So-net無料ブログ作成
検索選択

痴漢疑惑の男性が逃走!池袋の冤罪か罰則重い? [社会問題]

スポンサードリンク




3月14日の午前9時頃、JR埼京線の池袋駅のホームで、痴漢を疑われた男性が、線路に飛び降り逃走するという出来事がありました。

これが本当に痴漢したのであれば、女性を突き飛ばして逃走までしていることで罰則は重くなるのでしょうか?


■痴漢はどんな法律違反

衣服の上半身から下半身や胸部を触る場合は、「迷惑防止条例違反」となります。

迷惑防止条例は、各都道府県別に定められています。

東京都の場合、痴漢行為は六ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金となります。

下着の中に手を入れるようなより悪質な痴漢行為だと、刑法176条の強制わいせつ罪となり、六ヶ月以上10年以下の懲役となり、迷惑防止条例違反よりも思い処罰となります。

痴漢を疑われ完全に冤罪の時は逃げた方がいいって聞いたことあります。

やっていても、やってなくても、逃げないと100%犯人にされ全て失います。

冤罪で裁判で勝ったとしても誰も信用してはくれないです。

会社に復帰しても今まで見たいな付き合いも仕事もする事が出来ないでしょう。

シロの場合も痴漢にされるので、逃げるのが鉄則とされています。

痴漢の捜査過程が一方的だからそんな横暴な事になっています。

まだ本人も捕まってない上に調べが全然進んでない段階で痴漢をやった前提で報道されていることに疑問を感じます。

今回がどうだかは全く不明ですが、逃げた理由はシロでもクロでもありえます。

何れにせよ、痴漢の無罪の証明は難しく、例え無罪でもそれが証明されるまでは会社、家庭での社会的信用の失墜は逃れられない。

「痴漢に疑われたら逃げろ」と弁護士が言うぐらいです。

痴漢の疑いをかけられたら逃げるのが鉄則かもしれません。

また、女性が「触られた」と言えば、ほぼ確実に痴漢にされてしまうのが問題です。

やっていないことの証明なんか不可能でしょう。

確かに突き飛ばして逃げたのは危険だと思います。

でも痴漢の冤罪を着せられている男性も沢山います。

確かな証拠が無くても女性が「この人がやった」と言えば犯人扱いなんて納得できません。

一方で、痴漢を疑われたら逃げろというのは昔話という意見もあります。

現在は監視カメラが発達しているので、駅から逃げ切るまでに確実に動画撮影されているようです。

たとえ逃げ切っても数日後に警察から出頭するように任意同行のと連絡が来るでしょう。

要するに、痴漢に疑われたら諦めるしかない!という結末なのでしょうか。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。