So-net無料ブログ作成
検索選択

白バイ隊員が暴露?スピード違反・歩行者妨害など不起訴のテクニック [雑学]

スポンサードリンク




ネット上で、白バイ隊員がこっそり囁いていると話題なのが「通違反の交渉術」です。


スピード違反

スピード違反で取り締まった時にドライバー側が「坂落とし」という用語を口にすると諦めてしまうこともあったそうです。

白バイ隊員がこんな裏事情をしゃべったとネットで話題になっていますけど、ネタとしては構わないけど違反の交渉術は断固反対します。

ただし、警察官が常に正しいみたいな横暴を阻止するのはある意味大切かもしれません。

坂落としでも他でもいいけど、スピードメーターを見て速度コントロールできていない運転手が明らかに悪いのは当然です。

ただし、スピード違反の取り締まりがあまりに理不尽なケースも増えているのも事実です。

そんなとき、地形や状況に応じて差異があるにしても「坂落とし」という用語を使っても良いのか悪いのか判断にお任せします。


歩行者妨害など理不尽な警察の対抗策

スピード違反の他に、歩行者妨害などで不起訴にしたいですか?

免許を取るための教習所で習う当たり前のことを守れば違反は基本起きない。

守らないからこそ違反になるだけです。

しかし、あなたが歩行者妨害をしたと納得できない場合、警察の過剰な取締りに対抗したい気持ちもあるかもしれません。

歩行者妨害は、交差点で歩行者信号が赤になる前に右左折したクルマを取り締まることです。

歩行を妨害されたという当事者が出現しないと、警察は立証することができません。

これを利用して、不起訴へ持っていくのです。

「妨害されたという被害者が訴えを起こさないのはおかしい」と頑なに突っぱねるというわけ。

突っぱねるときも「歩行を妨害した覚えはない」など、ガンバル必要があるかもしれません。

ただし、違反したと認識した時は素直に取り締まりに従うできです。

ネット上も違反に加担するつまりはないけど、危険な運転を助長するようなことはあってはいけません。


取り締まる警察官のノルマ

警官たちには取り締まりの罰金がノルマになっているのもおかしい。

警察上層部の家族や友達というだけで違反切符が取り消された話は周りから聞いたことがります。

京都や長崎では有名な寺社仏閣の僧侶や神主の車を取り締まった警官が逆に飛ばされたという話もあるそうです。

障害者が保有する車停め放題の許可証も家族が悪用しまくっているし、

ルールを守らないといけないのは当然だが、一部の人間だけが得をしている現状も大問題ですね。


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。