイトをまき散らすわけでもない。

あくまでソフトに、TBS上層部に加え、世間も巻き込んでいく勇気を尊敬します。

そもそもTBSはリベラルではなくて、まさに極左放送局ですね。

上層部に在日枠で入社した連中がいるのだと思うと、安住アナウンサーには負けないで欲しいです。

安住紳一郎の孤独な戦いは続いていく。安住アナ負けるな!応援してるぞ!

物腰柔らかな感じのいい雰囲気の人だけど、芯は強いですね。

正論が通る世の中ではないが、忖度ばかりじゃつまらない。

ちゃんと事実をコメントできる報道姿勢が異端と言われるだなんて、

どれだけマスコミが異常なのかがわかりますね。

マスコミの偏向報道は本当にやめて欲しいです。

応援してます、頑張ってください!

でも、TBSをもう見切って安住さんは、独立したほうがいい時期なのかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

川田裕美アナがモテる、評判高い理由は?水卜麻美アナとの共通項は? [芸能界]

 フリーアナウンサーの川田裕美(34)が「セブンイレブンジャパン 2017新作“冬アイス”発表会」に登壇して話題になっています。

新作のマカロンアイスについて熱く語り、「大好物のあんこをトッピングして食べたい」と発言して笑いを獲得しています。

ちなみに、川田アナのあんこ好きは異常だと宮根誠司(54)が指摘したことで暴露しました。

 局アナからフリーに転向した川田裕美アナウンサーはものすごい人気を集めています。

フリーに転向すると徐々に尻すぼみになるケースが大半なのですが、川田さんは東京に進出して2年半で7本のレギュラーを持つ人気がうなぎ登りです。

「どうしてこんなに評判よいの?」と謎が謎を呼んでいるのも事実です。

水卜麻美アナと同様で、「女子アナは手が届かない高嶺の花」という高尚なイメージを覆した人物のおひとりです。

宮根誠司のアシスタントを務めることもできる実力もあり、関西人らしいボケ突っ込みの笑いもとれる女子アナな希少価値が高いです。

ちょっとしてポンコツ具合が絶妙に働いて好感度を上げ続けていると思われます。

アナウンサーとしての正当化した実力、バラエティー番組でも通用するユーモアセンス、自然なコミュニケーションできる能力などがスクランブルに交差することで少しずつ評価されたようです。

あの狂気じみてる運動神経の悪さがなんともいえず、最高♪と男性ウケがものすごいです。

真面目な一面とスピリチュアルに直結するような神秘的な素養も男性にモテるのでしょう。

「品があって、冷静でしっかり者のイメージが強いのに、独特なスキップや店舗の運動神経のポンコツ具合を比較すると、アンバランスさが素敵すぎる!!」というようなコメントも聞こえてきます。

どうやら、新しいタイプの「結婚したい女子アナ」としてランキング第一にのし上がりそうです。

キレイ系の美人系のアナウンサーの時代が終わりそうですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

宮根誠司が胡散臭い?小泉今日子の不倫ネタ避ける理由 [芸能界]

「Mr.サンデー」(フジテレビ系)のキャスターを務める宮根誠司(54)に対してちょっとした騒動になっています。

4日の放送で、俳優の豊原功補(52)との不倫愛をカミングアウトした女優・小泉今日子(52)を取り上げました。

しかし、宮根は冒頭のVTR振りを棒読みし、最後も「豊原さんの会見は何だったのか。小泉今日子さんを守る会見だったのでしょうか」とコメントするだけで終わってしまいました。

いつもは鋭い切り口から当事者たちを切り裂くようなコメントが矢継ぎ早に飛び出すのですが、今回は視聴者に考えされるように投げやりになっていました。

 さらに、5日放送「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、番組中にこの不倫ネタを放送することさえしないでノータッチでした。

番組を見ていて唖然とした視聴者もいたでしょう。

司会者として真摯に向き合わないうえに、自身の番組編成に取り入れないなんて、、致命的と言わざるを得ません。

人気アナウンサーだった有賀さつきさんの訃報がかぶっていましたけど、ベッキーとの「ゲス不倫」に端を発し、毎日あれこれと不倫ネタを取り上げていたのを考えると不自然すぎて笑えます。

そもそも芸能界では宮根に対して不倫ネタを取り上げるのは戒厳令が下っています。

2017年12月、「週刊文春」で秘密にされてきた宮根氏の“隠し子”の母親となる女性インタビューの記事が掲載されたときも不自然でした。

その際も、民法関係者は全く取り扱わないで、幹部クラスからお蔵入りにするように指示がながれていたそうです。

もっぱら宮根さん自身が最強ブラックとの噂ありまして、バーニングに根っこまで染まっているのでしょう。

だからバーニングの後押しで大阪から東京に進出できたですから、バーニングの筆頭タレントの小泉今日子にコメントなんかできるはずないです。

どうしても宮根誠司氏には卑怯さが目立って仕方がないです。

胡散臭い雰囲気がこびりついている人間に見えてきます。

ここまでせこいMCは見たことがない!とまでSNSでコメントが流れています。

宮根氏自身が不倫して子供までいるんだから、不倫は駄目だなんて言える立場ではないです。

都合悪いニュースだけバーニングの圧力を利用してスルーなんて本当にダメですね。

「自分も含めて不倫は絶対駄目ですよ」くらい言えないなら司会を辞めろ!という意見は説得力があります。

片や永年の恩義と訣別しバーニングを去ったキョンキョン、

一方でバーニングの忠犬宮根氏…、その違いが明らかになっただけです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

有賀さつき急死!闘病報道と訃報に驚きの声が拡散 [芸能界]

元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさん(享年52)が、病気のため急死したと報じられている。

病気の噂も知らなかったので、ただただ驚いています。
ご冥福をお祈りいたします。

有賀さんはフェリス女学院大学を経て、1988年にフジテレビ入社。

河野景子アナ(大相撲・貴乃花親方の妻)、八木亜希子アナと共に“花の三人娘”と呼ばれ、女子アナブームを巻き起こした。

バブル期を象徴する女子アナでした。

1992年にフジテレビを退社し、フリーとして活動。2002年にはフジテレビ解説委員の和田圭氏と結婚し、長女をもうけたが、2006年に離婚していた。


朝の情報番組「はやドキ!」(TBS系)の新聞チェックコーナーでは、スポーツニッポンの一面に掲載された有賀さん急死の一報を取り上げ、高野貴裕アナは「これは驚きました。続報が気になります」とコメントした。

スポーツニッポンでは、有賀さんが昨年から闘病しており、先月末に急死したと伝えている。

クイズ番組でセーラー服が良くお似合い 綺麗な才女の有賀さん…

昨年10月には「あいつ今何してる? 3時間SP」(テレビ朝日系)に出演し、2月4日には通販番組「日テレポシュレ」(日本テレビ系)で2017年7月収録の映像を放送していました。

「ポシュレ」では愛媛県松山市を訪れ、真珠のイヤリングやネックレスをレポート、笑顔や大きなリアクションを見せていたばかりとあって、「昨日テレビで見たのに…」「闘病されてたなんて全然わからなかった」「信じられない」と、突然の訃報に戸惑いや悲しみの声が広がっている。

昨日テレビに出てるのを観て、凄い痩せて別人のようだったから驚いた矢先だった..

今でも信じられません!病気のようには全然見えなくて明るく出演してたのに!驚きしかないです。

52歳何てまだまだ若いのに残念です。

まだ子供さんもお母さんが必要な歳でしょうし、ご自身もまだまだこれからだったのに。

有賀さつきさん、ご冥福をお祈りします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

西川史子の賛同多数!小泉今日子と豊原功補の不倫宣言への批判 [芸能界]

アイドル歌手デビューから女優の小泉今日子が1日、妻子ある俳優・豊原功補と恋愛関係にあることを公表して物議をかもしています。

この公表によって、安藤優子が「誰に対して臆することもなく認めるのが、キョンキョンらしい」とコメントし、小倉智昭は「女優、歌手としての小泉今日子に全く関係ないこと」と司会を務める情報番組で述べていたとのこと。

不倫された妻の身になっていないからこういう残酷なこと言えるのでしょう。

どれだけ妻子を追い詰めてるのかわかっているのでしょうか。

また様々なコメンテーターたちは豊原が離婚成立していないのに関わらず熱愛宣言をあまり批判していません。

率直に申し上げて、非難する声が少なすぎて意味不明です。

キョンキョンだから公表してなんの意味があるのか…。

個人事務所を立ち上げて売名したいんじゃないのと受け取られてもおかしくないです。

本当に順序を間違っていて、彼女だから許されるなんてことはないはずです。

今までの過去にすっぱ抜かれた芸能人の不倫騒動とは様相が異なる展開になっているのはどうしてでしょうか?

 その中でも実は、医者タレントの西川史子が辛辣な意見を主張して賛同する声が高まっています。

2月4日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、小泉今日子が2015年頃から交際の噂があった豊原功補と不倫宣言したことを伝えていました。

“恋愛関係”であることを堂々と報告し、豊原が記者会見で「家族とは約3年前から別居状態」であること、「別居の原因として小泉今日子との不倫交際」とあっけらかんと伝えました。

SNSなどのネットでは「キョンキョンらしくて潔い」「不倫はダメだけど小泉今日子ならいいよね」など不倫を擁護するような意見が目立っているのも事実です。

これに対して、西川史子は“潔い”なんて意味不明!というような異論を唱えました。

「離婚していないのに熱愛宣言なんて非常識」とバッサリ斬ったコメントに賛同の声が多数ありました。

小泉と豊原の恋の心情も分からなくもないが、「順序が違う」というのが西川の考えです。

この西川の発言に、

「やっとまともな意見(西川さん)が聞けたわ。これが普通の感覚だと思う」

「奥さんを離婚に追い込みたいんでしょうね…。子供さんも可哀想すぎる」

「豊原功補の記者会見、全く意味のない会見でしたね」

そもそもケジメとか言って公表して…

豊原も石をぶつけるなら自分にとか言ってるけどそれは自己満足の世界にすぎません。

嫁や子供はこんな事を世間に公表されてどうやって普通のまともな生活ができるのでしょうか。

小泉今日子と豊原功補は全く自分たちだけ良ければそれでいいのか・・・

究極の愛などと唱って映画みたいにしても、違和感ばかり残ります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ヒカキン評価UP!無礼なYouTuberとYouTube生活の悩み激白 [芸能界]

YouTuberの一人として著名なヒカキン(HIKAKIN)が、2月2日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演しました。

トークの内容のなんかでも特に注目されていたのが、YouTuberとしてずっと思い悩んでいる話題でした。

2012年頃からお金が発生していない黎明期から、毎日動画をアップし続けていたそうです。

日々ネタを考えて明日どうしようかと考え続けているため、遊ぶこともないほど忙しいとは意外でした。

ネットビジネスですから優雅に暇な時間が有り余っていると思う人も多いでしょう。

ダウンタウンの松本人志から「キャバクラ行くの?」という質問には、「行かないです。何にも遊んでいないのに六本木で豪遊と書かれて信じられて困っている」と悩みをしゃべっていて世間のイメージとのギャップが半端ないです。

さらに、無名なYouTuberが、店舗先での撮影で礼儀礼節に欠けた行動をして炎上すると、ヒカキンを含めすべてのYouTuberが非難の対象にされてしまうことに辛いし理不尽を感じるとも語っていました。

ユーチューバーがなりたい職業ランキング上位にノミネートしている時代です。

公序良俗に反する言動を控えて真面目なユーチューバーが大半だから成り立っているビジネスモデルです。

特にヒカキンは真面目に職業としてyoutuberしてるのですから、逸脱した者に言いたいことはあるでしょう。

業界をしっているYouTube動画観覧者たちは、ヒカキンが浮かれる事もなく、真面目にコツコツやってるイメージを抱いているようです。

トップがいくら頑張っても下にいる天狗youtuberが失態やらかせば、全体が同じように低評価としてみられてしまいます。

この人だけはもっと評価されても然るべきだと思う。

ヒカキンを「子供に人気のyoutuberと聞いて下品でバカなことを動画にしてる人」だと思っていた方々がいます。

しかし、実際にヒカキンの動画投稿を観てみると「悪口や汚い言葉は使わないし、今のテレビよりよっぽど安心して子供に見せられる」というような感想を述べる大人が非常に多いです。

大人が見ても面白いし、コアなファンではなくても応援していきたい人が少なくないです。

また、YouTubeで収入を得て生活している人たちは無職ではないでしょう。

職=雇用が前提というなら時代遅れも甚だしいです。

そもそもヒカキンが無職と言うのなら、世間のフリーでライターや写真家、自分の才能で活動してる人など、彼らも無職と判断して良いわけないです。

素人のクセにとか侮辱してる人がいるけど、ヒカキンのように自分の力で億稼いでいる人間がいるのも現実です。

今のところ『YouTuber』では確かに職業には聞こえないかもしれないが、『動画制作』とすれば職業に近くなります。個人事業者にはなるけど。

履歴書にyoutuberと書ける時代になるのは近いかもしれません。


■ヒカキンみたいになれる!「集客のプロ」養成学校

ヒカキンをはじめ一部の優秀なユーチューバーのように、

無料でリスト収集できるようになりたいですか?

簡単にできる方法にご興味があればこの先を読み進めてください。

現在、この無料ツールで毎月50人前後の見込客を全自動で獲得することに成功して、

安定して25万の売り上げを出している方々がいます。

今まで

・Facebookに投稿しても成果に繋がらない

・ブログを書いても集客ができない

など、ずっと悩んでいる方は試してみる価値があります。


1日30分位時間が取れる方であれば、

実はどなたでも、どんな職種の方でも

リスト収集に困ることがなくなると思います。

もしご興味があったら無料登録して試してみてください。

→ http://urx3.nu/Immo

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小泉今日子が不倫宣言!バーニングと豊原功補が擁護する秘密 [芸能界]

女性の不倫が騒ぎになっています。

小泉今日子が所属事務所のバーニングプロダクションから円満独立したことを、小泉自身の公式サイトで発表した。

小泉はデビュー36年をむかえ、「50代になり、残りの人生を意識した時にこのままでいいのか」と新天地をさがすために決断した内容を示していました。

その中には豊原功補との不倫を告白したような発言もありました。

『俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります』と赤裸々に不倫の現状を容認した内容に驚きました。

さらに、小泉は『一個人として全てをこの身で受け止める覚悟でございます』と告白しています。

不倫公表してるのに奥様に対して気を使ってる様なコメントしているようですが、離婚してくれない奥様に宣戦布告しているのでしょうか。

豊原が既婚者だった事実にも驚きですが、小泉今日子は不倫を公然と認めて慰謝料を払う意識が強いのでしょうか。

男前すぎるといえばそれまでですけど、小泉はなぜ不倫を宣言したのでしょうか。

また、豊原が3年の別居とか言っても家に帰ってこないだけです。

奥さんは子供いるから自宅を離れられないんだし夫婦関係が破綻してるかどうかも分からないです。

ただ、奥さんやお子さんの事は考えてない、豊原と小泉が最低なイメージだけが残ります。

 アイドル全盛時代のトップアイドルだった小泉今日子と、百戦錬磨のマスコミ対応を誇るバーニングはマスコミを牛耳って何を目指しているのでしょうか。

「すべてを受け止める」という男前すぎる不倫宣言をする小泉は、バーニングの保護なくて世間一般の不倫批判に対抗できるとは考えられません。

結局 バーニングに今回も守ってもらっているという結末になるでしょう。

あらゆる記事を見ても不倫ではなくて、恋愛という書き方をしているなら、バーニングがマスコミ操作しているのでしょう。

テレビで小泉今日子の不倫、バーニングタレントを批判できないキャスター、タレント側もバーニングに逆らえないなら怖いのでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

桂文枝の恥さらし!不倫謝罪と不正疑惑に批判殺到 [芸能界]

 不倫相手から告発されていた芸能人がいた!?

上方落語協会会長の桂文枝が今まで黙っていましたが、ついに公の場で謝罪した。

当然、釈明があると思われたが、「お騒がせして申し訳ありません」だけだった。

「ずっと待たせておいて、それだけか!」と言いたくもなりますけど、

「マスコミが騒ぐから、とりあえず謝罪して逃げ切ろう」というような流れでしょうか。

投げやりなやり方は印象悪くなるだけなのに・・・。

2年前の演歌歌手との不倫の時も話題になったけど、昨年末「週刊新潮」で発覚した56歳の日舞の先生との不倫は見るに堪えなかったです。

LINEや電話ではあからさまな下ネタの会話とやりとりは公開できないような内容で、老齢なのによくもまぁ呆れて笑えました。

文枝、円楽、宮迫とおっさんの不倫は大したおとがめもなく、なんならネタ扱いでしれっと仕事復帰。

なのに女性の不倫に対して世間の厳しこと。

ベッキーなんか好きじゃないけどさすがに気の毒に思えてきました。


しかも近年の週刊誌の不倫報道はテレビなどで拡散していくが、所属する吉本興業の圧力なのでしょうか…他のメディアの後追い報道が一切ないそうです。

文枝はずっと沈黙で、週刊新潮には誌面で反論していましたが、説得力に欠ける内容との印象が強いです。

他のメディアに拡散しないで新潮の報道だけで終焉という狙いだったのでしょう。

けど、現実はそれほど甘くはなかった。

くだんの先生が他の週刊誌で神戸の演芸館の名称について文枝の不正疑惑の暴露ネタを告発して、すべてが一転しました。

不正が事実であれば、社会問題に発展しても仕方がない案件です。

穏便に済ましてよいのでしょうか。

事実は闇となって、謝罪会見につながったかもしれないのですが、文枝のスキャンダルに批判殺到して当然でしょう。

度重なる女性問題ですから、「またやるよね」「よくやるよ」「また同じ事を繰り返すだろう。他にも愛人がいるか文春に調べてもらいたい(笑)」などの呆れる意見が続出しています。

「財産を渡す覚悟で遊んだ」との謝罪には、カッコイイこと言っているつもりでしょうが意味不明とのコメントなどの反論が挙がっています。

そもそも女遊びに覚悟も何もないでしょう。

「芸能人などの不倫ネタなんて飽きてきた」

「70歳をこえる老人が愛人に寝首を掻かれた?出し抜かれた?ことなんてどうでもいいです。」

こんな男性の女癖は一生変わりません。またやるでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い