So-net無料ブログ作成
検索選択
ペット ブログトップ

犬に吠えられる人の原因があった! [ペット]

「何もしていない」のに、家の犬や散歩中の犬に吠えられた経験はありませんか?

実は、犬が人間に対して吠える原因の多くは、吠えられる人間側に問題がある場合が多いです。

人間が「何もしていない」と思っていても、犬からすると「警戒心を煽る」行動をしているのかもしれません。

では、人間のどんな行動が犬を吠えさせてしまっているのかみていきましょう。



■犬が苦手

犬が苦手という人は、必要以上に警戒心を剥き出しにしてしまいます。

そのため、犬には人間のマイナスの感情が伝わり、警戒心を抱かせてしまうのです。

犬の防衛本能を刺激しない行動を取ることが重要です。

犬は人間に危害を加えるために存在しているわけではありません。


■犬が苦手とする行動をする

犬が苦手とする行動をするのは厳禁です。

犬を必要以上に恐怖を与えたり、警戒心を強くさせる行為は、犬との良好な関係を阻害することになります。

よく行ってしまいがちな行動として、犬を「ずっと見つめる」ことも犬の警戒心を煽ってしまう行動なのです。

特に正面から見つめられると犬は「人間に襲われる」と認識されてしまう可能性が高いのです。

犬を見るときには正面からではなく、斜めの方向から見つめてください。

そうすることで警戒心を刺激しないで犬を観察することができます。

犬の気持ちにも配慮して生活をすることが大切です。


■犬が嫌がっていることに無知

犬のことが好きなのに吠えられる人の原因は、「犬からのサインを無視した行動」というのがほとんどです。

犬の気持ちを考慮してコミュニケーションをするのが重要です。

犬も人間と同じように感情があります。

犬も「ゆっくりした」という休憩したい、「遊んで運動した」という意思表示を人間に対して表現しています。

しかし、人間が犬のサインを理解しないで無視してしまった場合、「吠える」という行為をします。

具体的に犬からのサインを無視する行動としては、

嫌がっているのに頭を撫でたり、無理やり抱き上げようとするのはダメですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬を飼う時の年間費用と生涯費用 [ペット]

■トリミング等の費用

毎月のトリミング費用は5,000円~ほど必要になります。

犬種によってはトリミングの費用がかかります。

特にトイプードルやビションフリーゼなどの毛が早く伸び続ける犬種は、月に5,000円以上の費用がかかることを想定しておくべきです。


■医療費など生涯費用

犬1頭あたり、およそ乗用車が1台は買えるほどの支払いが必要です。

ドックを自由に幸せに飼うためには大体150万円~200万円ほどはかかると思われます。

高額医療費になるともっと必要になりまし、金銭面だけでなくて飼い主としての自覚と責任が必須条件です。

しかし、費用以上に犬を飼うことはすばらしい思い出を与えてくれます。

愛犬の存在はお金には変えられません。

犬にしろ猫にしろ、家畜を飼うということは、かなりの費用がかかる。

特に医療費はとても高額になりやすいです。。ちょっとした事で1万円なんて当たり前に飛びます。

ノミマダニ予防の薬だって毎月かかるし、体重別で価格が違います。

躾教室にも入れた方がよいし、良質のフードやおやつ代は値段はもっとする。

犬種によって、皮膚の弱い仔、膝の弱い仔、心臓の弱い仔…予防のためのサプリメント代も必要です。

また、寿命も食べる量もペットシーツの使用量もグッズも火葬費等も、大型犬と小型犬とでは全然違います。

一生のパートナーとして迎えます。

私も秋田犬を飼ってますが、年間30万かかってます。

犬は生き物だから病気になる。

急患だと1万円札がびですから頑張って面倒みる必要があります。

友達は小型犬が3匹いて、年間総合費用が70万ほどかかっています。

単純計算すれば、1匹23万円以上も使っています。

全て安物で済ませるなら、年間10万以下で間に合うかもしれません。

しかし、食事やきちんとケアして健康的に飼おうとすると、お金がどんどん使われるのを覚えておきましょう。

お金がないなら飼わないほうが良いです。



シンプルでわかりやすい3つのプラン!ペット医療保険
【ペッツベスト】のペット医療保険
2012ペット保険年間人気商品ランキング第1位!!!
(楽天の保険2010.1~10調べ)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬は人間の喜びと怒りの表情を区別できるワンコの不思議 [ペット]

数十頭のワンコに対して、喜びの表情または怒りの表情をした同一人物の写真を、顔の上半分または下半分だけを見せて見分ける特訓をしました。

その結果、大半のワンコが高確率で人間の喜びの顔と怒りの顔の違いを見分ける事ができたそうです。

つまり、犬は見慣れていない人間の顔であっても、異なる表情の意味を見いだせるのが判明しています。

ただし、犬が人間の感情をきちんと理解しているのを立証しているとは断言できません。

本当に犬は凄いです。

犬は表情だけではなくて、話し方や空気をしっかり読みます。

口論になると必ず場を離れるし行動も把握されてるし先読みもしてきます。

人間の言葉を喋れないだけで、もの凄く賢いです。

人間と犬はいつも頭脳との闘いとなります。

人間が先の先まで読んで犬の相手をするのは本当に大変です。

以前飼っていたワンコは、悲しくて泣いている時に、頬をつたっている涙をなめてくれた。

ワンコはいつも飼い主を慰めてくれる最高の理解者であるように思います。

ワンコと暮らすようになって、ワンコのいない生活なんて考えられなくなりました。

ワンコはかけがえのない家族の一員ですよね。

涙が出ます。犬って不思議…

種の違う、人間を愛してくれるのだから…

こんな、人間に全く愛されず、いじめ虐待たいしかされない私の事も、愛してくれる。

ありがたくてありがたくて、涙が出る。


子供は親を選ぶ事は出来ないのと同じく、ワンちゃんネコちゃんも飼い主を選ぶ事ができません。

子供への虐待やワンちゃんネコちゃんの不幸な話をきくと、本当に心が痛いです。

そんな時 私が涙してると必ずいつの間にか、家の柴犬ちゃんは横にちょこんと座って私を見ています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬の散歩が重要な理由!リーダーウォーク・老化予防・社会性など解説 [ペット]

■子犬の社会化

子犬が犬社会の規則ルールや他の動物との関係性を学んで、社会性との適応能力を養うのが重要です。

生後3週間〜12週間くらいまでが社会化という期間です。

他の動物や飼い主との付き合い方を学ぶ大切な期間となります。

この時期に家に閉じこもったり愛情を注いでもらっていないと新しい環境に慣れないのは困ります。

そのとき、子犬は不安感や恐怖心からストレスが溜まって攻撃性が強くなるかもしれません。

そこで、子犬には適度な刺激を与えるために散歩は最適です。

子犬の期間以外でも、散歩に引き連れて新しい経験と刺激を与え続けると健やかに育ちます。


■主従関係

主従関係や信頼関係を築くために、散歩はとても重要なしつけの場です。

犬が飼い主に反抗して自分勝手に行動して他の犬に吠えて喧嘩をしたり、人に飛びかかったり、拾い食いなどの危険やトラブルを予防するのが大切です。

散歩を毎日継続することで、飼い主の指示に従うことを学ばせるしつけの手段の一つになります。

そこで、リーダーウォークを実践するのをオススメします。

「リーダーウォーク」とは、犬が飼い主から離れないで寄り添って散歩することをいいます。

このような散歩習慣になると、犬の飛び出しや襲いかかうような危険行為を防げます。

また、無理に引っ張る必要がないので犬のケガを予防できます。

頚椎や頭部に負担がのしかかって慢性病になりやすいです。

ですから、リーダーウォークが確実に行えるのが犬の健康に大切です。


■老化予防

老化が気になってくるシニア犬にとって、散歩をすることでさまざまな老化を予防できます。

【好奇心を刺激】

散歩して外の空気を感じることは良い刺激になります。

たまには普段から歩かないコースへ行ってみるのもおすすめします。

人間と同様に犬も新鮮な体験によって若さを維持できます。

他の動物や植物に興味を持ったり、真新しい景色や動物を眺めてさせると、気持ち良い程度の刺激になります。

【筋肉鍛えて運動機能UP】

外で散歩することで運動不足を解消し、筋肉量を保つのが重要です。

室内で飼われている犬は一日に必要と言われている運動量の10分の1しか運動できていないと言われています。

散歩をして、外で体を動かすことは大事な運動となります。

ただし、老犬には無理は禁物です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

クサイ犬臭が部屋にへばりつく原因とニオイ対策 [ペット]

人間と同じように、犬も室内で生活していると部屋のニオイが染み付いてしまいます。

犬が生活しているケージ類やトイレ周りなどをきれいにしても、まだニオイが残っています。

そんな時には、こんな箇所を洗ってみてはいかがでしょうか?


カーテン等の布製品

室内のカーテンには、意外とニオイや汚れが染み込みやすいです。

丁寧に手洗いすると家庭でも洗濯できる布製品が多いので、一度は徹底的に洗ってみるのをオススメします。

その他、いつも室内で使っている布製品の中にも水洗いできるものがあるならば、洗濯にチャレンジしてみましょう。


床や壁を水拭き

フローリングや畳の床、壁、支柱なども、独特なニオイが染み付きやすいです。

テレビや電気照明器具などの電気機器もニオイがへばりつきます。

そこで、掃除機などで汚れやホコリを取るだけでは不十分です。

固く絞った雑巾でしっかりと水拭きと乾拭きして掃除すると、ニオイが軽くなることがあります。

強い臭いならば専用の洗剤を使うのをオススメします。

ただし、室内犬は洗剤で拭いた部分をペロペロ舐めてしまう可能性もあるので、舐めても大丈夫なものを使うように心がけましょう。


空気清浄機

高性能な空気清浄機を活用しましょう。

ヘパフィルター搭載でペット臭を一掃してくれるタイプのものをお部屋で使ってみるのをオススメします。

飼育禁止のマンションだと、犬を飼うと瞬く間に犬臭がへばりつきやすいのでスグにバレてします。

生き物は何かしらの匂いがするのも仕方がないです。

あまり匂いに過敏にならない方が良いのですが…。

住居者が違反するしないに関係なく、空気清浄機を使用し続けるほうが賢明です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

イギリス犬猫ペットの糖尿病9倍!飼い主のダメ行動を暴露 [ペット]

■イギリスで犬猫の糖尿病が急増


イギリスでは糖尿病で苦しむペットが急増しています。

実は5年間で犬や猫の糖尿病発症率が驚異の約9倍も増加!という理解不能な現実です。

ペット保険会社の一つ「Animal Freinds」の調査結果に衝撃を受けました。

糖尿病と診断された猫犬は激増しています。

糖尿病と診断された症状には、頻繁に喉の渇き空腹、頻尿などの症状も含まれています。

ペット慈善団体PDSAは、糖尿病の原因は絶対的に体重増加であると分析しています。

飼い主が人の食べ物を必要以上に与えすぎているのが体重増加の原因です。

ペットの肥満は様々な疾患の原因になるため、獣医からアドバイスを受けるように主張してます。


■飼い主さんのダメな行動

愛犬を糖尿病にしてしまう飼い主さんのNG行動をしっかり理解して下さい。

イギリスで急激に糖尿病になるペットが増加している現実を目の当たりにすると、

日本では決して他国の問題だと受け流してはいけません。

おやつをあげすぎてしまったり、自分が今食べている食品を何となくあげてしまうのは親心かもしれません。

犬や猫が糖尿病を発症する確率はとても低いはずなのに、急増しているなら大きな問題が内在しているのは理解できるはずです。

ところが、糖尿病の治療は獣医師にとって長い時間を必要とする病気です。

飼い主にとっても日々の食事療法など、治療の時間や病気への不安と長く付き合っていかなくてはいけません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

警察犬が熱中症で死亡!車中置き去り3時間に非難殺到 [ペット]

警察犬の悲劇に非難殺到

警察犬が死亡した事実を聞いて憤りを感じた人が続出しています。

なんと、猛暑の中でエンジンを切ったパトカーに3時間置き去りにされた警察犬が死亡するという事故がおきたのです。

酷すぎる。熱中症はぐったりするだけじゃない。泡を吹いたり、目から血が流れたりする。どんなにか苦しんだことでしょう。

可哀相なんて言葉では不足するほど残念な事件です。

車中に忘れられて、気遣われなかったなんて動物愛護よりも命の尊厳を粗末にする人間を許せません。

盲導犬や警察犬は、人間のご主人に従順すぎるほど訓練されているから、我慢の限界を超えるほど耐え忍んでいたでしょう。

酷過ぎる!キツイであろう訓練させられて、暑い車の中で最期を迎えるなんて可哀想すごます。

人間が裏切って死に追い込んだ…。

動物虐待致死罪として、問題の警部補に責任追及するべき!との声がネット上で止まりません。

アメリカではお世話を怠るなど虐待でも逮捕されるのに、警察官の場合は車に閉じ込めて死なせても反省したらお咎め無しだなんて許せません。

日本と同様でアメリカの警察も身内に甘いのかもしれません。


■車に置き去りの危険性

暑い時期に置き去りにしたことで、赤ちゃんや子供が亡くなるニュースは度々聞きます。

人だけに対しての危険だけではなく、犬にとっても危険であることは同じです。

梅雨の時期から夏にかけて、車中に置き去りにされることでどんな危険性があるのでしょうか。

人間の為に忠実に尽くしてきたのに、この仕打ち!酷すぎる!

熱中症なんてワンコにとってどんなに苦しかっただろう。

パートナーの警察犬を車内に置き去りにして熱中症で死なす。

それも3時間後に気付くとかありえない。

どんなに苦しかったことか、

本人は、体調を崩してるとかあるけど言い訳にしか聞こえないです。

警察犬として忠誠してきたのがこの仕打ちは余りにむごすぎます。

きちんと公的に謝るべきです。


熱中症の危険

夏の閉め切った車内の温度は、ほとんどサウナ状態です。

自分が3時間も炎天下でエンジン掛かってない車に乗ってみればいい。

3分も我慢できないはずです。

警察犬は相棒ですよね。ルーズすぎる警察官は罪深いです。

犬たちは汗をかいて体温をコントロールすること苦手で、主に呼吸によって熱を放出しますが、その冷却効果は人間よりも低いです。
人よりも犬の方が熱中症になりやすいです。

熱中症は、体内の熱を放出できなくて全身に不調をきたす病気です。

最悪の場合、死に至ることもある危険な病気です。

熱中症にかかった犬の症状は、元気がない、食欲不振、呼吸が荒い、ヨダレが大量に出る、口の中が真っ赤になる、眼球が不規則に動く、嘔吐、下痢、血便、痙攣などがあります。

犬たちは人間よりも暑さを感じています。

犬は寒さに強いですが、暑さには非常に弱い動物です。

これからの暑い季節、熱中症はもちろんですが、コンクリートの熱での火傷や脱水症状などには気を付けてあげましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬に嫌われたら飼い主がやるべき行動と対処法 [ペット]

ワンちゃんに、大きな声を出したり、叩く蹴るなど暴力を振るったりなんてしていませんか?

ワンちゃんにあからさまな意地悪や、嫌がる事を無理強いしませんでしたか?

シャンプーなどを無理矢理行うことでも嫌われてしまう事もあります。

このあたりは、ワンちゃんにとって必要な事を行った末の場合があるので一番難しいです。

ワンちゃんは信頼している飼い主さんと遊んだり、スキンシップをとるのが大好きです。

ワンちゃんにとって、叱られるよりも、放置されたり無視されるのは何よりも辛いことです。


■■対処法■■

さて、原因も分かれば今度は善処していく番です。

どれにも共通することは「とにかく根気よく、我慢強く」。

心の穴を塞ぎ、信頼を取り戻すのはそう容易な事ではないのです。

低い姿勢が基本

高い所からいきなり撫でられるのは、威圧感があり人間でも怖いでしょう。

高圧的にならない様に、目線は低くするべきです。

できるだけワンちゃんと同じくらいから話しかけたり、スキンシップをとるようにしましょう。


手の匂いを嗅がせる

いきなり触ったりしてるのは厳禁!

まずは挨拶からはじめてください。

犬がお尻を嗅ぎ合うように飼い主さんもワンちゃんに匂いわや嗅がせましょう。

飼い主さんは手をギュッと一度握ってから開きら手の平を嗅がせてあげましょう。


突然に接近するのは厳禁

犬は飼い主さんに良いイメージを抱いていないときは注意してください。

そんな人が突然近づいてきたら誰だって怖くなってしまいます。

近づく時はゆっくりとワンちゃんに寄り添って下さい。


ジーッと目を合わせない

正面からジッと犬の目を見つめる事は、ガンを飛ばしているのと同じですから喧嘩の合図です。

ワンちゃんを正面に見て目を合わせる行為は「てめえケンカするのかぁ!」と同然です。

まずは目をそらしたり、体全体をみせるのが賢明です。

「喧嘩をする意識はありませんよ」という真意を伝えましょう。


大声を出さない

ワンちゃんは大きな声で話す人が苦手です。

びっくりさせないように少し高めて、ゆっくり穏やかに話しかけてあげましょう。


おやつで釣る

手っ取り早く効果てきめんなのは「おやつで釣る」という方法です。

最初に飼い主さんにいいイメージを持ってもらうという意味ではとても良い手段です。

ただし、注意点がございます。

やりすぎるとワンちゃんを甘やかすだけで、わがままなペットになりやすいです。



犬猫が食べると危険な食品類を解説!タマネギや煮干し等 [ペット]

ペットとして犬や猫を飼っている世帯がふえています。

可愛いペットですから、どうしても与えたくなってしまいますが、実は人間なら問題にならくても、犬や猫に食べさせると生命を落とすなるかもしれない危険や手術をしなければならない恐ろしい食べ物もあります。

大切なペットがうっかりNG食品を食べてしまわないよう、日頃から気をつけて見ていてあげてくださいね。

犬や猫が食べてはいけない食べ物について獣医師さんに解説してもらいました。



■ネギ類全般

犬や猫にタマネギを与えてはいけいないのは一般常識になっています。

タマネギのほかに、長ネギ、ニラ、らっきょうなど、ネギ類全般もダメです。

また、タマネギを食べなくても、タマネギのエキスが混入しているスープや固形コンソメ、ハンバーグ、オニオンリング等もNGです。

ネギ類には血液中の赤血球を壊す物質が含まれているので、貧血や血尿を引き起こしてしまいます。



■人間が飲む薬

胃薬や頭痛薬や風邪薬に含まれる鎮痛剤は、人間より体格が小さい犬や猫の動物の方が中毒症状に犯されやすいです。

犬猫が間違って飲んでしまうと、腎機能や胃腸障害や肝機能障害の原因になりやすくなります。

猫は犬よりも強い症状が表れることがあります。



■カカオ類

チョコやチョコ菓子に含まれるカカオ類は、中枢神経を刺激することにより不整脈、嘔吐、痙攣を起こす場合があります。

犬猫にチョコレートを与える飼い主さんがいるとは考えにくいですけど、チョコチップ入りの菓子パンを食べさせているのをみかけたことがあります。

ココアやミルクチョコももちろんダメです。



■海産物やミネラルウォーター

煮干しや鰹節は猫の好物なので与えすぎると被害の原因だと気づきにくいです。

また、ミネラルウォーターを飲み続けることにより、膀胱結石を作りやすくなってしまいます。

水道水よりもミネラルウォーターを推奨するのは人間以外には間違っています。

犬は比較的水を飲む動物なので尿が濃縮することも少ないですが、猫は水をあまり飲まないので、リスクは犬よりも高くなります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫の気持ちが分かる方法!しっぽの動きを凝視しよう [ペット]



飼い猫の反応を理解していますか?

ニャーニャー泣いたり、スリスリ寄ってきたり、全然反応しないときもいます。

ご機嫌が良いのか悪いのかを判断できますか?

今回は、ネコの尻尾と耳の動きから彼らのきまぐれな気分を読み取る方法を解説します。


猫はしっぽで返事をします

 猫の名前を呼んでも反応がないと「あれっ!どうしたのかしら?」と不安になった経験あるかと思います。

けど、これはネコが無視しているわけではありません。

耳が少し後ろにかしいだり、しっぽが少し揺れたりしたら、あなたの呼び声がきちんと猫に届いています。

このような場合で考えられることは、

1.呼ばれたからといって、すぐに反応するほど気分が乗っていない
2.別にもっと注意を引くものがある
3.のんびりまどろんでいるとき

など何らかの意思表示をしているのは確かです。

 猫の言葉をりかいできなくても、猫の「ボディランゲージ」に注目しましょう。

猫と気持ちを読み取れるヒントが隠されているはずです。

猫のしっぽで「猫の気持ち」を読み解いてみましょう。


しっぽを立てる

『しっぽを垂直にピンと立てて、軽い足取りで近づいてきてスリスリ』

 猫が安心できる場所にいて、気分が安定し、うれしい、ご機嫌、おねだり、甘えたいときのサインです。

このサインのときのネコは本当にご機嫌よいのが分かります。

友好関係にある猫同士も同じようにしっぽを立ててすり寄って、あいさつを交わします。

しっぽを立てることで、お尻のニオイを嗅ぎやすくさせて相手に敵意がないことを示す、母親にお尻をきれいにしてもらう子猫時代の名残りでしっぽを立てるといわれています。

『しっぽを立て、人の身体や脚や家具にしっぽを巻き付けるようにスリスリ』

 額やお尻の付け根にある臭腺から、人間にはわからない程度のニオイを出して、それを相手にすりつけているのです。

しっぽを立ててスリスリは、友好的なあいさつであるとともに「これはわたしの所有物」というマーキング行動でもあります。

人間がこれをされるのは、ネコが主人でネコが家来という上下関係が暗黙になりたっています。

まぁ~、かわいいネコだからいいかぁ。

 ちなみに、スリスリマーキングは大好きなものにもしますが、

その反対に「このニオイは嫌い!自分のニオイを付けて消臭しちゃおう!」という行動でもあります。


しっぽを揺らす

『しっぽの中程から先端にかけてパタッ・パタッとゆっくり動かす』

 いわゆるしっぽでお返事状態です。まぁまぁ機嫌が良くて、でもあんまり構われたくない。「はいはい、わかってるわよ」って感じでしょうか。


『しっぽの先端だけに力が入って、ジジッと小刻みに動く』

 これは狩りの体制に入った証拠です。

興味を引かれたものに全神経を集中しているときのサインです。

たとえ家ネコであっても狩猟のDNAをもっています。

ゴキブリやネズミなどのちょろちょろ動く生き物に興味をもっていれば、尻尾で間合いやタイミングを計りながら襲いかかるチャンスを狙っていると考えられます。


『しっぽ全体を左右に早く揺らす』

 不機嫌だったり、構われたくないときのサインです。

このときにしつこく構いすぎるのは厳禁です。しばらくは放置して独りの時間を与えてあげましょう。

ネコに本気で噛まれるケースはご機嫌斜めのときのサインを読め取れない人間の責任です。


『抱っこしている時にしっぽを揺らす』

 「早く降ろしてほしいな~」という合図だとは知りませんでした。

今は抱っこされたくない!と訴えています。そわそわして落ち着かない様子です。


しっぽをふくらます

『全身の毛を逆立て、耳を後ろに倒し、身体としっぽも弓なりにして爪先立つ』

 これは分かりやすいですね。自分の体を大きくみせようとします。

怒っているときと警戒心を表すときは、同じようなしっぽに見えますが、猫同士のケンカであれば、強い方は頭を上に、弱い方は頭を下げて、徐々に身体を丸く小さくしていきます。ちなみにケンカモードの猫同士は町内中に響き渡るような異様な鳴き声を上げます。


『股の間に挟む、または下に下げている時は』

 おびえや不安感があるサインです。

警戒心が最強で、怖い~!とアピールしています。

猫は股の間にしっぽを挟むようにして下げ、背中の毛を逆立てます。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
ペット ブログトップ