So-net無料ブログ作成

貯金100万円ない人をクズ呼ばわりするブログに非難殺到 [雑学]

貯金することが大切だとわかっていても、貯めることが難しいこともあります。

しかし「30歳過ぎても100万も貯金していない人は信用性に欠ける」という厳しい内容の記事をアップしたことで軽い炎上騒ぎになっています。

そのブログの内容によると、貯金が100万に満たない社会人を批判していました。

さらに、貯金100万円も作れない人の人生って悲惨、将来が真っ暗と追い打ちをかけていました。

■たかが100万って言えるほど偉いの?

30歳どころか最近は40歳を超えても実家に住んでる人たちがいます。

それでもお金がないとか言っているの聞くと信用できないのも仕方がないです。

確かに最低でも100万円の貯金がない人とお見合いして結婚できるとは考えにくいし、100万でも少ないでしょう。

ただし、世の中には色々な人がいます。

手取り18万とか20万で奨学金を返しながら妹の学費も助けていた人もいました。

自分が普通の基準というのは間違っています。

バブル期ならともかく、このご時世でその意見はありえないですね。

この投稿者は色々な人の立場を考えられない低レベルだと思われます。

1つ確かなことはお金を持ってない人間をクズ呼ばわりするだなんて性根が悪すぎます。

格差社会なのですからいくら頑張っても家族を養ったり低賃金の会社員なら、貯蓄できない人もいます。

頑張れば簡単に貯蓄できる!という意見は安直すぎるし社会人経験していないのでしょう。

100万もあって、目減りする預金のみに頼りすぎるのも危険です。

リスクを見て、投資しないと全然膨らまない低金利時代ですから。

実際、爆発的に稼いでいても、一気に奈落の底に落ちて路上生活になる人もいます。

一寸先は闇、というのも現代社会の真実です。

そもそも、金でしか人間の価値を決められないというのは哀れなですね。

トヨタの改革『GR』スポーツカーの利点と弱点 [雑学]

トヨタが、新たなスポーツカーシリーズ『GR』を展開しています。

「もっといいクルマづくり」というコンセプトのもとに改革を推し進めてきました。

ただし「G Sports(通称:G’s)」という名称から変わったことで、一貫性がなくなったという指摘もありました。

トヨタ自動車の原理原則ともいえる「もっといいクルマづくり」にズレることはなく、

『GR』を根幹にして、走行ややクルマを楽しむ文化を育成する方針を強化していくでしょう。

いずれにしても、ユーザーが愛着とプライドを持ち、多くの“ファン”が生まれるようなブランドを長い年月をかけて作り上げていってほしい。

『GR』は、GAZOO Racing カンパニーがニュル24時間耐久レースや全日本ラリーなどのモータースポーツ活動で得た知見やノウハウを注いでいく、スポーツカーシリーズです。


 モデル体系はピラミッド型になっています。

エンジン内部にもチューニングを施した数量限定の“GRMN”が最高峰モデルです。

GRMNの要素をふんだんに盛り込んだ量販スポーツモデルの“GR”も人気です。

ミニバンやファミリーカーなどに使いやすく気軽にアウトドアを楽しめるスポーツドライブタイプの“GR SPORT”も評判良いです。

ただし、ミニバンやエコカーをスポーツカーと呼ぶとは情けない気分になります。

ミニバンをスポーツ風に仕立てるというアイデアですが…

発想は嫌いではないが、とにかく対象車に魅力が少ないです。

外観や内装にすこーしパーツ付けただけでスポーツカーと呼ぶのは無理があります。

ワンボックス車に見立てるような装備して、どこら辺にサーキットのノウハウがあるのは不明です。

カスタマイズを自由に設定できるアフターパーツ“GR PARTS”も頑張っているのは認めます。

見た目からだが、将来的にはエアロパーツなどの機能系アイテムも導入するそうです。

 「町いちばんの楽しいクルマ屋さん」をキャッチフレーズにした『GRガレージ』も少しずつ開店していきます。

2017年度中には、全国39店舗をオープンする予定です。


 GRの第一段階として、9月19日に発売された車種が以下になります。

ヴィッツ“GR”と“GR SPORT”、

プリウスPHV・ハリアー・マークX・ヴォクシー・ノアの“GR SPORT”です。

チューニングの向上としては、専用チューンのサスペンションによる足回りを強化したり、ブレース追加や他によってボディ剛性を圧倒的に機能アップしています。

その他、専用メーターや小径ステアリングホイール、アルミペダルなどを採用する。

まずはヴィッツだけに設定される「GR」では、評価が高いザックス製ショックアブソーバーを採用して、今までよりハイレベルのドライブを満喫できるかもしれません。


■グレードおよび価格
ヴィッツ GR SPORT“GR”(5MT/CVT)=230万3,640円/230万3,640円
ヴィッツ GR SPORT(5MT/CVT/THSⅡ)=208万7,640円/208万7,640円/232万9,560円
プリウスPHV S “GR SPORT”=371万1,960円
ハリアー ELEGANCE “GR SPORT”=339万8,760円
マークX 350RDS “GR SPORT”=442万8,000円
マークX 250S “GR SPORT”=380万9,160円
ヴォクシー ZS “GR SPORT”=325万7,280円
ノア Si “GR SPORT”=325万7,280円
nice!(0)  コメント(0) 

ボルボ特別仕様車!「V40/V40クロスカントリー」のディーゼルが最高 [雑学]

“特別仕様車”はメーカーにとって販売手法の一つであることは当然ですけど、ユーザーにとってのメリットがあります。

8月22日に発売された新商品「ボルボ V40」と「ボルボ V40クロスカントリー」の特別仕様車が注目を集めています。

特別仕様車「V40/V40クロスカントリー D4 ダイナミック エディション(399万円/414万円)」は、Drive-Eクリーンディーゼルを搭載しています。

Drive-Eクリーンディーゼルは「D4 キネティック」と言いこれを基本スペックとして、様々な装備を標準として採用しています。

外装に関しては最上級品質の「R-Design」と同じダイヤモンドカットデザインの18インチアルミホイールを履いています。

内装には、テキスタイルのイイ感じのシートを装備しています。

嬉しいのは素敵な装備が充実していて好感度抜群です。

ドア下部ライトやテールゲートライトなどをパッケージした「インテリアライト」もイイ感じです。

ロックシリンダー付きグローブボックスなどの「ボルボ・ガードシステム」も装備しています。

運転席の周辺には、キーレスドライブ、シートヒーター、HDDナビゲーション、3段階レベル調整機能付きの本革巻きパワーステアリング、スライディングアームレスト、パドルシフトも本当にすごいです。


価格はベース車の「D4 キネティック(364万円/379万円)」からは35万円高くなりますが、

上記の内容は上級グレードの「D4 モメンタム(409万円/424万円)」と比較しても充実しています。

価格は10万円安いので、購入を検討する際には、装備表をちぇっくしてほしいです。

 もちろんボルボの安全性は今回も卓越しています。

自動ブレーキは、歩行者やサイクリスト検知機能を搭載しています。

アダプティブ・クルーズコントロールは発進から停止まで制御してくれます。

「BLIS」というシステムは後方の車両検知してドライバーに警告します。

など11アイテム以上の運転支援機能も標準装備しています。
nice!(0)  コメント(0) 

スズキが新型車が大評判!最新スイフトスポーツが高性能 [雑学]

日本を代表するホットハッチとして評判高い「スイフトスポーツ」の最新モデルが登場しました。

新開発の1.4リッター直噴ターボに6速MTあるいは6速ATを取り付けています。

この3代目のスイフトスポーツは、「軽量・俊敏・楽しい・安価」のすべての特徴をもっている魅力溢れる完成度の高いモデルです。

セーフティパッケージ(8万6,400円)としてオプション扱いながら、183万6,000円(6速MT)/190万6,200円(6速AT)という設定は嬉しいです。

スズキはさすがですね。

これは他のメーカーは真似できないし、値段とパフォーマンスは最高だと思います。

 新型スイフトスポーツのボディサイズは、全長3,890×全幅1,735×全高1,500mm。

ノーマルのスイフトから前後トレッドを30mm拡幅し、さらにワイド&ローなスタイルを獲得しながら直進安定性や旋回性能の機能アップしています。

衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱抑制機能といった流行りの運転支援システムにも注目しましょう。

 車重の変化にはビックリしました。

今の自動車に必要とされている安全装備や衝突安全性を維持しながら、前モデルから70kgも軽量化に成功しています。

これだけ軽重量化を実現すると、軽いハンドリングや素早いフットワークにも良い影響を与えています。

 エンジンは専用チューンの1.4リッター直噴ターボ“ブースタージェット”を搭載しています。

ターボ過給圧制御などの専用チューンとハイオク仕様に変更しました。

その結果、最高出力140ps/5,500rpm、最大トルク230Nm/2,500~3,500rpmを引き出せます。

6速MTは、2~5速をクロスレシオ化した前モデルと同じギヤ比を採用しています。

トルクアップがそのまま駆動力に伝達して快適な走行を実現しています。

一方、6速ATには、ステアリングにパドルシフトが装備されています。

エンジン性能の向上と同時に、ブレーキ性能なども向上しています。

もちろんエキゾーストノートにもこだわり、トルクの盛り上がりとともにドライバーのテンションを高めるサウンドを響かせる。


 内外装もスポーティな特徴を強調しています。

外装では専用バンパー&グリル、ルーフエンドスポイラー、切削加工とブラック塗装を施した17インチアルミホイールも備えています。

ブラックを基調にレッドアクセントを加えた内装やホールド性の高いスポーツシートも、ドライバーの気分を上げてくれます。

安くて高品質、高性能ってホンダのお家芸だったのに...

個性がなくなる自動車業界の中、魅力的に感じます。

欲しい!と直感的に思わせるクルマをスズキには作り続けてほしいです。

nice!(0)  コメント(0) 

銀座で海の匂いの原因は!赤潮?温暖化? [雑学]

海の匂いが漂ってくると不思議で、不気味にすら感じます。

しかし、かつては都心でもそれが当たり前であり、何か不吉な変化の予兆というわけではないらしい理由を解説します。

有楽町・交通会館や銀座駅周辺を歩いていたところ、海の香りがしてきてビックリしました。

辺りに漂う潮風のニオイに驚いた。

ベタベタした生ぬるい風が、妙に生臭く魚臭いです。

近くに海があるのではないかと思うほどだ。

でも、銀座まで潮風のニオイが漂ってくるものなのでしょうか?

そのときに気になるニュースが拡散しました。

東京湾北部の沿岸部でプランクトンの大量発生による赤潮が起こり、悪臭の苦情が相次いでいるそうです。

まさか赤潮のニオイが銀座まで来ることなんてあるのでしょうか?

銀座で海の匂いを感じるのはあり得るのでしょうか?

赤潮と関係あるのでしょうか?

気象庁のコメントが興味深いです。

銀座周辺が海臭いというのは、海から入ってくる風の影響だと考えられます。

暑い時期には海の水分が蒸発し、匂いを持った空気が横風であおられて運ばれてきます。

乾いた空気の場合は匂わないのですが、湿度が高いと、空気と匂いも一緒に運んできます。

特に南風が継続して吹き続けていると、埼玉北部まで香りが漂ってくることもあるそうです。

それを考えると、銀座周辺まで海の匂いが蔓延することは、十分あり得るわけです。

つまり、赤潮の影響による悪臭が、銀座まで影響を与えている可能性があるようです。

これって、温暖化の影響ではないそうです。

この現象は昔からあったそうで、むしろ昔の時代のほうが匂いが強かったそうです。

その当時はドブのようなヘドロの匂いが海から都心部まで流れてきたことが度々ありました。

現在は昔よりも東京湾が浄化されてキレイになったので、海からの悪臭はげんしょうしているそうです。

自動車の傷消し4工程が嘘!自力で修理は危険 [雑学]

サイドミラーは壁や塀などに擦り付けてしまうことも多く、傷がつきやすいパーツです。

業者に車の傷消しをしてもらうとなると、サイドミラーの傷でも数万円かかってしまいます。

サイドミラーに限らず、このようなボディの損傷の経験があるドライバーも多いはずです。

そこで、車の傷消しを自分で修復するために必要な4つの工程を進めている記事があります。

車の傷消しの4工程「パテ盛り・研磨・塗装・艶出し」となります。

「自分で補修して車の傷消しをしましょう!」と推薦するのは危険です。

騙されたと思ってこの通りやると本当に騙されるのでやめておきましょう。

素人が簡単にできるなら職人はいらないはずです。

出来ないから高いお金かけてみんな修理します。

どうしても安くて直したいなら本職の人に値段相談した方がベストな選択です。

ボディーの補修用品が山ほど出回っているのに、板金屋さんが成り立っているのは何故か考えましょう。


 「研磨」ではパテが乾燥したら紙ヤスリをかけますだんて危険です。

P800番のきめ細かい紙ヤスリで滑らかになるわけないです。

キズをいきなりサンドペーパーとかありえないし、

バテ盛りとか塗装なんて素人には無理、まずはコンパウンドでみがいて取れなければ業者さんに任せるほうが安全です。


 車の傷消し4工程の「塗装」では、小さい傷は筆ペンタイプの塗料で問題ないというのは嘘でしょう。

大量に付けないで、薄く伸ばすように塗装するのが秘訣だなんて違います。

パテ盛りの後にタッチペンなんて使ってしまったら、

元の塗装面との境目が丸分かりだし、コンパウンドでも落としきれない筆ムラだらけになるでしょう。

パテ後に下地処理もしないでいきなりタッチペンってありえないです。

タッチペンそのままだと段差ができるうえに、薄め液も使わないで薄く伸ばしたらハケ後が残ります。

プロでも板金は難しいです。

プロは色あせを考慮して配色やドア1枚塗りをするので分からないですが、タッチペンだと錆止め程度に考えておくほうが安全です。

素人が上手に出来るのは、キズが爪に引っかからない程度の浅いものが限度です。

コンパウンドが入ったワックス等を使ってキズが目立たず見えにくくするぐらいにとどめておいたほうが無難です。

下手に手を出して、さわに醜い状態になりませんようにお祈り申し上げます!

濡れた靴を短時間で乾燥する裏ワザ [雑学]

靴がぬれてしまった場合にどうやって素早く乾かしますか?

突然の豪雨に降られて、びしょびしょに濡れてしまったときはテンションが下がりますよね。

しかし替えのシューズを持参していないときが少なくありません。

翌朝までに靴を乾かしたいときはどうしましょう。

どうやって早急に乾くでしょうか?

濡れた靴を早く乾かす裏ワザ情報を公開しますので、実践してみてほしいです。


■新聞紙を賢く利用

靴を早く乾かしたいなら新聞紙にひと工夫してください。

靴がぬれたら、どのように対処していますか?

他の乾いた靴をはけば良いのですが、あいにくない場合は別の方法が必要です。

「新聞紙を丸めて詰める」だけでは簡単すぎます。

ただ新聞紙を詰めるのではなくて、少しだけ火であぶった新聞紙が重要になります。

それをくちゃくちゃに丸めて靴に詰めると、靴が早く乾いてくれます。

新聞紙を火であぶると、紙の水分が蒸発して、水分を効率良く吸収してくれます。

ただし、紙面を火であぶる行為は火災にもつながりやすい危険な行為です。

では、本当にできるのか実践してみました。


■火災の予防は徹底しよう

準備するのは、古新聞と靴です。

靴は洗面器に水をためて、両足の靴先を入れて、5分ほど放置しました。取り出してみるといい感じに、靴の先がぬれています。大まかな水分を雑巾でふき取った後、今度は新聞紙の用意に取り掛かります。

紙を実際にあぶるときはライターでは長時間かかります。

バナーなどのほうが良いかもしれません。

火災には十分に気をつけてください。

バケツに水をくんで万が一の時に備えてください。

新聞紙は燃えやすいので、念を入れて火災予防をしときましょう。

ガスコンロを点火したら、火を覆うように新聞紙の端を両手で持って、あぶってみました。

あぶった新聞紙とあぶっていない新聞紙を触ってみると、手触りもどこか違っていました。

新聞紙を丸めて、靴のつま先に詰めてみてください。

新聞紙を丸めて靴に入れて乾かす方法は、シューキーパーの役割も果たしてくれます。

靴の形状がキレイに保存できるので一石二鳥です。

また、紙をつめてそのまま放置しておいても良いのですが、ドライヤーを活用するのもオススメします。

新聞紙詰めてから靴ごと新聞紙にくるんでドライヤーで乾かすと早いですよ。



パチンコ店が無料サービスの癒しサロンに進化した実情 [雑学]

最近はトイレがキレイな店が多いです。

パチンコ店は年々店舗数が減少していて、集客のために1円パチンコを導入するなど生き残りに必死です。

そこで大型店では、無料サービスを充実させています。

今までも携帯電話の充電サービスがありました。

最新店舗では遊戯台にUSB型充電器が設置しています。

また、情報アプリを使う客も増えたため、無料Wi-Fiを利用できる店もあります。

他にもマンガ喫茶、マッサージなど、パチンコ店では無料サービスで癒しサロンに展開しています。

具体的にパチンコ店で受けられる、至れり尽くせりの無料サービスの数々を詳しく紹介します。


■無料Wi-Fiは制限なし

パチンコ店はコンビニと違って、無料Wi-Fiの接続時間に制限がないのが嬉しいです。

パチンコ・スロット打ちながら、大容量の動画ファイルをダウンロードしても全く課金されません。

0円で衣服の消臭マシンも設置しているパチンコ店もあります。

髪の毛や衣類に付いた脂やタバコ臭いを消してくれます。

家族にパチンコ店に寄り道したのがバレません。

マンガや最新雑誌を揃えているパチンコ店も増加しています。

娯楽施設の総合商社を目指している楽しい場所をアピールしています。

大型タブレット席を設置しているグループ会社のパチンコスロット店もあるそうです。

無料で約7,000本の動画を閲覧できるサービスを利用できます。

あと、近くのパチンコ屋は、カップラーメンとお湯もあってもちろん無料です。

サービスの費用もお客たちが払ってる事をお忘れなく…。

今まで散々、客から搾り取った利益がある証拠とも言えます。

要するに、廻り廻って高い使用料を払わされているってことです。

パチンコで借金した人がホームレスになり、そのホームレスがパチンコ屋でサービスを利用している。

まさにギブアンドテイクという結末でしょうか。

さらに、渋谷と新宿などの都心のパチンコ店にはホームレスがたくさん来て迷惑しているともいわれています。

また、車内で亡くなったり放置される子供を無くすためにキッズスペース作ってもいいんじゃない?

スペースの周りはもちろん禁煙にするべきです。

白バイ隊員が暴露?スピード違反・歩行者妨害など不起訴のテクニック [雑学]

ネット上で、白バイ隊員がこっそり囁いていると話題なのが「通違反の交渉術」です。


スピード違反

スピード違反で取り締まった時にドライバー側が「坂落とし」という用語を口にすると諦めてしまうこともあったそうです。

白バイ隊員がこんな裏事情をしゃべったとネットで話題になっていますけど、ネタとしては構わないけど違反の交渉術は断固反対します。

ただし、警察官が常に正しいみたいな横暴を阻止するのはある意味大切かもしれません。

坂落としでも他でもいいけど、スピードメーターを見て速度コントロールできていない運転手が明らかに悪いのは当然です。

ただし、スピード違反の取り締まりがあまりに理不尽なケースも増えているのも事実です。

そんなとき、地形や状況に応じて差異があるにしても「坂落とし」という用語を使っても良いのか悪いのか判断にお任せします。


歩行者妨害など理不尽な警察の対抗策

スピード違反の他に、歩行者妨害などで不起訴にしたいですか?

免許を取るための教習所で習う当たり前のことを守れば違反は基本起きない。

守らないからこそ違反になるだけです。

しかし、あなたが歩行者妨害をしたと納得できない場合、警察の過剰な取締りに対抗したい気持ちもあるかもしれません。

歩行者妨害は、交差点で歩行者信号が赤になる前に右左折したクルマを取り締まることです。

歩行を妨害されたという当事者が出現しないと、警察は立証することができません。

これを利用して、不起訴へ持っていくのです。

「妨害されたという被害者が訴えを起こさないのはおかしい」と頑なに突っぱねるというわけ。

突っぱねるときも「歩行を妨害した覚えはない」など、ガンバル必要があるかもしれません。

ただし、違反したと認識した時は素直に取り締まりに従うできです。

ネット上も違反に加担するつまりはないけど、危険な運転を助長するようなことはあってはいけません。


取り締まる警察官のノルマ

警官たちには取り締まりの罰金がノルマになっているのもおかしい。

警察上層部の家族や友達というだけで違反切符が取り消された話は周りから聞いたことがります。

京都や長崎では有名な寺社仏閣の僧侶や神主の車を取り締まった警官が逆に飛ばされたという話もあるそうです。

障害者が保有する車停め放題の許可証も家族が悪用しまくっているし、

ルールを守らないといけないのは当然だが、一部の人間だけが得をしている現状も大問題ですね。

メルセデスベンツ新型「Eクラスクーペ」の評判と機能など凄い [雑学]

メルセデス・ベンツが新型「Eクラスクーペ」を発売しました。

ラインアップは、4種類をラインナップしています。

「E200 クーペ」は184ps/300Nmの2リッター直噴ターボを搭載しています。

「E200 クーペ スポーツ」は内外装をさらにスポーティにしています。

「E300 クーペ スポーツ」はエンジン出力を245ps/370Nmに増強しています。

「E400 4MATIC クーペ スポーツ」は唯一の4駆で3.0リッターV6直噴ツインターボを搭載しています。

以上の4モデルが揃っていてどれも注目度が高いです。


昨年のセダン・ステーションワゴンに続き、

新型Eクラスクーペは、オーナーの自信と自尊心を掻き立てながら満足感を満たしてくれる特徴です。

攻撃的な強気のフォルムやキレイなルーフライン、感情を向上して知性を感じさせます。

そして、何よりも最先端の運転支援システムも気になります。

その完成度はえげつないほど素晴らしいです。


 LEDクリスタルランプは、後続車からの確認する機能を高めるほかに、発光量を調整して眩惑を避ける機能も備えています。

ボンネットはダイヤモンドグリルとパワードームを備えていてスポーツカー並の特徴です。

そして、サッシュレスドアと高い位置を走るベルトラインが見栄え良いだけでなく、美麗で繊細な特徴も備えています。

インテリアの装いは基本的にはEクラスセダンと似ています。

エアコン送風口はクーペ専用デザインです。

コックピットがタービンエンジンをイメージした造形とシルバーシャドーの装いによって、活動力あるイメージが強いです。

また、ボディ部分の拡大によって後席の座席のゆとりがアップしています。


 充実の運転支援システムがバージョンアップしていることに注目したいです。

もうすぐ近くまで完全自動運転がスタートする技術革新を垣間見えます。

渋滞中の停止&再発進のクルーズコントロール、緊急時の自動ブレーキ、自動補正ブレーキで車線を維持するレーンキーピングアシストは基本中の基本です。

ウインカー操作のみで自動的に車線変更するアクティブレーンチェンジングアシストも標準装備されています。