So-net無料ブログ作成

中国人観光客が消滅?不法滞在・工作員など真実は何 [社会問題]

スポンサードリンク




 2017年9月12日、中国・浙江省杭州市に所在する旅行会社が衝撃のニュース報道しました。

日本観光ツアーに参加した70人以上の中国人が行方不明になったとホームページで発表しました。

 近年、日本国内における中国人に対するビザ申請の条件は簡易化されており、中国の悪質な旅行会社はビザ審査用の偽装資料を作成するというサービスを行っています。

そのため、日本には多くの中国人不法滞在者が増加しています。

行方不明になった観光客たちは、不法滞在を目的として杭州市の旅行ツアーに参加したかもしれません。

今頃は日本国内に潜入している可能性が高いでしょう。

問題の観光客は日本にいる犯罪組織と内通していたのもかもしれません。

目的は経済問題や環境汚染で崩壊する一方の中国からの脱出。

日本に工作を仕掛ける工作員かもしれませんし、サイバー攻撃やスパイ活動が目的かもしれません。

中国人裏組織も実は中国政府の工作部隊だったりして、スパイ防止法のない日本はやりたい放題ですね。

なお、杭州市のビザ審査は上海市の日本領事館が管轄しているため、今回の問題は日本側にも責任の一端があります。

 今回の場合とは異なり、中国人側に不法滞在の意思がなくても、旅行会社側が利益目的で偽装ビザを渡す場合もあるそうです。

現在の中国には正規のビザ申請代行会社が数多く存在するため、本来ならばこのような事態は回避できるはずです。

しかし、悪徳会社は日本領事館に提出しないで偽造ビザを作成するため、多くの顧客が犯罪に加担してしまって利用してしまいます。

しらないうちに偽造ビザを使用して日本に入国しようとした中国人は空港の入国管理局で入国を拒否されたしまします。

その結果、不法入国者としてブラックリストに入れられて犯罪者扱いされてしまいます。

 このような現状を受け、
中国側では、純粋に日本を観光したい方々が不幸に陥るのを防ぐために当局は撲滅運動を推進しています。

悪徳ビザ申請会社には注意しなければ、下手すれば犯罪者になりかねない!恐ろしいですね。

 今回のような問題が発生するなど、

日本の外国人に対する入国審査の基準は甘すぎます。

日本政府や観光庁は中国人による「爆買い」を期待して外貨を得たいために、中国人観光客をどんどん招き入れているようです。

ところが、知的犯罪や不法侵入などを予防するために、ビザ申請基準の厳しくしたり偽造ビザを判断するための職員を育てたり、最新のテクノロジーで検査するなど積極的に規制してほしいです。

また、日本国民ではない以上、日本への不法滞在は当然ですけど、生活保護などの福祉サービスのタダ乗りや侵略目的の土地買収を許してはいけません。

日本政府や行政機関は多発する中国人の不法滞在の目的を精査すべきです。

今、強制送還もまともにできない政府や独立行政法人などの関係機関は情けないです。

この先彼らが起こす事件や問題は、日本人に不利益となるのが怖いです。

日本はビザ発行基準を厳しくして、偽造を見抜く最新技術を採用してほしい。

そして不法滞在者をあぶり出すシステムの構築も早急に進めなければいけないです。

北海道でも行方不明になっていた中国人女性もいました。

中国側が悪徳旅行会社の取り締まりを強化するのは当然ですし、ツアーの旅行自体が規制するほうが良いと思います。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント