So-net無料ブログ作成

新型aibo発売決定!ソニー(SONY)独自の人工知能AIに注目 [IT・通信]

スポンサードリンク




2018年1月11日、ソニーは新型の家庭用ロボット犬「aibo(アイボ)」を発売すると2017年11月1日に発表した。

2006年に生産終了しましたが、初代「AIBO」から12年ぶりに家庭用ロボット市場に再び復活します。

aiboはソニーストアオンラインで、数量限定で予約受付をスタートしています。

30分で完売したので驚きました。

同社は「いいと思いますね」と、手応えを感じている。


■AIで解析

ソニーの新型ロボット犬「aibo」は、体長30.5センチメートル、重さ約2.2キログラムです。

丸みを帯びた体形で、オーナーに寄り添うと可愛い仕草が大人気です。

有機ELを搭載しているので鮮やかな色彩が特徴です。

瞳は滑らかにくるくる動いて、個性的な鳴きごえが評判良いです。

耳や尻尾などのカラダ全体で、感情豊かに愛くるしいです。

ソニーが独自開発した人工知能(AI)の技術をフル活用しています。

オーナーに能動的に働きかけるのがAI技術の利点です。

オーナーから投げかけられる言葉や笑顔、頭や背中をなでなでしてもらうなどを感じ取ります。

最先端のAIによって、今回のaiboは人々とのふれあいを重ねていくことで、「aibo」の言動に多様性が生まれ、成長し続けるのが面白いです。

「aibo」を購入する際には「aiboベーシックプラン」の加入が必要になります。

家庭でのWi‐Fi接続やモバイル回線接続によって、クラウド解析された情報を利用した「aibo」の進化成長や専用アプリ「My aibo」との連携や様々な機能を利用できます。

 今回の新型「aibo」の発売発表によって、インターネットの掲示板などでは、

愛され続けているので一定の需要はあるし高齢の方の見守りという期待もあります。

初代アイボも本当に愛らしいかったです。
でもメンテナンスから手を引いたSONYには心底ガッカリしたけど、退職した技術者がボランティア同然で修理し続けているという情報を聞いたことがあります。

それを聞いて胸があつくなった方々もいるでしょう。

大企業であるならば今度は手を引かないで何世代も受け継げる様にしてサポートして頂きたいです。

ちなみに、aibo の体価格は19万8000円。

aiboベーシックプラン(3年)の利用料金は、一括払いが9万円、分割払い(36回)で月々2980円です。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:AIBO

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント