So-net無料ブログ作成
検索選択
海外旅行 ブログトップ

世界中で日本人観光客の好感度が高い理由を徹底解説 [海外旅行]

世界に歓迎される日本人観光客のイメージが注目されています。

日本人観光客は世界で最も好かれる観光客“ベストツーリスト”の上位にランクインされています。

世界的に日本人は「良い観光客」というイメージが強いようです。

海外旅行の最中に日本人という理由だけで、現地人たちに親切にしてもらえた体験があるでしょうか?

世界的に日本に対して良いイメージを抱いてくれる外国人がたくさんいるのは嬉しいですよね。

そこで海外の現地人の声をもとに、日本人観光客が世界で好かれる理由を検証します。


ホテル部屋の使い方がキレイ

日本人が好かれる観光客の大きな理由のひとつが「ホテルの部屋をきれいに使用する」というのが有名です。

使用済みタオルはまとめておく、ホテルの備品を正しい場所に戻すなど、ある程度片付けて部屋を退出するのが日本人の良いところです。

ベッドメイキングする人もいるそうです。

ただし、チップを配る習慣がないので、従業員に渡すのを忘れないでください。


礼儀正しい・マナー守る

「日本人は礼儀正しい」「マナーを守り、周囲への配慮ができる」というイメージが強いです。

日本人観光客は本当に礼儀正しい。

お店の中の商品を誤って壊してしまった時なども、他の国の観光客は知らん顔してさっさと店を出て行ってしまうのに、日本人は“ごめんなさい”と何度も謝ってくれる。

日本人観光客はどんなに急いでいても列に割り込まない。礼儀正しく、マナーを守る。

など、評判良い口コミを度々聞きます。

しかし、海外ではスーパーでもお土産屋さんでも、お店の人と目が合えば挨拶するのが礼儀正しいマナーです。

日本人は入店の際に店員に挨拶をする習慣がないので誤解されるケースもございます。

日本人は礼儀正しいはずなのに、なぜ挨拶しないのか?現地人に疑問に思われる場合が多いです。

シャイな日本人でも、挨拶くらいはしっかり実践できるようになって欲しいですね。


ゴミを散らかさない

ポイ捨てしないのが日本人!という評判が高いです。

「ゴミを窓から捨てない」「自分のゴミは後で処理する」など当然なのですが、当たり前に実践できる日本人は世界中で高く評価されています。

ホテルの客室でなくても観光バスや文化施設など、日本人はいつもキレイに利用してくれるから清掃員などから絶賛されています。

長時間の機内でリラックスできる便利グッズを徹底解説 [海外旅行]

長旅もこれでリラックス!? 機内であると便利グッズを紹介します。

■快眠グッズ(アイマスク&首枕)

欧米やラテンアメリカへ旅行される方は、10時間以上のフライトを強いられるでしょう。

機内では十分に眠っておけるためのスペシャルグッズがあります。

アイマスクや首枕、耳栓などは快眠グッズの基本なのですが利用しないわけにはいきません。

やはり外すことはできませんのが本年です。

これを持ち込んでおけば、「持っていてよかった」と思える王道便利グッズです。


■フットラック

最近注目されているアイテムの1つです。

座席前のテーブルにかけて、足を置けばブランコのように揺らしてリラックスできるのが嬉しいです。

長時間のフライト中に仕事をする人には大人気です。

足が痺れたり、窮屈になりがちですから、これを使えばエコノミークラスでもかなり重宝するでしょう。

私が使った時には思考回路が整っていて仕事がはかどったのはフットラックのお陰だと思います。


■保湿マスク

飛行機の機内は、実は非常に空気が乾燥しています。

喉が渇くたびに水を飲むと、今度はトイレが近くなってしまい、こちらも困ったものです。

最近では保湿効果のある高機能マスクも発売されています。

多めに持っていくのもいいでしょう。


■折り畳みスリッパ

長時間同じ姿勢を続けると、エコノミー症候群にかかってしまう恐れもあります。

まずは靴を脱いでリラックスすることが最も有効な解決方法です。

通路を歩いたり、屈伸するのもイチオシなのですが、周囲の邪魔になるので注意が必要です。

そんな時でも、スリッパならば履き替えるだけで、血行促進効果とリラックス効果を同時に味わえます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夏休みの評判良い海外旅行の国ランキング [海外旅行]

大型連休と言えば、夏休みの旅行を思い起こします。

夏の海外旅行は景気に関わらず人気です。

リゾートや食事や観光など思い出つくりに最高の時間を家族や恋人や仲間と過ごせます。

旅のプロフェッショナルたちは、一般の人とは違った視点でオススメに国々を教えてくれます。

旅行関係のお仕事をしている関係者から「夏に行って最高な国」をアンケートした集計結果が注目を集めています。

圧倒的な大差で1位に輝いたのは、やっぱりハワイです。

日本人が旅行客の大半だと思われていますけど実情は違います。

本国アメリカでも人気スポットで全世界が大好きになってしまう国です。

ビーチで遊べて、ダイビングやサーフィン、パワースポット巡りやゴルフなど何でもナンバーワンの質が素晴しいです。

結婚式やフラダンスの学校に通う人もとても多いです。

ブランドショップやグルメのレストランと過ごしやすい気候も人気の秘密です。

友達がハワイで語学留学していましたけど、英語力は全く伸びませんでした。

勉強しにくいのは遊びの誘惑が多いのと、日本語が通じる場所が多いのが最大の原因です。

短期留学で英語習得や英会話力を磨くのは難しいと思います。

その代わり、日本語が使えるのは安心感を得られるがメリットです。

 第二位はグアムです。

コチラは日本人が大半の外国人旅行者です。それもそのはずで、

東京から約3時間の飛行時間で行けて時差がわずか1時間!!

旅費が激安な上に、夜間に毎便ですからお勤め帰りに成田から直行便で早朝にグアムに行けます。

夏休みでなくても週末や連休に簡単に行き来できるのが嬉しいです。

免税店やマリンスポーツなども充実しています。

また、不動産投資するならグアムが穴場になっています。

夏休み等の休みを利用してリゾート気分を味わった人々が長期滞在するようになるのを見越して、家賃収入を狙うビジネスチャンスがあります。

 第3位はオーストラリアです。

長年、親日家の外国として上位ランキングの国ですから評価が高いです。

大自然!エアーズロック、スキューバダイビングが素晴しいです。

サーファーたちの聖地でもありますね。

ゴールドコーストはサーフィンや他のマリンスポーツするなら最高です。

バナナボートもいいけど、スカイダイビングも人気です。

日本が真夏ならオーストラリアは真冬、時差は1時間ですから、

快適な気候と時差ボケがないのが嬉しいです。

先日はゴールドコーストマラソンに参加して、

公務員ランナーの川内優輝さんが優勝していました。

 他の順位は、アメリカ、フランス、イタリア、イギリスやカナダ等が続きます。

アジア諸国ではインドネシア、マレーシア、タイ等のリゾート地が人気急上昇しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
海外旅行 ブログトップ