So-net無料ブログ作成
サッカー ブログトップ

久保建英は天才肌!バルサやFC東京が契約、中学生Jリーガーの秘密 [サッカー]

“秘密兵器”として未来の活躍が期待されている中学生Jリーガー、久保建英(15)。

「日本のメッシ」の実力が楽しみです。

2011年8月、当時10歳の久保は、スペインの名門クラブFCバルセロナの下部組織に入団しました。

100ゴール以上を記録する活躍をしたそうで驚きます。

FIFA(国際サッカー連盟)が定める未成年者の国際移籍禁止に抵触したと判断されて、残念ながら昨年退団した。

帰国後はFC東京にスグに所属できたですから実績が半端ないです。

サッカー界で飛び級があるんですね。

中学生でありながら18歳以下の日本代表にも選出されて光り輝く人材であるのは間違いです。

久保建英は緩急を織り交ぜたドリブルで相手を翻弄する日本人選手は今までに存在しないタイプです。

国内の同年代選手の中では久保を止められる選手はいないでしょう。

9月16日にはJリーグ公式戦出場が可能な資格を獲得したので、リアルなキャプテン翼の世界が現実になります。

今は海外遠征中ですけど、帰国後にはJ1デビューの中では最年少記録を更新するのが確実のようです。

 スター選手への階段を駆け上がる久保には秘密トレーニングがあるのをご存知でしょうか。

日本代表の長友佑都らが実践してきたのと同じように、彼も体幹トレーニングがポイントです。

 プロトレーナーの木場克己氏によると、久保は15歳とは思えないほどのプロ意識の高さをもっているそうです。

最強にキツくて乳酸が溜まりやすい体幹トレーニングを続けるのは現役アスリートでも大変です。

ところが、久保は、無表情ままで律儀にトレーニングをこなす…

メジャーリーガーのイチローと重なります。

まさに天才とは、陰ながらひたむきな努力の結果なのかもしれません。

 スペインの名門バルセロナは、日本サッカー界の天才少年を再び獲得するでしょう。

3年後の19年6月に久保は18歳になれば国際移籍ができます。

すでにバルサとFC東京の間では、合意をしているようでビックリしました。

久保は2020年東京五輪への出場を熱望していても、バルセロナは容認しているようで高待遇ぶりにも驚きます。

しかし、世界一のビッグクラブが惚れ込むほどのトップクラスのポテンシャルがありながら、今までにも消えた選手は多いです。

最も怖いのはケガです。

外国人に当たり負けしないこととケガ予防のために、柔軟性や下半身強化のトレーニングを実践しています。

日本代表がFIFAランキングで上位にのし上がるために、ワールドカップやオリンピックで勝利するためにも、久保が救世主です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯で渋谷が痴漢被害続出!フリーガンを取り締まれー [サッカー]

日本人が世界中に恥をさらしてしまった。

FIFAワールドカップ2014ブラジル大会の「日本対コートジボアール」での出来事です。

渋谷には多数の若者が集まっていて、応援するだけ何も問題がないのですが最悪のマナー違反が多発しました。

試合に興奮して一部のサポーターが痴漢行為に走って、歩行者の女性の胸を触ったり揉んだりやりたい放題の暴挙をしでかしました。

これは最低ですね。もうこのレベルの人たちはサポーターではなくて変態、犯罪者ですね。

ワールドカップで高揚して節度があって騒ぐのはいいけど、痴漢は刑法違反にあたります。

興奮して人に迷惑をかけて良いはずがない。

渋谷に行く人は、W杯サポーターと偽った変態や痴漢に気をつけてほしいし、被害に巻き込まれたくないなら行かないほうが安全です。

しかも対戦相手に負けた上に、暴徒と痴漢のスクランブル交差点だなんて国民レベルのアホさ加減を全世界にアピールしているようなもんです。

とても蒸し暑い試合環境で戦い抜いた日本代表選手たちに泥を塗るような行為です。

サポーターだと自覚しているならば本気で選手を応援しましょう。

負けてハイタッチってどういうこと?しかも痴漢と暴徒だんて最悪で恥ずかしい。

ところで、警察は何をしていたのですか?

DJポリスだんて生ぬるい対応でダメなくらい学習してほしいです。

現行犯逮捕しないのはなぜですか?

心に傷を負ってショックをうけている女性もたくさん存在している事実を無視するのでしょうか?

警察が本気で検挙に乗り出す行動を示せば注意喚起と抑止力につながるはず。

純粋に応援しているサポータにとっても迷惑なはずです。

フーリガンにならないでください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

浅田真央の高い学習能力!フィギュアスケート振付師が秘密暴露 [サッカー]

フィギュアスケート振付師、宮本賢二さんが「浅田真央は困るくらい頭が良い!」と絶賛しています。

宮本氏は年間約50人のフィギュアスケート選手の振り付けを担当する、日本No.1の振付師だと申し上げてもいいほどです。


数年前まで日本選手は振り付けを外国人に依頼することが多かったが、

宮本氏は日本人振付師として世界で確固たる地位を気づいている。

2010年のバンクーバー五輪では、高橋大輔選手や鈴木明子選手、安藤美姫選手そして浅田真央選手の振付けを担当して高い評価を獲得して世界に通用するまでに結果を出してきました。

『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』に出演した宮本氏の話が面白かったです。

は鈴木選手とゲスト出演し、振り付けの指導方法や選曲の基準などがプロの職人だと感じる秘密が分かりました。

一流選手たちを指導するにあたって、指導に最も困ったのは浅田真央選手だったそうです。

振り付けを覚えるのが異常に早かったとのこと!

宮本氏は選手のすべりをみたり、一緒に滑って創造力を働かせるタイプ。

浅田選手はすぐコピーして自分のものにしてしまう能力が凄すぎるそうです。

確かに振付師を泣かせるほどの逸材かもしれませんね。

浅田真央選手ほどの世界トップレベルですから、振り付けを担当するのも超一流の作品に仕上げるプレッシャーも相当なものだと思います。

素人からみていて、新しい振付けを生み出している現場を見てみたいですね。

浅田さんの練習風景もみたいです。

プロ中のトップクラスの二人が作品を作り上げる作業を垣間見ると、仕事や経営にも役立つ新たな発見があるかもしれません。

一般公開してほしいです。

ちなみに、宮本氏の年収はかなりのものらしいです。

年間50人以上ものクライアントがいるのですから高収入になるのは当然かもね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯日本代表発表!大久保・中村憲剛・栗原の舞台裏 [サッカー]

12日は歓喜の声がこだましました。

ブラジルW杯を戦う日本代表メンバー23人が発表されてザッケローニ監督から発表されたときのどよめきがありました。

毎回、サプライズ選出が注目されていますけど、今回は川崎フロンターレの「大久保嘉人」でした。

早速ツィッターで絶叫のツィートがバンバンきていて、川崎のサポーターから喜びの声が直球で受け取りました。

その一方で、選考漏れの選手らの支持者たちからは残念なメッセージ、不満・怒りの内容、大久保を素直に応援する内容、など様々な思いがこもっていました。

人生の全てをかけてワールドカップ代表を狙ってきた選手たち全員にエールを送りたいです。

残念ながら落選した選手には次の目標を目指して躍進してほしいです。

をのんだ選手たち・・・

う~ん、中村憲剛はいけるかも!?と思っていましたけど、届かなかったかぁ~。

中村憲剛の中央大学サッカー部での先輩でお笑い芸人・パンサーの尾形がツィッターでコメントしていたのをみました。

「憲剛ー! 俺の中でNo.1は憲剛だ!!」という発言には複雑な感情が入り乱れていると思います。

個人的に、横浜F・マリノス所属の栗原勇蔵がいけるかも!と期待していましたが、残念でしたね。


昨年まで日本代表常連メンバーだった栗原だったのに、今年になってから出場というより招集さえされていませんでした。

サッカーセンスはあるけど、フィジカルが弱いと判断されていたのかなぁ。

23人のメンバーに栗原の名前がないこと、翌日の予備登録メンバーにも漏れたのは想定外でした。

 サッカー人生にとって、ワールドカップ代表の当落は夢の実現の天国と地獄です。

選手たちだけではなく、その選手のファンにも様々な思いやドラマがありますね。

ブラジルw杯のツアーや日本代表の試合日程をしっかり把握して、現地で応援とテレビ観戦のスケジュールを組みたいです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校サッカー逆転Vの富山第一のトリックプレーの秘密 [サッカー]

富山第一のトリックプレーを実践で使えた理由を検証します。高校サッカーの常識を超えるプレーをやれる実力の裏を知ると逆転勝利できた原因がわかります。



第92回全国高校サッカー選手権の決勝戦は凄すぎて唸りました。

富山第一が残り3分0―2から逆転勝利した事実は、映画やドラマを超越した内容で感動しました。

星陵高校は全国屈指の強豪校で、残り3分で油断したのでしょうか?

おそらく、富山第一が最後まで諦めなかった精神力が勝っていたと思います。

 改修前最後の国立競技場での決勝戦だから歴史のピリオドにもなる重みもあって、劇的な結末は日本中に旋風を巻き起こしたでしょう。

後半ロスタイム、富山第一の竹沢はPKとなるファールで倒された時には、「奇跡が起こるかも!?」が現実になったのだから、びっくりしました。

相手の星陵(石川)は本田圭介の出身高校で注目度が高いし、同じ北陸勢同士も初めてだそうです。

富山県勢初の優勝、1976年の首都圏開催以降「父子鷹」での優勝は史上初の快挙で、たくさんの史上初で素晴らしいです。

延長後半ロスタイム、交代でベンチに退く際に握手する息子の大塚翔と大塚監督の姿をみていると涙が出そうになりました。

 富山第一のトリックプレーはプロ並みの奇策にはびっくりしました。

スグにでもJリーグでプレーできる実力者のチームだと思います。

あのプレーは、おそらく練習後にでも選手たちが半分遊びでプレミアリーグやリーガエスパニョーラなどの海外リーグのプレーを真似していたのでしょう。

それが、本格的に使えるようになって、切り札を決勝戦で実践する勇気をたたえたいです。

おそらく試行錯誤して毎日考えて練習していたと思います。

フィジカルトレーニングと違って、テクニック等を磨くには努力に加えて創造力も大切なはずです。

真剣にサッカーに向かう姿勢は、中村俊介や本田圭介などを思い起こします。

トリックプレーの裏側には、努力とイメージトレーニングの成果が濃縮しているみたいです。

 今回の大会はJリーガーになるためのアピールする絶好のチャンスであったはずです。

東京オリンピックの世代でもあるから、今後の活躍を期待したいです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前園釈放!酒飲み引退宣言の謝罪会見 [サッカー]

前園さんは大丈夫でしょうか?

酒に酔ってタクシー運転手の男性を蹴る殴るで、暴行の疑いで逮捕された模倣をテレビで見たときは、前園容疑者というテロップでした。

元サッカー日本代表の前園真聖が容疑者!!という報道にびっくりしました。

それ以上に驚いたのが、14日、処分保留で釈放され、都内で謝罪会見を開催していたことです。

示談さえ速やかに遂行して両者の折り合いがつけば、即時釈放されるのが面白いです。

会見に関しては、同様にスピード開催するのが事務所の手順慣れしているなぁと客観的に判断してしまいます。

前園さんは禁酒を宣言したり、サッカー解説の仕事を自粛するなど、淡々と語っていましたね。

ちょっと調子に乗ってしまった!という感じでしょうか。

サッカーで生計を立てるしか能力がないなら、生活力の根源を奪われるのだから、完全にやめるとは思えません。

しばらくは大人しくして来年から活動再開って感じでしょうか。

サッカー解説者として有能なのか分かりませんが、インパクトある解説をしていたとは思えないので、代わりの解説者が代行するでしょう。

記憶が飛ぶほど深酒するメリットがあるのか?

デメリットが大きいのを納得させてもらいました。

また、タクシー運転手の仕事は、大変だなぁと改めて思いました。

嘔吐しそうな前園さんを介抱したり、挙句には暴行されたり、踏んだりけったりですね。

これが日常茶飯事なのだから、殴られ損ですね。

年末年始のなると、忘年会や新年会などので暴れる客層が増えてきます。

くれぐれもケガなどのトラブルには注意してください。

予防策といっても、酔っ払いの行動を予想できないし、我を忘れている人間に対応するのは難しいです。

タクシー運転手のベテランになると、トラブルシューティング能力がスゴイ理由が何となく分かってきました。

今回の前園さんが暴行でも犯罪者には変わりません。

大反省しているようなので、将来に善行をしてほしいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

柿谷曜一朗が香川真司より才能上?徹底討論 [サッカー]

セレッソ大阪・柿谷曜一朗の活躍は素晴らしい!!

先月ソウルで開催されたサッカー東アジアカップで得点王に輝いて、

彼の潜在能力が遂に開花をしたのを証明したといえると思います。

以前から話題に挙がっていたけど、

「柿谷曜一朗と香川真司の才能比較」というネタです。

掲示板やサッカー好きたちのブログで熱心な討論や持論を展開していました。

各人が好き勝手に意見を語っているだけなので構わないのですが・・・

中には、サッカー評論家や元Jリーガーの解説者より詳細で分析力に優れている内容も多いです。

サッカーセンスやリスク対処能力、人間性まで取り上げているから感動しました。

 柿谷曜一朗といえば、素行の悪さ問題視されていたのが記憶に新しいです。

香川がセレッソ大阪時代にはポジション争いに敗れて、

出場機会が少ないのが原因で練習への遅刻や暴言などが話題沸騰していました。

プロ意識に欠けるという人もいたけど、それは間違いだと思いました。

柿谷の静かな反抗心を見抜けないサッカー関係者の実力不足だと感じました。

練習に遅刻しても、人が見えない場所で別メニューの猛練習をしていたでしょう。

柿谷より香川のほうが温厚で冷静さがあると判断しやすいけど、

柿谷ほど人一倍クールで情熱的な人間はいないと思います。

ワールドカップに何が何でも出場したい願望が強いから、反骨的な態度を示していたのでしょう。

香川と比較するたびに、「天性のサッカーセンスを持ち合わせているのは柿谷のほうが優れている」と評価するのは間違いではないと思います。

U-17のアジア選手権決勝戦やU-17W杯のフランス戦でセンターサークル付近から決めた超ロングシュートのシーンは目に焼きついています。

誰もがイメージできないプレーをできる才能は柿谷の最大の武器です。

ドリブルが得意な清武と比べても、

発想力に富んでいるドリブルとパスワークは世界に通用するでしょう。

どちらかというと南米選手の個人技を試合で発揮できる日本選手です。

スルーパスのセンスやタイミングをはずして相手選手を抜きにかかる高等技術は、香川と清武を超えていると思います。

柿谷は、いま日本代表選手に一番必要なゴールを決める決定力を備えているでしょう。

柿谷の潜在能力が遂に開花したのが、サッカー東アジアカップだったといえるはずです。

W杯予選では試合出場機会がなかったけど、

本戦ではザックジャパンのメンバー入りを果たして欲しいです。

香川や清武や長谷部らと熾烈なポジション争いになるのは想定内です。

ファンとして、柿谷が日本の勝利に貢献できると信じています。

柿谷が本田圭介や岡崎慎司など得点力がある選手との連携ができれば、

イタリアやスペインら強豪チームに勝利できる可能性が高まります。

柿谷の秘密の実力が楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパンが強い理由とW杯連覇の条件 [サッカー]

なでしこジャパンが国際親善試合でイングランドと引き分けでした。

相手は優勝した11年W杯で唯一敗れたイングランドという因縁の相手だけあって注目されていました。

土壇場で決める決定力が課題の日本ですけど、ギリギリで得点できる実力が磨かれていると感じました。

最終的にリベンジは果たせなかったが、なでしこジャパンのワントップや主軸に成長した証拠を誇示したゴールだったと思います。

 日本人は欧米人よりフィジカル面で恵まれているとはいえません。

背丈や骨格が欧米人とは弱い部分があります。

これを埋めるには、技術力とテクニック、極力ミスしないサッカーを意識して実践し続けたので前回のワールドカップで優勝しました。

ドリブルやパスワークはなでしこジャパンが得意だし、

裏をかくサッカーで相手チームを翻弄してきて、女王アメリカやドイツなどを切り崩してきたといえます。

澤穂希や宮間あや,川澄奈穂美や大野忍・大儀見などの主力選手の活躍が華々しいです。
なでしこたちの戦術やプレースタイルは、

体格や骨格の大きい選手が大半の欧米諸国やアメリカ大陸のチームスタイルを真っ向に否定してきたといえます。

細かいパスワークと早いドリブルやカウンターや左右への切り替えし・・・

手品みたいな秘策や小手先な技をしているのではなくて、

個人技だけに頼らないで全体のチームプレーを主軸にしているのが強い理由のひとつです。

精神面の強固はベテランの澤の絶対的な存在は大きいでしょう。

また、佐々木監督の牽引力は素晴しいです。

佐々木監督は条件付きで選手の海外移籍を歓迎する姿勢に注目したいです。

海外生活や外国人選手らと接する経験値を積むと、人間性の成長とプレースタイルの好転を期待できるからです。

個人の特性やタイミングがあるのは当然ですから、一部の選手だけが適しているでしょう。

国内組との代表招集の連携が多少難しくなるデメリットも生じます。

しかし、個人のサッカーセンスを磨いたり、フィジカルとメンタルの強化を効率よく短期で図るには、海外移籍は必須です。

なでしこジャパンでも世代交代が叫ばれていますけど、

進化発展し続けているスタメンと控えメンバーの闘志や努力は年齢を感じさせません。

大いなる躍進を願っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
サッカー ブログトップ