So-net無料ブログ作成

上沼恵美子が吠えた!M-1観客と審査員の埋まらない溝が暴露 [芸能界]

 12月4日放送のラジオ番組『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)で、上沼恵美子が『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)について語った内容が話題になっています。

その内容を聞いたお笑いファンたちが共感しているようです。

今回の『M-1グランプリ』では、審査員を務めたダウンタウンの松本人志や上沼など、審査員の辛口批評が評判になっています。

上沼は、出場者のマヂカルラブリーに対して、声を荒らげる場面もなって白熱コメントもありました。

ラジオ番組で上沼は、今回の『M-1』を振り返り総括したコメントが述べていました。

「当日の現場は熱気が凄かった!」などと会場のテンションが上昇していたの雰囲気を解説していました。

また、観客が若すぎるからキャーキャー騒ぎすぎだとプチ批判していました。

客層について分析した上沼の見解に、共感するリスナーが多いようです。

ネットには上沼に賛同するコメントが多数上がっているのも事実です。

「軽い観客のリアクションばかりでワーワー騒いでいて、テレビ見てて興ざめした」など。

審査の際、松本人志が「お客さんの反応が良すぎる!本当にウケているのか理解できない部分がある」と発言したように、会場と観客のテンションはかなり高かったのでしょう。

 お客さんを笑わし喜ばすより、大声あげて自己満足の芸人が多すぎたといいたいのでしょうか。

漫才の本質を知らない、基礎も無い芸人ばかりだから、苦労して頑張って極めた審査員の芸人たちには、腹が立つのでしょう。

 そうそう、今回に限らず観客の審査制という採点方法はいらないという意見もあります。

その芸人の力量ではなくて好き嫌いでしか判断していないというのが根拠だからです。

確かに評価に自分の好みが入るってのは仕方がないと思うけど、観客が本気で面白いと思って笑ってたのならそれを否定するのはおかしい!という意見も納得できます。

観客の盛上り具合も審査基準になってたように思います。

だとしたら、観客も年代や性別をバランス良く入れるべきでしょう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

成宮寛貴のインスタ写真が話題!鍛えたマッチョなセクシーショットに賛否両論 [芸能界]

 元俳優の成宮寛貴が自身のInstagramに投稿した写真に対して様々な意見が集まっています。

成宮といえば薬物使用疑惑が報じられて、毎日ワイドショーなどで賑わせていました。

「芸能界から消えてなくなりたい・・・」という直筆の書面をFAXでマスコミ各社に送りつけて、芸能界を電撃引退しました。

その後、海外移住したのが判明して静かに過ごしていたと思っていました。

ところが、最近になってInstagram公開用のアカウント登録して、自身の日常生活を掲載してファンの注目を集めて喜ばせているようです。

例えば、成宮は6日、風呂場で撮影したであろう、自身の顔と鍛えぬかれた肩や胸の筋肉が映ったセクシーな写真をアップしていました。

正直言って、自分から引退しておいて、インスタで裸になってアピールしている意味がよくわかりません。
こうやってジワジワ出て来るのは芸能界に未練たっぷりという感じがします。

薬抜いて復活するのも計画通り。バレバレって感じです。

薬物の疑いを誰も聞いてないときに、自分のセクシュアリティの話で誤魔化して国外逃亡という結末になった当時は唖然としました。

しれっと戻ってくる腹黒い計算高い目論見が透けて見えて不愉快だというようなコメントも多いです。

こういった人間を芸能界は平然と戻してしまうからいつまでたってもクリーンにならないのでしょう

何の説明もせずに色んな仕事をブッチして逃げるように海外に逃げたのは芸能界のルール違反のはずです。

きちんとした説明もしないで、万が一に芸能界復帰を望んでいて少しずつ図々しく露出するのは小賢しいです。

また、成宮のファンは、引退時には本当にショックだったようですが…。

ファンたちはずっと気がかりだったのでインスタで元気な姿を見られたときはとても嬉しかったそうです。

しかし、最近は何がしたいのか理解に苦しむファンも多いようです。

もう一般人なので、何しても良いのかもしれませんが…

寂しさに耐え切れず、全肯定のファンの前に現れたのかもしれません。

結局、今となっては芸能界に戻りたいのでしょうね。

引退なんて安易に宣言しないほうがよかったはずです。

薬物疑惑の身の潔白を証明していれば、まだ俳優やれていたでしょう。

本当に残念な元俳優です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

とろサーモンM-1優勝に反論!吉本主導のお笑い界は相撲協会と同じで批判殺到 [芸能界]

 漫才師の日本一が決定する『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)での出来事です。

決勝戦では、「とろサーモン」が13代M-1王者になりました。

とろサーモンは2002年結成のお笑い芸人コンビですから、今回のM-1グランプリがラストチャンスでした。

M-1出場資格はコンビ結成15年以内ですから、この最後のチャンスをモノにしたベテランが優勝!!

観客席からは大きな声援が送られていました。

 ところが、番組終了後に、SNSなどのネット上では毎年のことですが、審査結果に異論を唱える人間が騒ぎ立てます。

「審査に納得できない、変だ!」などのアンチな意見で炎上しています。

20017年では、決勝の10組中9組が吉本興業が所属事務所です。

「これ事態がもう既にお笑い界に何かしらの闇の力関係が働いていておかしい…」など、吉本興業に対する批判でネットが殺到しています。

実はM-1の主催側は吉本興業とテレビ朝日系列の朝日放送です。

この事実をオブラートに包んで見えにくくして、まるで明らかにオープンな審査方法の”漫才日本一決定戦”のようにアピールしていて違和感あります。


審査員の選出についても吉本が決定しています。

予選会の審査ですと吉本の芸人育成学校NSCの作家講師がつとめていて驚きます。

今回も他事務所のカミナリ(グレープカンパニー所属)が決勝に選ばれていたが、他の9組は吉本所属が占めていました。

M-1優勝だって07年にサンドウィッチマンでしたが、ここ最近は6年連続で吉本興行が独占しています。

よしもと以外の芸人がM-1グランプリで勝つのは本当にむずかしいと考えられます。

 吉本の芸人が多いいから仕方がないという意見もありますが、吉本主導の大会であるのは否定しにくいです。

あたかも漫才日本一を決める公平な大会を装いながら、漫才日本一を決定するよりも、「よしもと決定戦」という大会名ののうがしっくりくるような気がします。


■最終チャンスのとろサーモン

 SNS上では「審査」についても異論が続出している。その多くは「今年がラストチャンスになったとろサーモンに花を持たせたのではないか」というものだった。

決勝2本目の漫才については、ネットでも和牛の方が明らかに評価が高かった。

しかも和牛は、とろサーモンが決勝1本目・準決勝・準々決勝で使ってきた『旅館の女将ネタ』を合わせてきた。

同じネタを見せられれば、プロ審査員なら力量の差を明らかに意識していたはず。

上方の漫才は、関西のものだから仕方ないのかもしれません。

ナイツの先輩の漫才協会の方々が、審査員に加わるならばちょっとは変わると思いますが…。

漫才師としての技術が関西と関東では雲泥の差があります。

残念ながら、関東には「しゃべくり」の環境も理解者もいないのが現実なのでしょう。

本当にすごいのは、サンドイッチマンくらいです。

実際に、オール巨人(66)、松本人志(54)、上沼恵美子(62)の3人は和牛を選びました。

他の渡辺正行(61)、中川家・礼二(45)、春風亭小朝(62)、博多大吉(46)の4人はとろサーモンを選んで優勝しました。

審査員の中で、何かしら同情や忖度が作用したとは思いたくないですけど、そのような見方が強くなっているようです。

テレビ局や会社の事情は知りませんが審査員も含め出演者全員が真剣勝負だったと信じたいです。

しかし、優勝者は吉本の所属タレントなので、忖度、談合や内輪びいきが疑わしい吉本を「相撲協会」に照らし合わせる意見もあります。

普通に吉本が人数も格段に多くて、面白い人が集まりやすくて、さらに触れる先輩方も多いのは明白です。

他の会社と比率が違いすぎます。

吉本勢以外の芸人たちに立ち上がってほしいところであるが、吉本以外にその技量も、それを支える育成ノウハウやハコ(常設の劇場)がないのも現実である。

相撲界も、お笑い界もどうやら古い旧体制が地位を確立しているようです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

山本彩が最強?指原莉乃を抜いてTwitterフォロワー数が200万人超えの理由 [芸能界]

山本彩はNMB48の中でもトップアイドルであり、グループの中でも大黒柱です。

ソロ活動としても評判が高いし活躍しまくっています。

写真集の撮影、アルバム制作、ライブツアーやラジオ・テレビ収録など休日なしで四六時中に活動を続けています。

最近では女性ファンも急増しているそうです。

その証拠に山本彩のツイッターフォロワー数が遂に200万人を超えて驚きます。

今まではAKB48グループの現役メンバーの中では、指原莉乃が一人勝ちとも言えるほどダントツのフォロワー数を獲得していました。
2017年12月になってからは、わずかながら山本彩が指原莉乃のフォロワー数を抜いて単独一位となっています。

現役アイドルで200万人を突破するなんてすごすぎます。

しかし、山本彩はまだまだ知名度が指原よりも少ないです。

多くのバラエティー番組に出演している指原に比べると、全国放送では歌番組以外では見かける頻度がどうしても少ないです。

しかし、熱心にソロ活動をしていることで、NMB48以外のファンを獲得できてフォロワー数も急増しているようです。

アイドルとしては指原莉乃が独走しているように見えます。

しかし、山本彩は歌唱力や容姿からみてもずば抜けていて、追いつき追い越せの攻勢を強めています。

おそらく今後も、二人はライバル関係だと思われるかもしれませんが、山本彩の人気がどんどん高まりそうです。

ちなみに、熱心なファンからは、様々な過激な意見が飛び交っているようです。

例えば、

「指原莉乃は既に自身がテングになってしまってる事に気が付いていない。

その点山本彩は変わらないし展望も関西拠点を発言していて関西での仕事もこなして関西愛が伝わる。」

「スタイルが全くレベルが違う。山本彩はグラマーでスタイルが良い。」

「事務所の力ありきで番組出ている指原さんと山本彩を比べるのは違うでしょ。

明らかにリーダーとしてNMB売るために笑顔で仕事こなしていて凄いと思う。

指原は常に自分の為って感じだし致命的に不細工で不快かなぁ。」

など、指原に対して厳しいコメントが急増しています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【非難殺到】市川海老蔵と小林麻耶、麻央の死後にハワイ旅行の連続に賛否両論 [芸能界]

 市川海老蔵(39)は、ハワイバカンスの様子をブログにアップしたことが、ファンの怒りを買っているようです。

最愛の妻・小林麻央さん(享年34歳)を亡くしてから、半年も経たない間に家族と一緒に2回もハワイ旅行しています。

海老蔵一家は麻央さん死去からわずか2ヶ月後の8月にもハワイへ旅行してビックリしました。

 地方公演で帰宅しないことが多いため、家族サービスも配慮しているのでしょう。

しかし、海老蔵の長男・勸玄くん(4)がとらえられた写真を見てみると、なんとなく元気が無いような表情ばかりだったそうです。

幼い子供が母親を亡くしたばかりで傷ついた心を癒やされるまでは時間がかかりそうですね。

 また、ファンには海老蔵の「自分への御褒美」などの発言が空虚で残念な気持ちになるのかもしれません。

麻央さんが逝去して5日後にディズニーランドに遊びに行ったり、リゾート旅行に何度も出かけた結果、ネット上では賛否両論の様々な声が噴出しています。


 SNS上でも「さすがに今回ばかりは炎上しても仕方ないでしょう。」

「妻が亡くなって半年でハワイ2回は異常。ご褒美ってどういうことなの?」

など批判的な意見も目立っています。

しかも前回同様に今回も義姉・小林麻耶が同行しているようです。

麻耶も29日のブログで巨大なクリスマスツリーを掲載して温暖なリゾート地にいることをほのめかしています。

小林麻耶のブログにも、ハワイ旅行へ同行している記述がアップされた後、更新がピタリと止んでいる。

これは非難を浴びせられた結果として自粛しているのでしょう!と揶揄している意見も多いです。


■旅行してもOK!残された者の人生だから

個人的には看病や介護してきた人が、その役目を終えると開放感に浸りたいのを理解できます。

何年にもわたる看病や介護から悲しみとともに解放された後は、今まで出来なかった分、

自分のやりたいことをして、心を休ませてあげても良いと思います。

そもそも自分のお金で好きな所に行って別にかまわないでしょう。

最愛の人を亡くした人間は 家に篭っているほうが病気になります。

癒されたいとか、ストレスから解放されたいと思って良いはずです。

批難してる人はよっぽど立派な人間様なのでしょう。

一々文句を言いまくる意味が分からないし理解できません。

大人だけで豪遊してるならまだしも、子供さんにも楽しい思いさせたいから連れていってるんでしょう。

国内だとマスコミに追い回されるから海外旅行を選んだと思います。

亡くなった人は戻らないです。

残された人間は前を向いて生きていかないといけないです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

浜崎あゆみ最悪ファン対応!中止した宮城公演の振替案内後も批判殺到 [芸能界]

 歌手の浜崎あゆみ(39)が自身のインスタグラムに投稿した内容が話題になっている。

現在、全60回のコンサートツアー『Just the beginning -20- TOUR2017』の最中です。

17日に宮城県仙台市の東京エレクトンホール宮城で開催される予定だった公演が、急性気管支炎で急遽当日中止となってちょっとした騒動になっています。

問題の振替公演の案内には、詳細は決まっていないのですが今のところ実施に向けて最善を尽くしていくといった内容がネットで記載されていただけです。

今回の一件に対しての浜崎側の対応に不信感をもってしまったファンは振替公演の案内が発表されても手放しでは喜べないようだ。

対応が最悪すぎて笑えます。

ファンはコンサート開催すると聞いてから、チケットの入手、入手したら仕事をしてる人はその日に合わせて休暇申請と仕事の調整、遠方から来る人は宿泊先を予約して、そして交通費を使って来場します。

それらを何ヵ月も前から計画して楽しみにして来てる事を浜崎あゆみは認識しているとは思えません。

分かっていたら当日会場にまで入れてのドタキャンなんて普通の人間は出来ないと思います。

プロ意識を欠如しているから、引退するほうが良いのではないでしょうか。

結局ところ、インスタグラムのコメント欄閉鎖も重なり、浜崎あゆみの信頼回復はまだまだ先のことになりそうです。

浜崎あゆみは人間としてもミュージシャンとしても終わっているでしょう。

最低の人間だと考えている方々も多いでしょう!!

有休取って行く人もいるはずです。

チケット以外にかかる交通費もあります。

ファンだったらそれくらいと思ってる?

浜崎あゆみなんてどーでもいいけど、ファンが気の毒でならないです。

振替公演ってもちろんやったほうがいいと思いますけど、やるのでしょうか。

アーティスト側がファンの実情をきちんとわかってるのか?と思うときがあります。

遠征で交通費、宿泊費をかけてたり、地元でもそこに合わせて仕事など段取りをつけておしゃれもして楽しみにしていたと思われます。

それをすべて無駄にしてしまったのは大罪に等しいはずです。

もっと早い段階で中止を発表するべきだったのは誰がみても同意見でしょう。

いまの姿いまの歌声にお金を出す人がまだいるんだと驚きます。

声の出ない中年太りのおばさん歌手とサーカス軍団!?と揶揄されるなんて残念です。

昔のアユは本当に奇跡だった。昔の映像を集めたドキュメンタリー映画なら観に行きたいな。

根強いファンだけが支えだったのに、その人たちにまで見放されたらこの人ほんとに終わりなんじゃない?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

NHK特番で衝撃!安室奈美恵が紅白歌合戦に出ない理由が判明 [芸能界]

 歌手の安室奈美恵(40)が、23日放送のNHK特番「安室奈美恵 告白」に出演。

2018年9月での芸能界引退について安室自身が語り始めました。

 番組ではデビュー当時からの映像を振り返りながら、5年前のデビュー20周年の時点ですでに引退を考えていたことを告白していました。

あんなに自分の言葉を喋ってる安室を初めて見た!という人もかなりいました。

昔は言葉少なく何を考えてるか分からなく不安定なイメージも少々あったけど、力強くも自然体な人柄が伝わってきたと思います。

25年を振り返るという事で同世代としては所々胸に迫るものがありました。

また、1997年にTRFのSAMと結婚して、翌年の1998年に出産。

現在は19歳になった長男の存在がいるって…信じられないですね。

仕事も私生活も充実感オーラは、相変わらず凄すぎです。

年齢感じさせない、綺麗!カッコいい!

紅白出る出ないなんて、どーでもいいでしょう。


■「紅白はない」と確信

特番見て、尚更、「紅白はない」と確信しました。

最後まで、アーティスト安室奈美恵のポリシー持っていて欲しいし、安室自身が、引退までの月日を後悔なく活動してほしいです。

それでも紅白で見たいって言ってる人はどうかしています。

安室に紅白出てほしいって言ってるのは、引退騒動で急に現れた『にわかファン』が大半です。

だいたい紅白のあの雰囲気に彼女、明らかに浮きまくりです。

長年応援してきたファンなら、馴れ合いの紅白の応援合戦や下手な芝居の脇で冷ややかな笑顔を浮べながらシラケている安室を見たいとは思わないです。

そもそも、何故にそこまで紅白を重要視するんか、意味分からないんです。

国民から叩かれまくってるNHK放送局が主催の、売名行為目的の歌手の溜まり場だよね!という投稿もあります。

特番出演の時点で紅白出場はない!というのが安室サイドの言い分でしょう。

何でもかんでも紅白、紅白って言うけど、紅白そのものの存在価値がないです。

何の重みも価値もないただ無駄な長寿番組といわれても否定できないでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

麒麟・田村裕の紆余曲折!ホームレス中学生の印税と現在の給料 [芸能界]

お笑いコンビ・麒麟の田村裕(38歳)が現在の給料が話題になって、プチ炎上しているそうです。

11月23日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)に出演した際に、現在の給料を告白しました。

「ホームレス中学生」(2007年)が225万部の大ヒットを記録し、2億円の印税を獲得しました。

自身の生い立ちや貧乏エピソードを題材にして執筆した自伝です。

しかし、2億円の印税のうち1億1,000万円は税金で消えたとのことです。

税金で1億1千万も持っていかれるだなんて…税金って高すぎますね。

税務署は正義を振りかざして徴収する強奪団と同じだと言われても仕方がないですね。


ちなみに、残りの9,000万円は父親に家を購入したり、散財の果てに使い切ってしまった。

父親に9000万の家というのはダメですね。お金の使い方を学ぶのは大事です。

一家離散の原因の父親に9千万も渡すとかちょっと信じられません。

貧乏人は、お金の使い方が分からないから、大金が入ると先のことを考えずにポンポン使ってしまう。

また、お金が入ると傲慢で横柄になってしまう人間は本当に嫌になります。

宝くじもそうだが、大金入ると人生変わってしまうとか、いつの時代にもこういう人間はいますね。

どん底に落ちる前に堅実な生き方を考えるべきでしょう。

また、ゴーストライターが書いた作品なんて信用していない人も多いでしょうね。

さらに「ホームレス中学生」バブルで得ていた芸人としての仕事が激減しました。

そして、直近3か月の給料を明かすよう促された田村は、先々月、先月、今月の順に「50(万円)、80(万円)、60(万円)」と告白した。

家賃は本が売れた頃は月30万円、現在は10万円だという。

相方の川島はテレビなどでかなり見かけるから麒麟としてのコンビの格差はかなりあるでしょうね。

あと、たいしたことない芸人でも給料高〜。

新喜劇出たり、イベント呼ばれたりしてるんかな?

一番気になるのは、税金が高すぎることです。

9000万の散財より1億1000万の税金の使い道に興味があります。

それにしても、税金って本当にびっくりします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

レコード大賞は無価値!芸能界のドン周防郁雄が実名告発で闇と癒着を暴露 [芸能界]

『第59回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が2017年も12月30日に放送される。

そのレコ大の前最高責任者が22日発売の週刊文春(文藝春秋)で“芸能界のドン”こと周防郁雄氏(76)を実名告発して、関係者の間に波紋が広がっている。

文春で告発したのは作曲家で同賞の元制定委員長・叶弦大氏です。

16年11月3日号『三代目JSBはレコード大賞を1億円で買った』という記事で、15年度に大賞を獲った三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの所属事務所LDHから周防氏の事務所に1億円が支払われていたとして、その請求書の現物が掲載された。

叶氏はその翌週に誌面で『伝統を汚す証拠が出た。このままにはしておけない』と謝罪、それに呼応するようにHIRO(48)がLDH社長の退任を発表している。

そうした中の昨年のレコ大では周防一派の意向が反映された西野カナ(28)が受賞し、叶氏は失望の中で制定委員長を退いて今回の告発に踏み切ったというわけです。

昔は受賞したら本当に嬉しそうに泣いたそうです。

その当時の頃は裏金があるなんて思ってもなかった。

昨年の西野カナなんか、発表前から判明していたので感動も何もなくこんなものかなという印象でした。

やはり、八百長はつまらなくするし、見る価値がないです。

 レコ大の舞台裏で繰り広げられる癒着構造にネット上では

「Amazonか、iTunesがデータ重視で一番売れた曲選ぶでいい」

「もうレコ大に1億の価値もないと思うけど」

「レコ大はミスチルで終わってる」と呆れた声が飛び交っている。

何を今さらって感じですけどね。

昔から賞を金で買われていると言われていました。

ある意味3代目がかわいそうかもしれません。

なぜ今の告発なのでしょうか?

勇気ある告発は良かったと思うけど、LDHを潰そうとしている勢力が働いていると勘ぐってしまいます。

バーニングやジャニーズが私物化してることぐらい昔から世間一般の視聴者は気付いています。

けど視聴者がワーワー言っても相手にされないのが現実です。

だから内部告発は凄いと思ったけど、「HIROの1億ネタ」だけが記憶に残って、甘い汁を吸ってる業界人らのことは揉み消されました。

秋元やジャニーズの時に告発したら、もっと派手な騒ぎになったでしょう。

 これまでのレコ大受賞歴は売上げ枚数からの評価しているのか疑わしかったです。

11年AKB48「フライングゲット」(158万枚)、12年AKB48「真夏のSounds good !」(182万枚)、13年EXILE「EXILE PRIDE」(101万枚)はまあ良しとして、

14年の三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」なんか20万枚だけ、15年の三代目 J Soul Brothers「Unfair World」も20万枚と大した結果ではありません。

芸能界のごく一部の実力者によって決められるレコード大賞が日本の音楽業界の地位を著しく貶めてはいます。

一般の人達は10年以上前からレコード大賞には、なんの権威や憧れも感じなくなっている。

番組もほとんど見た事ない。

狭い範囲の関係者だけが有難がってて、実に滑稽だ。レコード大賞が無くなっても何にも困らない。

「癒着選考が明らかに」って、みんな前からそう思ってる(笑)。

昔みたいにCD売れないからアルバムの売り上げや配信も含めないとね。

AKBなんかCD捨てられちゃうんだから、単純に枚数だけで比べたらダメでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

【浜崎あゆみ大炎上】ツアー当日ドタキャン騒動でファン激怒「プロ失格」 [芸能界]

 浜崎あゆみ(39)が再び炎上騒ぎを起こしました。

全国ツアーで延期や音声不具合などのトラブルやミスが多発していたのは周知していました。

ところが、今回は当日ドタキャンを発表して前代未聞の失態となり、プロ失格などのコメントがネット上で殺到しています。

さすがにファンからもブーイングや苦情が沸き上がるのは当然でしょう。

2017年11月17日にコンサート開催を予定していた仙台市での公演で起こりました。

この日、中止を発表したのが公演開始予定時間の約20分過ぎ。

すでに会場にファンが詰めかけた後だった。


 公式サイトに「本日医師より過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップ」と掲載されましたが、それを理由にしてドタキャンは許されないでしょう。

浜崎あゆみ自身の18日のツイッターでは

「自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません。皆様からの叱咤激励の言葉全て胸に刻みます。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪していました。

しかし、どう考えても判断が遅すぎでしょう。

ファンを完全に置き去りにしているのが明白です。

病気によるドタキャンは仕方ない事もあるかもしれないけど、問題になってるのは中止にするタイミングの遅さと、報告の仕方と内容でしょ?

開始20分前に中止はさすがにひどい!

急に倒れたとかならともかく、いくら急性とはいえ気管支炎なら半日前には判断できると思われます。

スタッフも浜崎あゆみ本人もダメですね、本当に残念過ぎます。

ファンが呆れてドン引きするのも無理ないですし、SNSなどで怒りが爆発した投稿内容ばかりも当然でしょう。

とにかく、本人もだけど周りのスタッフもプロ失格です。

プロ失格と言うよりも、天狗になっていたのかもしれません。

昔と比べると劣化が激しい!本人はピークの時と変わらないと思ってるのかも知れないけど、もうアラフォーです。

多少の努力と体調には気を使うべきなのに、精進が足りなすぎます。

ツアーの合間に海外旅行行ったり、薄着で妖艶アピールしたり、こんな事するより体調管理をしっかりしてください。

 1万人以上の規模のアリーナではなくて、数千人ほどを対応している初のホールツアーです。

耳の病気が影響か、ステージでは音程を外すようなミスは頻繁だし、機材トラブルで公演の遅れや、曲数削減も目立っていました。

そんなミスやトラブルの説明すらしないので、『チケット全額返金してほしい』と言われたこともあったそうです。

今回の当日ドタキャン騒動でファン離れが進むのも目に見えています。

仙台在住のSNS投稿内容によると、タダチケットかなり出回っていたそうです。

関係者枠以外の売れないチケットが相当あるようです。

0円でチケット放出しているのが事実なら、もはやプロでも何でもないでしょう。

 浜崎あゆみと同年代歌手では引退発表した安室奈美恵がリリースしたベストアルバムがミリオンヒットを記録しました。

コンサートでは20代の頃と変わらない素晴らしいパフォーマンスを発揮しています。

一方で、家やブランド自慢、胸の谷間などくだらない宣伝記事でアピールしている浜崎あゆみ…。

今回のドタキャンはひどすぎます。

浜崎あゆみの我儘さに耐えきれなくなって、優秀なスタッフがどんどんやめた話は有名です。

浜崎のいいなりの存在ばかりのようで、エイベックスも事態を収拾する気はないのでしょうか?

今となっては浜崎あゆみは何を言われても非難されても仕方ないはずだ。
nice!(0)  コメント(0)