So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone X最新情報!画面・価格・デュアルカメラなど [IT・通信]

スポンサードリンク




AppleがiPhoneの10周年記念モデル「iPhone X(テン)」を投入してきます。

次世代のスマートフォンの代名詞になるほどの使用です。

次段階に突き抜けてしまわれた感があります。

画面は広々していて、前面にとどまらないで背面までガラスで、全面ガラス張りの発表会場「ジョブズシアター」とシンク。
5s以来の飛躍です。

カラーはシルバーとスペースグレイです。

前モデルと同じで防塵&防水仕様が嬉しです。

5.8インチの「スーパーRetinaディスプレイ」は驚くほどの超鮮明な画面です。

顔認証ロック解除のFace ID、ワイヤレス充電、有機ELディスプレイ搭載・・・

もはやAndroidに勝るとも劣らない多様な機能を備えているiPhoneです。


■画面を広げられる

Retinaディスプレイのハイグレード版「スーパーRetinaディスプレイ」が圧倒的な存在感をアピールしています。
iPhone史上最大の「2436 x 1125ピクセル」です。

全面フル有機EL極上の画面は、カラーの出力が鮮明でコントラストも極上レベルです。

これだけのハイレゾ5.8インチ画面ですが、注目していほしいのはベゼルを取り払っています。

その結果、5.5インチのiPhone 7 Plusよりコンパクトなボディを実現しました。

iPhone 7 Plusの画面をiPhone 7の本体でスマートフォン操作できるような感覚です。

スマホ本体の端側の黒線はどうしても除去できない部位でした。

上部のフロントカメラの黒いところが残念というファンもいますが、

見た目よりたっぷり画面を優先するところに新しいデザインの息吹を感じます。

背面ガラスは、4s登場してから久しぶりに再登場しました。


■スペック&機能。ホームボタンが消滅

最強Androidもぶっ飛ぶ新型「A11 Bionic」プロセッサ搭載です。

省電力コア2基+高処理コア4基の計6コアのアーキテクチャです。

A10との違いが実感できるレベルかどうかは、あとで実測が待たれるところ。

ワイヤレス充電がようやくiPhoneにも初登場です。

これでものすごく便利になりそうです。

HOMEボタンが消滅しています。

iPhone X(テン)は3D顔認証センサー「Face ID」を搭載しているので、顔をかざすだけでロック解除できます。

他人の顔写真をかざしても、奥行きが目立たないので認識されません。

斜めでも正面からみても大丈夫です。

ヘアースタイルを変えたとしても問題ないようです。

なりすましでアンロックが成功する確率が「100万分の1」なら大丈夫でしょう。


■Animoji(アニモジ)が新登場

アニメ + 絵文字 = Animoji(アニモジ)が新登場

静止画の絵文字が時代遅れになりそうです。

今後は、言葉を話すとおりに絵文字が動きます。

好きな絵文字を選択して会話をするだけです。


■デュアルカメラが進化

iPhone Xは2倍光学ズームで撮影できます。

iPhone 7 Plusでもデュアルカメラでしたから同じです。

「 Portrait Lighting 」を新搭載しています。

深度マッピングで被写体と背景を判別して、光の具合をわけて調整してくれます。


■値段

iPhone Xは容量によって、64GB(11万2800円)または256GB(12万9800円)です。

予約注文は10月27日からスタートして、11月3日に出荷予定です。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント