So-net無料ブログ作成

iPhone 8がiPhone 7より売れていない理由と裏ネタ [IT・通信]

スポンサードリンク




「iPhone 8」がどうやらiPhone 7より売れていない!というのは本当でしょうか?

悪い端末じゃないんですけどね…。

「iPhone 8/8 Plus」は今年9月のイベントで、「iPhone X」が後から登場するためインパクトに欠けていた印象が強いです。

かなり売れているだろうという予想とは違って、売れ行きはイマイチだそうです。

実は本家本元のアメリカではiPhone 8/8 PlusよりもiPhone 7/7 Plusのほうが売れているとは驚きました。

どうしてでしょうか?その理由を検証します。


Apple(アップル)はiPhone 8/8 Plusの販売台数を公表していません。

そのため、正確な販売実績を数字で分かりません。

Apple公式ホームページの出荷日を見るとiPhone 8/8 Plusはその予約台数が伸びていないようです。

iPhone 8/8 Plusの売上が振るわない最大の原因は、間違いなく2017年11月に発売予定の「iPhone X」の影響です。

iPhone 8/8 Plusが新発売しても、「2ヶ月後にはもっとカッコイイ、素敵なスマートフォンが手に入る」ということが分かっています。

そのような人であれば、安くもないiPhone 8/8 Plusを購入したいと思う人は少ないでしょう。

また、「iPhone 8/8 Plus」と「iPhone 7/7 Plus」の機能の違いを上手に宣伝していなかったのも今の販売実績に影響していると思われます。

iPhone 8/8 Plusでは本体背面がガラス製になっています。

内部には超高速な「A11」プロセッサや無線充電機能が搭載されています。

カメラ画質が向上していて、ディスプレイは「True Tone」に対応しています。

他にも高機能を盛り込んでいるiPhone 8/8 Plusはものすごく素晴らしい端末なのですが、一般社会ではほとんど情報が浸透していなかいようです。

 そもそもどうしてこのタイミングでiPhoneXを発表したのか意味がわからないです。

もともとiPhone 8/8 Plusを売る気がないとしか思えないタイミングです。

本命のiPhone Xが出る直前にiPhone 8/8 Plusを買うほうが珍しいです。

 このように残念な状況となっているiPhone 8/8 Plusですが、10月27日にはiPhone Xの予約がスタートします。

生産の遅れによる在庫不足がきになるiPhone X。

おそらく恒例の予約争奪戦を回避するのは難しいでしょう。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント