So-net無料ブログ作成
検索選択
就職・転職 ブログトップ

書類選考通過の秘訣!求人欄「応募資格」を解読せよ [就職・転職]

書類選考で不採用通知をもらわない方法の一つを徹底解説します。「応募資格」を熟読理解するコツや理解した後の対策を伝えます。



知らなきゃ不採用!? 求人欄に隠された「応募資格」を読み取るコツ

書類選考で不採用通知を避けるコツがあるのを知らないと大損です。

何度も応募しても通過しない人はその対策をしていますか?

書類で不採用になるパターンで多いのは、

求人票を提示している企業側が「求める応募資格に当てはまらなかった」という場合が大半です。

また、ネタバレなのですが、

企業の人事は希望する応募資格を、必ずしも求人欄に明記していないケースが度々あります。

つまり、求職者は「見え隠れしている応募資格」を読みとる方法を実践出来るようになるのが採用のコツになります。


求人欄に無記入の応募資格

男女雇用均等法や雇用対策法の施行で、禁止事項は、求人欄に記入されてはいないのは当然です。

しかし、書類選考では求人の条件欄に書かれていない条件を人事側が取り入れて求職者を選別しているのが現実です。

つまり、応募するのは自由ですが、一方で事業主には「雇用と採用の自由」の権利も認められています。

ですから、事業主の希望を考慮しないで応募しても、書類選考で性別や年齢を見ただけで「残念ながら」という送り状付きで履歴書が返送されてくることになるのです。

事業主はハローワークから応募の連絡があった場合は、求人を締め切った場合以外は、応募を拒否することはできません。

それでもハローワークの職員さんに、採用担当者の希望条件を正直に伝え、応募者に考慮の余地を与えてくれる場合はまだ親切というものです。


求人欄「応募条件」の隠れた条件を解読するコツ

性別が条件になるかどうかは、仕事内容によっておおまかな予想は可能ですが、年齢制限については予想がつきにくいものです。

求人欄の“応募条件”の裏に隠れた条件を読み取るには、以下のポイントに注意してみましょう。


【1】「学歴・経験不問」の意味とは?

仕事内容が簡単なもので、誰でもすぐにできるようになるものだと推察できます。

若手の方が人件費削減できます。

また、若い社員が多い会社では、社員と同世代か若いほうが好まれるでしょう。

男性社員の希望で採決されてしまう場合もありますし、顔だけで選ばれる場合もあります。

年齢層の高い会社もありますので、受け入れる会社の立場に立って考えてみると、自然と応募条件も見えてくるはずです。


【2】「学歴資格」「経験者優遇」の意味

学歴制限がある場合は、マネジメントや責任感を求める仕事になると考えられます。

「経験者優遇」と同様に職務経験が審査の最重要な基準となるでしょう。

この経験とは、直近の経験の場合が大半で、経験豊富でも3年以上のブランクがあると即戦力とみなされなずに切り捨てるのが多くの人事の姿勢です。

自分の年齢やブランクで不安要素がある人は、大企業より中小企業や個人事業主の会社を優先しましょう。

コミュニケーション能力とPCスキルがあれば、ブランクや年齢を気にしない会社があります。

今回はここまでにしときます。

転職や中途採用される成功法則とは言いませんが、採用者の心理を追求したつもりです。

求人欄に隠された企業側の本音ともいうべき採用基準について、応募資格欄の内容をじっくり読み解けると就職や転職活動がしやすくなると思います。

ただし、これが100%正論ではありません。

情熱ややる気だけを採用基準にしている企業もありますから、求職先の徹底リサーチをして傾向と対策をたてるのが大切です。



転職で人生の成功と転機を掴む秘訣 [就職・転職]

転職は、あたらな人生経験が豊かになるチャンスです。

「変化」が刺激となって人格形成や生活スタイルを飛躍できるからです。

自分が気づいていない新しい自分を発見できる可能性が転職のメリットです。


 ■失敗は何もしないこと

今までと違う仕事や会社で働くのは勇気が必要です。

転職をすれば必ず人生の成功を勝ち取れるとは断言できませんが、自分を取り巻く環境が変わると進化発展向上できるチャンスをものにした時点で成功者の仲間入りです。

世界No.1コーチと評判が高いアンソニー・ロビンズが、失敗は失敗と考えるから失敗であって、何もならない事が最大の失敗だといっています。

失敗は消極的な考えではなくて、行動や考えを修正する分岐点というとらえ方が好きです。

今の現代社会では失敗を恐がって一ミリも行動を起こさないクセが身に付くのが最大のリスクで、

社会情勢や流行が刻々と変化している最中で、柔軟に対応して軌道修正する姿勢を見につけましょう。

この点で、転職は柔軟性を鍛えるために非常にメリットがあるかと思います。


 ■自分の長所と短所を究明

転職するために大切なのは、自分の長所を知っていまか?短所は何ですか?という質問に明確な回答できる人は非常に少ないです。

最適な職場選びや面接での自己アピールするとき等、自分自身をプレゼンテーションするために必要です。

「自分の強み」を毅然とした態度でプレゼンできる人は、自己実現に近い成功者の仲間入りできるます。

成功する人たちは、自分を徹底理解しています。

好きなことは何か、お金を払ってでも熱中しているのは何か、などを網羅して把握している人は魅力が増しています。


 ■刺激と人脈形成しよう

現状打破したい方が手っ取り早く変わりたいなら、外出してその集まりや勉強会などの参加しましょう。

インターネットで情報収集するのは、セミナー等に出て人脈作りが重要です。

転職後でも同様に続けてほしいです


就職・転職 ブログトップ