So-net無料ブログ作成
検索選択

格安航空の格安運賃の旅行のメリットデメリットを検証 [海外旅行]

スポンサードリンク




格安運賃の旅行は、想定よりも快適ではないという意見もあります。

多くの場合は、その旅がちょっと苦痛になる人が多いです。

しかし、空の旅行は以前よりも改善してきているように思えます。

航空券は、昔よりもお手軽な価格で購入しやすくなりました。

国内の往復チケットが2万円以下で買えることもあります。

一方で、航空会社の適当なサービスと、機内の居心地の悪さの窮屈さに不満が増すばかりです。

たとえそれが、格安航空会社との競争にさらされ、倒産を避けるために仕方なくのことだとしても、不快なものは不快です。

飛行機の旅について、良い点と悪い点を検証したデータが気になります。

このデータを見れば、機内は混雑して、シートはますます窮屈になっていることがわかります。

もっとも、JetBlueやSpiritといった格安航空会社の登場で、アメリカン航空のような大手航空会社が、運賃をアンバンドルせざるをえなくなったことは良いニュースです。

格安航空ではなくて、フルコストキャリアとLCCの間に存在するバランスを取れた航空会社もあります。

アンバンドルモデルの導入により、利用客は全体として、多くのお金を支払うことになりました。

調査によると、航空会社がアンバンドルの運賃を導入すると、利用客は同じサービスによって多くの料金を支払う結果になることが判明しました。

データを見ると、運賃の平均値下げ額は、手荷物料金そのものよりも小さいです。

つまり、手荷物を預けると、合計運賃は以前の運賃よりも高くなるということです。

すなわち、平均的な旅行客にとっては、手荷物を預けると合計運賃が値上がりしたことになります。

一方、手荷物を預けない人は、運賃の値下げにより得します。

少なくとも、手荷物を預けない最低限の運賃だけを支払って飛行機に乗る選択肢が生まれたのは確かです。

この柔軟性は明らかにメリットです。

格安航空サービスのおかげで、そうでなければ旅行しなかったであろう人々が、旅行できるようになりました。

フライトは時間通りに飛ぶことが多くなっています。

昨年は80%以上の達成率を示した。航空会社による手荷物の紛失も減少しています。

また、乗客が定員超過によって搭乗を断られるケースも低下しています。

手荷物の取扱に関するトラブルが減少しています。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。