So-net無料ブログ作成
検索選択

不倫カップルをSNSで漏らす犯罪行為は該当? [美容・コスメ]

スポンサードリンク




昨年からベッキー、乙武洋匡氏、六代目三遊亭円楽など、不倫スキャンダルが頻発しています。

芸能人やスポーツ選手は高所得であるだけに、異性関係も派手になるようです。

倫理的に許される行為ではないのですが。


かっ1一般社会でも職場で「明らかに不倫してるな」と感じることは多々あります。

当人同士は楽しいでしょうが、見せつけられているほうは腹立たしく、「ブログやSNSで大ぴっらにばらしてやりたい」と思ってしまいます。

不貞行為をしているのですから、それくらいやられて当然です。

しかし、そのような行為は後で訴えられる可能性があるというのです。本当なのでしょうか?


■不倫訴訟の事例

不倫をSNSで暴露後に訴訟沙汰になるのでしょうか?

暴露したことによって家庭が壊れた場合、損害賠償を請求される危険があります

もちろん暴露されるまで不倫の因果関係を配偶者は知らないでしょう。

そのためばれてしまうと離婚してしまう可能性が高まるでしょう。

この場合、SNSで不倫を漏らしたのが離婚原因になります。

離婚する夫婦の両方から損害賠償請求されても弁解できません。

不倫を知ったほうがいいのか、知らぬが仏のほうが幸せであるのかは意見が分かれるところですが、

結果として離婚となった場合、暴露した側、つまり離婚原因を作った人間が責任問題となります。

少々納得がいかない気もしますが、これが現実のようです。

倫理違反の行為を是正処置としての行動であるならば、仮に損害賠償覚悟で暴露されることもあるかもしれません。

しかし、その行為にリスクもあることは理解しておかなければなりませんね。

 SNSでばら撒くのは、おそらく不倫カップルの男か女か、またはその不倫カップルに少なからず怨みを持つ人達でしょう。

男の元カノ、女の元カレとか、または、2人のどちらかに怨み妬み持ってる同僚や友達でしょう。

日頃の行いが悪くて人徳もないため、仕返しされるチャンスをものにされているのでしょう。

一般人がSNSで不倫などをお披露目するのは殆どが不倫カップルの自業自得だと思われます。

他人のプライベートには「見ざる言わざる聞かざる」が基本姿勢です。

そもそもいじめと不倫は全く違います。

SNSで不特定多数の人に暴露する意味がわからない。

不倫された側の痛みも拡大すると思われます。

身内の不倫なんて、第三者に知られたい人なんて存在しないでしょう。

暴露するなら、当事者に直に話してあげるのが筋です。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました