So-net無料ブログ作成

石橋貴明の人気低迷?「石橋貴明のたいむとんねる」視聴率と仕事減の理由 [芸能界]

 とんねるず石橋貴明がMCを担当している新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系月曜23時~)がスタートしましたが、各方面からさまざまなコメントがあがっています。

4月16日に初回放送しましたが、平均視聴率3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という結果でした。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」は30年間も継続していましたが、3月に番組終了して心機一転して乗り出したにもかかわらず残念な幕開けとなりました。

 第一回放送のゲストは工藤静香(48)。

彼女がおニャン子クラブ時代の武勇伝を語った内容に対して、視聴者から批判が殺到した模様です。

「当時はやる気ゼロ。果てしなくゼロ」などの当時の悪態ぶりをぶちまけてしまった。

その結果、視聴者やファンなどの反感を買って、SNSでプチ炎上するなど、番組のイメージがひたすら悪くなる一方です。

ゲストに静香さんを呼んで、イメージが悪くなったとはいえ、わざわざ炎上タレントを最初に呼ぶフジテレビの空気の読めなさに
ドン引きします。

古い価値観を捨てないとフジテレビも石橋も再出発できないと思います。

一方で、23時の視聴率なんて、こんなもんだという意見もあります。

また「懐かしい映像と内容で、それなりに楽しめました。」などの意見もありました。

工藤静香ではなく、小泉今日子だったらもっと視聴率あったと思います。

 前々から噂になっていましたけど石橋のオワコン(終了したコンテンツ)が加速しているようです。

ある筋によると、10年以上前から石橋のオワコン説が芸能界でも囁かれていました。

工藤静香さん呼ぶあたり、昔のよしみと、違う意味で話題性作りたかったのでしょう。

石橋貴明は若い世代とのパイプが無いところが、致命的なんだろうね。

なお、相方の木梨憲武(56)は映画「いぬやしき」に主演したり、再ブレーク中のヒロミと共にバラエティー番組に出演したり、地道に活動の機会を拡大しています。

石橋との差が明白になってきたのも否定できないでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

秋元優里アナの不倫騒動後の今!異動・退社しない異常心理に驚愕 [芸能界]

 フジテレビの秋元優里アナ(34)が竹林不倫をしでかしてた後を「週刊文春」が暴露しています。

秋元アナは1月に社内の既婚者のプロデューサーとワンボックスカーを山奥の竹林に停車させて、密会を重ねていたことが報じられました。

その結果、「プライムニュース」(BSフジ)など全ての番組を降板して、テレビから姿を消しました。

その後、秋元アナはアナウンス室の“窓際族”になって、スポンサー名を読み上げる若手レベルの仕事しかやっていないそうです。

あとはネットサーフィンして、9時5時で帰れるなんて、給料泥棒といわれても仕方がないです。

一方で、早朝から深夜まで働いているアナウンサーがいて、彼らが可愛そうです。

秋元本人はいまだに「悪意を持って撮られた写真。」と言い張っているのは驚きます。

さらに「絶対に会社にしがみつく」とまで言っているのが事実ならば、厚かましい女にしか思えません。

ここまで人気がなくなったら評判悪くなるとフリーアナウンサーにもなれないし、生きていく為には会社にしがみつくしかないのでしょう。

でも、ノイローゼにもならないで、毎日出勤してくる秋元アナの図太い神経は凄すぎます。
私だったら、絶対に心を病んでしまいそう。

それにしてもアナウンサーというのは、単なる会社員のはずなのに、テレビに露出すると芸能人に近い立ち位置になるのでしょうか・・・。

 秋元アナはデスクにいる時間が突然に増えたので、別居中の夫で同じアナウンス室に籍を置く生田竜聖アナ(29)と会う時間が増えているそうです。

同じフロアにいるなんて、生田アナが可哀想です。

また、当事者よりも周囲が気まずいと訴えるのも納得できます。

アナウンス室に置き続ける必要が無いなら、異動させるほうがよいのでは?

 しかし、不祥事のあった秋元の受け入れ先は見つからなにままで中途半端のようです。

生田との離婚は条件がほぼまとまってGWには決着がつくとも報じられています。

いずれにしても、メンタルの強さが尋常じゃないですし、プライド捨ててでもフジに居座ろうとする心臓には毛が生えているのが明白です。

離婚して独りで子供育てするならフジテレビの高給にしがみつくしかないのでしょう。

それにしてもスポンサー名読み上げやネットサーフィンしてる人に年収1千万以上も稼げるフジテレビって不気味です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

TOKIO山口達也が強制わいせつ容疑!書類送検と世間の意見 [芸能界]

 TOKIOの山口達也(46=東京都港区)が、女子高生(16)に無理やりキスするなどして強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検されました。

世間では様々な意見が殺到しているようです。

和解が成立しているそうですが、示談金とかどれけなのか計り知れないです。

女子高生とは、山口が司会を務めるNHKの若者向けの情報番組『Rの法則』を通じて知り合ったそうで、事件を暴露したのもNHKです。

女子高生側と和解成立した後というタイミングで報じられました。

 それにしても30歳年下の女子高生とは、どうかしています。

未成年者を部屋に2人きりの状況で入れている時点でアウトでしょう。

お酒飲んで覚えてない!というのは言い訳になりません。

セクハラ、未成年者との飲酒などが厳しく報道されているのに、あまりにも隙がアリぎます。

ハニートラップとかいう人もいるようですが、今までバレてないし大丈夫という考えがあったのでしょうか。

公然じゃなく強制なのですから、いいのがれできないし初めてだとは思えないです。

しかも報道されるまで約2ヶ月間も平然とテレビ出ていただなんて…理解に苦しみます。

30歳もの年の差ある16歳にわいせつ行為、アイドルとしても社会人としても父親としてもレッドカードでしょう。

鉄腕DASHなど、ファンなら好きだったわけですから残念です。

もちろん、女子高生にも非はあるでしょう。

部屋に行くほうもダメだけど、危険を感じて逃げ出したのは相当の恐怖だったと思われます。

そもそも、山口容疑者のTOKIOは、SMAPと同年代で、ジャニーズの1番上の年齢のグループなのに全く自覚していないです。

一番してはいけないセクハラ変態行為を女子高生相手にしでかしたのだから、完全にアウトでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

森昌行社長が悪い人間?たけし軍団メンバーの実力不足とたかり癖 [芸能界]

フライデー襲撃事件(1986年)から、たけし軍団がメディアを大騒ぎさせたの久しぶりでしょう。

ビートたけし(71)がオフィス北野から独立したことで今回の騒動が勃発しました。

ダンカン(59)、つまみ枝豆(59)、グレート義太夫(59)、水道橋博士(55)のたけし軍団メンバー4名がブログで激白しました。

「たけし軍団一同」というタイトルで詳細を語っていました。

そのブログによると、たけし独立の原因は森昌行社長(65)が会社を私物化したという結論になっていて、この度の騒動を大きくしていているのも事実です。

 軍団一同は、たけしが気が付かない間に森社長がオフィス北野の筆頭株主になっていたこと、森社長や他の役員報酬が容認できない基準値に悪化していたのを怒っています。

軍団を去った東国原英夫はツイッターを更新したときも興味深い内容でした。

以前に森社長の経営方針に意見したときに殴られた。

しかし、先日、番組共演した際には「あの時はすまなかった。今となっては、お前の言う事が正しかったと痛感している」とツイート。

ずいぶん前に東国原が指摘していた通り、法外な報酬を長年にわたり取っていたという事でしょう。

たけしの年収がやけに低いのは会社の取り分をかなりひかれていたんでしょう。

雇われ社長の身で8500万は高すぎるという指摘も間違って位はないかもしれません。

 これに対して森社長は週刊新潮誌上でインタビューに応じ「私一人が悪者にされている」と反論しています。

会社の筆頭株主になったのは26年前でその際にはたけしやたけしの妻にも報告済みだと主張しています。

1億円ともいわれる役員報酬についても法外ではないと説明し、これ以上の批判に対しては法的手段も辞さない構えです。

 オフィス北野は約30人の従業員を20日付で全員退社させ、規模を縮小して再出発の道を探るという。
だが、森社長と所属タレントである軍団の対立が長引けば、会社は解散しても仕方がないです。

そうなると、事務所がなくなる軍団が確実に困惑するのは必至です。しかしながら、落としどころの見えないドロ仕合が続いているのである。

 身内の恥を、たけしが新事務所「T.Nゴン」に移籍を果たした今になって蒸し返すことに疑問は残ります。

そもそも、軍団が批判する森社長の筆頭株主問題は26年も前の話だし、1億円の報酬についていえば、高額納税者番付が最後に発表になった04年の森社長の推定年収は8500万円(納税額2888万円)。

同年のたけしは推定年収1億9400万円(納税額6932万円)。

その後のたけしの活躍ぶりを考慮すれば、森社長の年収が8500万円から1億円になったところで法外な報酬だとは言えないという意見もあります。

 一方で、長期にわたってビートたけしの活躍をしり目にサボってきた軍団メンバーのほうだという声にも耳を傾けるべきだろう。

軍団たちは仕事を獲ってこない年収高いマネジャーたちを悪者に扱いしていますけど、ディレクターたちが彼らを起用したくなるほどの才能であれば実際に仕事量が増えるはずです。

たけし軍団の古株メンバーの中には毎日プラプラしているだけで暇人、酒飲みで悪態ばかりでプライド高いだけだから、一緒に仕事したい人間はいないようです。

おそらく、森社長を責め立てても円満解決にならない騒動なのは確実です。

森社長だけの問題ではないはずです。

確かにたけしが軍団の面倒をみるつもりで作った事務所だったでしょう。

しかし、軍団の中で成長していなかった。

今更だけど、親の金を取り合う遺産相続で揉めてる子供たちみたいで、軍団メンバーらは見苦しいです。

個人事務所として、食べていけると思うなら自立すればいいだけでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

工藤静香の不人気の理由!「嫌いな夫婦」「嫌いな歌手・アイドル」1位獲得の裏事情 [芸能界]

 「嫌いな夫婦」ランキングと「嫌いな歌手・アイドル」ランキングに同時にノミネートされた芸能人がいます。

歌手の工藤静香が、どちらも首位となってしまいました。

確実に不名誉な工藤静香は、2017年12月に「週刊文春」(文藝春秋)が発表した「嫌いな夫婦」ランキングで、夫の木村拓哉と一緒に第一位になりました。

また、「女が好きな女、嫌いな女」を特集した「週刊女性」(主婦と生活社)の発売後には、「嫌いな歌手・アイドル」部門の第1位に工藤静香が予想通り受賞しました。

票数でも、AKB48、浜崎あゆみ、酒井法子などを越えています。

キムタクと結婚後にメディア露出の少ない工藤がこれほどまでに嫌われてしまう理由は何でしょうか?

キムタクの奥さんになって完全な勝ち組に上り詰めたのに、同世代や若い女性からも支持されない印象が強いです。

言動から性格のキツさがいちいち伝わってきます。

芸能界の中でも工藤静香は悪い意味で別格なのでしょう。

キムタクの妻の座に就いた時点で、大人しく引退して陰の存在に徹していれば、ここまで叩かれる事も嫌われる事もなかったと思われます。

SMAP分裂騒動による影響と、他人から吹っ掛けられると、感情に任せて反論してしまう性格が“ヤンキー臭”を漂わせているからでしょう

ここまで嫌われてるのになんで引退しないのか理解に苦しむコメントがネット上で多いです。

キムタクはこの妻がいる限り足を引っ張れるのでしょうか・・・。

今となってはお似合いだけど、木村の好感度が低迷し続けている一方で、工藤静香も“炎上ママタレ”の代名詞になってしまった。

少しは旦那の立場考えてあげればいいのに、プライドの高さが邪魔してどうしても世間で評価されにくいのでしょう。

どうしてもヤンキー気質を背負っていて、オラオラ系のママタレを脱却できるのか!?

マイナスのランキングを克服できるのか今後を見守っていきましょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

渋谷すばる関ジャニ∞脱退とジャニーズ事務所退社はジャニーズ滅亡の予兆って本当? [芸能界]

 ジャニーズ事務所所属の人気グループ「関ジャニ∞」のメインボーカル、渋谷すばる(36)がグループ脱退を宣言しました。

SMAP解散独立騒動に引き続いて世間と芸能界に衝撃を与えています。

 発売中の写真誌「フライデー」の一報を受け、ジャニーズが15日、渋谷の脱退会見を都内のホテルで開いた。

渋谷は今年12月31日をもってジャニーズ事務所を退社する意向を語りました。

メンバー全員は渋谷の離脱を止めようと必死の説得を試みたがダメだったようです。

最終的には渋谷の決意をくみ取って、ジャニーズ事務所としては初めてのメンバー同席での脱退会見となりました。


メンバー7人のうち、安田章大は入院中のため会見を欠席しましたが、コメントをスタッフが代読していました。

質疑応答ではSMAPの名前こそ出しませんでしたが、脱退は事務所の先輩の影響か? と問われて、渋谷が“まったくない”と否定する一幕もありました。

渋谷は関ジャニ∞の2004年のCDデビュー曲『浪花いろは節』以来のメインボーカル。

ジャニーズ随一の歌唱力で知られる存在です。

歌に力を注ぐ一方で、お笑いやバラエティーでも売っている関ジャニ∞とは一線を画すと言いますか、毛色が合わないところがあり、ゆくゆくは独自路線を歩むであろうことは、ほとんどのファンも知っていました。

実際、ソロアルバムをリリースしたり、ソロでライブをやったりしていて、かなりの集客力を見せている。

そういう自信もあって、アーティスト、ボーカリストとして独り立ちしてもやっていけるのではないかと本人も周囲もみていた。そういう意味で言うと既定路線です。

 脱退は円満で、SMAPの時のような波風が立つことはなかったのでしょうか?

藤島ジュリー副社長も、メリー副社長も、脱退はある程度容認していたと思います。

ただ、いまこのタイミングで発表になったのは誤算だったと考えられます。

15周年の関ジャニはこの夏からの全国ツアーが来年8月まであり、5大ドーム公演などが控えている。

そのメインボーカルが抜けるとなれば、何十万人もの観客を動員するツアーに支障をきたす可能性が高いです。

メンバー全員と事務所幹部とで渋谷の説得に努めましたが、その交渉の最中に『フライデー』に暴露されてしまった。

ジャニーズ事務所は、既に情報管理やタレントの統制力が失われているのかもしれません。

 渋谷の離脱は関ジャニ∞にとっては打撃になるのは否定できないでしょう。

しかし、メンバー離脱やグループ解散はジャニーズ事務所で何度も繰り返されてきた。

光GENJI、SMAP、近年では山下智久(33)がNEWSを離脱して俳優だし、元KAT―TUNの赤西仁(33)もジャニーズ退所後の現在はライブ活動を行っています。

ジャニーズといってもすべてのグループを完全に管理しているわけじゃない。

ジャニーズとしての懸案は、SMAPに続く事務所の“看板”は嵐が担っていますが、もう人気も年齢もピークは過ぎていて次をつくり出さねばならない時期だということです。

嵐に続く国民的アイドルグループを生み出すことが課題になっているタイミングでの渋谷の離脱は、いったい何をいみしているのでしょうか。

SMAP解散ほどの衝撃ではないとはいえ、関ジャニ∞の解散へのカウントダウンが始まっているという見方もまんざらでもないです。

SMAPは男女ともに支持されていたが、嵐は基本女性の支持だけです。

またスキャンダル時にはあまりにも相手を傷付ける。

今のジャニーズの看板は嵐ですけど、看板がSMAPから嵐に変わった時点でジャニーズが下り坂なのははっきりしていました。

関ジャニの解散は今はないと思いますが、ジャニーズの崩壊は始まっていると思います。

渋谷の脱退もこのタイミングが最善で最後だという不退転の決意なのでしょう。

事務所を退所しても、退所したタレントの活動を邪魔するようなことはしないでほしいです。

年を重ねれば、自分の生き方ややりたいこと、進むべき道など、考えることは多々ある。

一度しかない人生、悔いのないように頑張ってほしいです。

また、今後も色々出てくるジャニーズ事務所になりそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

有働由美子アナの年収20倍?NHK退社でフリー選んだ理由が話題 [芸能界]

 3月31日付でNHKを退社していた有働由美子アナ(49)は、管理職ポストへの昇進の道を蹴って、出世よりも現場の道を選びました。

あさイチを毎日楽しみに見ていた同年代の方々には、有働アナの話やキャラクター性は評判良いです。

同年代だとこれからの人生を考え直す時期であることに同感するようです。

友人は管理職になって、急に将来を考え始めて、家族を優先する選択をして仕事を辞めました。

これからの有働さんのご活躍を祈念するとともに、応援を続けたいと思う人は多いでしょう。

一度しかない人生、思い切り、後悔のないように楽しんでほしいです。

サラリーマンとして考えれば、キャリアをすてるのはもったいないようにも思えるでしょう。

フリーになればNHKという看板に頼れないです。

おそらく芸能事務所からのオファーが近いうちに殺到すると考えられます。

しかし、本当にお仕事が増えるのでしょうか。

「知名度は超のつく全国区ですし、言いたいことを言って嫌われないキャラクター、好感度といい、

『あさイチ』で主婦層の支持を獲得し続けていながら高視聴率を保っていました。

全国放送のライブ放送で知名度や好きなことを発言していて朗らかな個性は好感度抜群です。

おそらく、有働さんをめぐって民法各局が熾烈な獲得競争に奔走すると思われます。

つまり、すべての民放が率先して自社の番組でMCしてほしいと躍起になるでしょう。

今までも芸能プロダクションからの引き抜き勧誘があったと思いますけど、獲得競争の争奪戦がスタートするでしょう。

 年収ポータルサイト「平均年収.jp」によると、NHKの年収は平均1160万円(2015年度)。

ウェブマガジン「MATOMEDIA」がことし3月にアップした「アナウンサー年収ランキング最新版!」によれば、フリー女子アナウンサーのトップランクといえば、加藤綾子(32)と夏目三久(33)だそうです。

年収は推定2億円だと算出されていてびっくりしますね。

NHK出身アナウンサーの中では草野満代(51)が5位にランクインし、推定年収1億5000万円になるとのこと。

有働由美子さんがトップクラスに割って入るのは必至ですから、おそらく年収が20倍前後に爆上げすると思われます。


 当人は海外取材、スポーツや事件などの現場への思い入れが強いならば、ジャーナリストとして活動するでしょう。

そうなると「あさイチ」のような帯番組を断るかもしれません。

加藤綾子や夏目アナのようにCMの出演依頼が舞い込んでくるのか不明ですけど、引っ張りだこになるのは明白です。

 局アナのキャリアの考え方として、定年が見えてきて、現場からちょっと退いたあたりが分かれ目になっているように見えます。

会社で役職がついて定年まで勤めあげるのか、またアナウンサーとして最高のいい時期にチャレンジするのか。

フリーになれば、視聴率上げるように求められたプレッシャーも背負うことになるでしょう。

でも、有働さんは自分の生き方ややりたい事を優先させたいのだと思います。

何歳になってももっと自由に羽ばたいてほしいです。

そう思わせてくれた有働さんはステキだと思います。






■来年で50歳の節目

 来年の3月の誕生日で50代を迎える間際での決断。城下氏はこの年齢も、有働アナがフリー転身へかじを切った大きな理由ではないかとし、こう続けた。

局アナのキャリアの考え方として、定年が見えてきて、現場からちょっと退いたあたりが分かれ目になっているように見えます。

会社で役職がついて定年まで勤めあげるのか、またアナウンサーとして最高のいい時期にチャレンジするのか。

フリーになれば、視聴率上げるように求められます。

その結果によっては2~3年で干されてしまうリスクはある。けれども、たとえそうであっても、定年までの給料分かそれ以上のリターン(稼ぎ)は得られる。

 有働さんならば、週イチのレギュラー番組を1本持てば、出演料が毎回100万円くらいは見込めるでしょう。

また、『あさイチ』のような朝番組ですと、夜中に起きなければなりません。

夜、たとえば飲みに行くことはできなかったと思います。そういう楽しみも、自分の仕事の割り振りによって我慢する必要もなくなるわけですからね。フリーになるメリットはいくつも考えられるわけです」

 私生活では、5歳年下の実業家との交際が報じられている有働アナ。こちらも今後はマスコミの目を気にすることなく、時間も自由に使えるだけに一気に加速の可能性も。

 フリーになった有働をバラ色の未来が待ち受けている。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

宇多田ヒカル再び離婚!母の藤圭子と同じ? [芸能界]

 シンガー・ソングライター宇多田ヒカル(35)が二度目の離婚したことで、ちょっとした噂が巻き起こっています。

宇多田ヒカルの母親だった藤圭子さんと似ている点があるというコメントがあります。


 最初の結婚相手である写真家、映画監督の紀里谷和明氏(49)とは4年半で離婚しました。

2014年に再婚した相手は、8歳年下のイタリア人バーテンダーでした。

二回目の結婚も約4年ほどで破局して、藤圭子さんが8回もの離婚を繰り返したことでも知られるだけに、「同じような波瀾万丈な人生になるのか」という声が上がるのも無理はない。


 まず言えるのは、きちんとした家庭で育ってない離婚した親を持つ人は、その人も将来離婚する傾向があるということです。

なぜなら我慢するのが苦手でワガママになりやすいというがその理由です。

結婚って、ある程度歩み寄りや思いやりで成り立っていて、そういう積み重ねで関係を深めていくものです。

ところが、結婚して短期間で離婚する方々は自己愛と自己主張が強すぎて相手を気遣うのがおろそかになりやすいです。

忍耐もしない。子は親を見て育つので、娘は特に母親に似るので、男にだらしない親になりやすい!という悪循環になりやすいのでしょうか。

また、親とか芸能人というより、稼ぎがある女性は一人になっても生活できるから無理だと思った結婚生活を終わりにしやすいだけだと思います。

親のことがあるとすれば、両親の離婚と、親からの愛情を感じなかったので、「自分は結婚で幸せになるかも…」というような思いが強くて相手から求められると結婚したくなりやすいと思います。

一方で、一般人が何故離婚回数少ないのは、やはり金銭的余裕がないからでしょう。

稼ぐ女友達がいるが、離婚話ししながら彼氏つくり妊娠して離婚して結婚しました。

お金ある女はイヤだなぁ〜と思った出来事でしたけど、生まれてきた子供はかわいそうです。

 離婚している両親に育った子供は自分が離婚をする時のハードルは低いとは聞きましたし、実際周りを見ても離婚している友人は両親もすでに離婚していました。

ただし、離婚していなくても家庭内別居をしている家庭も多く、我慢をして結婚生活を続けるのかあっさりと離婚に踏み切るのかはそれぞれの選択だと思います。

どちらが悪いとは言えないでしょう。

本人が幸せになれる方を選べばいいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

オフィス北野の失墜原因!タレント育成と宣伝を怠惰・たけし一極集中の結末 [芸能界]

ビートたけし(71)は「自分の時間をつくりたい」と自身がつくった事務所から円満独立したはずでした。

当初、「たけしの愛人が独立の原因だと取り出されていましたが、「たけし軍団」がブログで反論して騒ぎになりました。

 たけしが正式独立した4月1日、「オフィス北野」の森昌行社長に対して、筆頭株主や高額な役員報酬などで批判しました。

独立の要因は「森社長にある」と、事務所に残る軍団が現社長を非難するという前代未聞の事態になった。

森社長のやったことが事実なら、芸能界での信頼が崩れて事務所の存続さえも危なくなるというコメントも挙がっています。

軍団の話が事実ならば、たけしの独立は、軍団への待遇・軍団より社員の収入が多い・・などの金銭問題が原因に一つだと考えらえます。

 たけしは森社長を信頼。経営面にタッチしていなかったが、事態に気付いたことで激怒したという。

軍団のギャラは歩合制であって、仕事単価や仕事量に応じて収入が変動します。

ただし、たけしは仕事を持ってこないマネジャーや会社側の経営方針を非難しています。

一方で、たけし軍団のタレントが実力不足なのも否めないです。

たけし軍団の中には芸歴長い割には、現場で「このタレントを使いたい」とディレクターに思われないような仕事振りだったから、仕事が来ないとも考えられます。

マネージャー側としては、プライドばかり高い頑固な中年おやじ軍団をどうやって売り込めばいいの?と悩んでいたのかもしれません。

ですから、事務所だけを一方的に批判するのも無理があります。

 たけし軍団が結成されて30年以上なのに、完全に一本立ちしているタレントはごくわずかです。

たけしは軍団に経済的な支援をし続けていたが、弟子を一本立ちするほどの人間には育成できなかったのでしょうか。

芸能人を卒業して一般人として自立させてきた元軍団はいると思いますが、芸能界で生きていけるほどの芸能人は少ないです。

たけしに代わる事務所の看板となるような人間が複数人いれば、違った展開にもなっていたのかもしれません。

「タレントを絶やすことなく育てて売る」という芸能事務所の基本を忘れていたように思う。

タレントを育てるという意味では森社長も落ち度があったと思われます。

社員に対して給料を多く支払った理由に、たけしのバイク事故をきっかけに『人間いつどうなるかわからないから支払える時に支払うという私の信念』と発言している背景には、たけし以外のタレントは使えないと言っているのと同じです。

社員の給料アップ以上にたけしがいなくても将来的に経営が成り立つようにタレントを育てる事を森社長も考えて行動するべきだったはずです。

もともとオフィス北野はたけしと軍団さんのために設立した事務所でした。

現在は軍団以外のタレントも所属していますが、たけし以外の人達もきちんとマネージメントして、たけしに何かあってもやってけるような経営戦略をしてこなかったのは社長にも責任があるでしょう。

確かに軍団のタレントたちは「芸達者」と思える人は少ないです。

しかし、井手らっきょは熊本で2本レギュラー持ったときもあったのですから、きちんと売り出せば、それなりにお仕事が入ったのかもしれない。

それをしなかったのは、事務所スタッフの怠慢といわれても仕方がないです。

社長も社員の給料に回す前に、タレントの仕事を取ってくるほうに資金を回すべきだったと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

チェ・ジ電撃婚!42歳女優が一般男性と結婚した理由は? [芸能界]

女優チェ・ジウ(42)が29日、ファンクラブのサイトで結婚を発表したことで話題になっています。

「結婚しないと思ってたからびっくりした。」など、各方面からコメントがあがっています。

お相手は芸能人かと思いきや平凡なサラリーマンだそうです。

交際期間は約一年ほどでを結婚に至ったとのこと。

チェ・ジウは相手が一般人であることから、相手や家族などに与える影響を考えて交際を隠していたそうです。

結婚が明るみになるときまで素性を非公開のままにしていました。

結婚式の披露宴会場には、ご家族や親しい友人と関係者のみが参加してつつましく行ったと報道されています。

近親者だけで静かに挙式を済ませて、これからは愛する方と一緒に温かい家庭をつくる意欲をコメントをしています。

美人でこれだけ有名なら各業界で成功した男たちと男女の関係もあったかもしれないし、年とともにモテるレベルも衰えて、年貢の納め時を悟ったのかもしれません。

 昔からチェ・ジウは恋多き女性で有名でした。

ドラマや映画製作会社の御曹司や役員、芸能事務所や大手テレビ局の社長などと親密な関係があったとか…

業界のトップや大御所との数々の交際が絶え間なくて噂されてきてました。

『冬のソナタ』で共演したペ・ヨンジュンとも、同じ事務所に所属していた時期もあり、ドラマチックな交際していたのかも!?という噂もあったようですね。

ただし、チェ・ジウは結婚するようなそぶりもなかったのも確かです。

韓国芸能界を代表する女優ですし、経済的にも自立した女性というイメージが強かったです。

彼女の生き方には「結婚」や「子持ちの母親」には不釣り合いにだと思われていました。

独身を貫いてきたチェ・ジウには、芸能マスコミにも様々な憶測を掻き立てられてきました。

交際相手の男性が「セックス中に腹上死」といような記事も飛び出していたほどです。

それだけに、今回の結婚報告に関係者は相当に驚いているようです。

いろんな経験をしてきて、年齢的にも成熟したからこそ結婚を決断したのかもしれません。

キャリアもお金にしても満足できるレベルですし、本当に愛してくれる男性と生活したかったのでしょう。

お幸せに♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能