So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

アニメや刑事ドラマのキャラ設定に巡査部長・警部補が大半の理由 [ドラマ]

刑事ドラマやアニメなど、登場人物には警察の階級が使われています。

刑事ドラマでは「警視総監」「所長」「係長」「部長」という役職の他には、警部や警部補や巡査部長という階級が設定されている場合が多いです。

刑事ドラマなどで、どうして階級が警部補や巡査部長というキャラ設定が多いのでしょうか。その理由を検証します。


■平成の刑事ドラマ

『太陽にほえろ!』は昭和の名刑事ドラマですけど、故・石原裕次郎が演じていいた藤堂俊介は、七曲署捜査一係の係長で警部という設定でした。

ところが、警部ともなれば本部で課長補佐か係長、所轄ともなると次長や課長の役職が一般的なドラマ設定でしょう。

また、『西部警察』のときは石原裕次郎が演じていた刑事ドラマの木暮謙三では、警視として捜査課長という設定です。

警視になると大小にかかわらず所轄ですと署長または副署長に就任しているのが現実の警察組織だと思われます。

昭和から平成になると、刑事ドラマの役職の設定でもさまざまな矛盾が減ってきて現実味がましてきて、階級と職種がリアルに近づいていているそうです。

平成では、刑事ドラマの主役となるキャラクターの役職は、巡査部長や警部補という内容が増えています。


■刑事ドラマやアニメ

これは警察官の9割は警部補より下の階級となっています。

警部補よりも上位になると、管理職として現場に出向く機会が激減するからです。

事件現場や捜査で活躍する刑事をドラマにするには、現場捜査で最も高い役職の警部補が無難でふさわしいというキャラ設定に配慮しています。

実際、刑事コロンボのコロンボ警部は、実際の英語訳では警部補ですし、『古畑任三郎』の田村正和が主役の刑事ドラマでは警部補でした。

『SP』で岡田准一が演じる井上薫は巡査部長でした。

『踊る大捜査線』では織田裕二が配役の青島俊作も最終的には警部補ですが、TVシリーズからムービー2までの大部分で巡査部長でした。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両さんは巡査長でしたけど、良くも悪くもリーダーシップを発揮していました。

意味不明なキャラ設定であっても、面白ければ現実とは違っていても構わないでしょう。

ちなみに、いつも不祥事で結末を迎えるような、現実社会に近い警察ドラマを取り上げてほしいです。

リアルな不祥事の再現ドラマ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

芦屋セレブ名乗る犯罪!他人住所で運転免許証を申請した女性の失態 [住宅・暮らし]

 関西の高級住宅街、兵庫県芦屋市に住んでいるように装い、運転免許証の再交付を受けたとして、自称和歌山在住のアパレル業、音楽業の女(29)が9月9日、免状等不実記載の疑いで芦屋署に逮捕されました。

逮捕後の調べに対して、「憧れの芦屋セレブにどうしてもなりたかった」と呆れた供述をしているそうです。

 女は4月20日、神戸市中央区の神戸優良・高齢者運転免許更新センターで、申請書に芦屋市内の他人の住所を勝手に記入して提出し、免許証の再交付を受けた。

再交付の手続きするときは住民票がなくても、電気やガス、水道料金の請求書など、公的料金の請求書だけで申請を受け付けてくれます。

再交付だとしても、裏面に新しい住所を書いてハンコを押したものではなくて、表面に偽りの住所が普通に記載されたもので申請許可してしまうのは問題です。

身分確認に免許証確認する警察が他人の住所で再発行するなんて、少し間抜けで怠慢だったのではないでしょうか。

 今年の春ごろから免許証に記載された住所に女宛ての手紙がたびたび届くようになり、“本当”の住民が不審に思っていた。

逮捕の前日の8日、不審で見たこともない女が家の前に直立していたので、本当の住民が声をかけたところ、不審な女の方から郵便物の送付の確認を要求して来たので、110番通報して問題発覚となりました。

 女はプライドと見栄だけで芦屋の住所を記入したとは驚きます。

芦屋を気に入り、セレブになりたかったという理由でウソの住所を公共機関に申請するとは大胆不敵です。

 女は“ウソの免許証”を悪用して他の犯罪を起こそうとしたわけではなく、芦屋で住民登録をしたかっただけだったそうです。

そもそもどうしてこれほど無駄な労力を使う必要があったのでしょうか。

普通に引っ越して、一瞬でも芦屋に住めば済む事なのに…。

芦屋に住んでいると、確かに、梅田の百貨店などでちやほやされて、熱心にお買い物に奔走しちゃう人もいるようです。

芦屋でも六麓荘以外はセレブではないと言ってる人がいますけど、六麓荘はむしろただの成金が多い地域という評判です。

地元民によると、芦屋は山側に住んでる人のことを芦屋マダムというのであって海側は単なる芦屋市民。

はっきり言って雲泥の差だそうです。

そんな芦屋ブランドに憧れているなら、この女性は引っ越せば問題なかっただけでした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

豊尻手術で死亡!美容整形外科クリニックの安全性とリスク [美容・コスメ]

トルコの美容整形外科クリニックで豊尻手術を受けたイギリス人女性が施術中に死亡するという悲劇が起こった。

この美容整形外科でリアリティ番組のセレブたちが施術したこともあってそれなりに有名だったようです。

リアリティ番組『TOWIE』に出演しているローレン・グッドガーやアンバー・ダウディンなど複数のセレブが豊尻手術を受けたことがわかっている。

英ウェスト・ヨークシャーのリーズ在住のリー・ケンブリッジさん(29歳)は、トルコのイズミルにある「Elite Aftercare Clinic(エリート・アフターケア・クリニック)」で3,000ポンド(約43万円)のブラジル式豊尻手術を受診しました。

ところが手術中に突然に容態が悪化して亡くなってしまいました。

3人の子供がいる一家はリーさんの死因についてクリニックからの回答を待っているという。

おそらく施術中に何かしらの合併症が起こったのではないかと考えられています。

価値観の問題ですが、既に3人のお子様もいてパートナーもいて、それでいて十分綺麗な方なのに...なぜ整形にこだわったのか。

今は気軽に整形手術を受ける方いますが、リスクもきちんと考えるのは大切です。

普通に子供を産む事ですら奇跡なのですから、切ったりなんなりするんですから、大丈夫なんて保証はどこにもない。

 その一方で、パートナーが望んだのか、彼女自身が望んだのかはわからないけれど、彼女たちを責めるコメントはお門違いでしょう。

このニュースで問われるべきは手術の安全性であって、美容整形の是非ではないと思います。

無理な手術をして亡くなるなんて、本人も家族も思っていなかったでしょう。

幼くして、母親を失うなんて子供達が不憫でなりません。

母の死因が豊尻手術だなんて、残された3人の子供がかわいそうです。

綺麗になりたいと思ってした事なのに死亡という結果は残念です。

亡くなったのに悪いこと言われて本当に気の毒です。

本人にはとてもコンプレックスだったのもかもしれません。

成功してイキイキなるなら美容整形は全然良いと思いますが、手術の安全性を問われる問題です。

 さまざまな意見があると思いますが、リスクを考慮するのがとても大切なのを理解しておくべきでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

バーバリー毛皮廃止を決断した理由 [社会問題]

バーバリーが衝撃な発表をしました。

バーバリーは、今から自社製品に毛皮を使わないと公表しました。

同ブランドは1856年の創業してから今まで、ミンク、アライグマ、ウサギやキツネ、イタチなどの毛皮を使用し続けてきました。

しかし、近年では動物愛護団体などから批判殺到したり槍玉に挙げられていたのを受け入れている会社が増えています。

そこで、ヴェルサーチやグッチやアルマーニなどのライバルブランドに遅ればせながら、バーバリーも毛皮を廃止するながれになった模様です。

バーバリーは販売できない製品を再利用、再生、寄付、リサイクルに転換していましたが、今後はもっと拡大するそうです。

バーバリーではポジティブな変革を推進しています。その私たちの目標は弊社の経営における全資源の消費だけでなく、周囲のコミュニティまでも含まれるのです」

そして9月17日に開催のロンドン・コレクションで、史上初の動物不使用のコレクション発表となるので注目を集めています。

CEOのマルコ・ゴベッティ氏は熱弁を語っていて、社会的そして環境的に責任を負うことが、バーバリーの核となり長期的な成功を収める鍵となります。

 何千年も昔から動物の肉を食べ、その皮を防寒に使い、生きるためその命を頂いてきました。

いろんな食選択ができる今でも、命を頂いていることに変わりはないです。

せめて感謝して残さず食べることしか出来ないが、食べる以外で動物を殺すのはやるほうがベターかもしれません。

特に自国の食習慣以外を認めない欧米人は、他国のことには口出すくせに、いまさら毛皮を規制するとは遅すぎでしょう。

次は、毛皮同様に、皮製品もやめたらいいのにと思います。

また、動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)は、僅かながらいくつかのファッションブランドは現代化を拒否し、毛皮反対に関する意見をシカトしたり、業界の中に留まりたいなら、コート襟袖に使用するため動物から毛皮を奪う行為をやめる必要性があるという見解を示した。

一方、動物福祉団体ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル(HSI)は、バーバリーに10年前に毛皮の使用をやめて欲しいとアプローチしていました。

この英国ブランドが遂にファーフリーとなったのだから多大な影響を及ぼしています。

英国人のほとんどが毛皮の残酷性を望んでいませんので、英国を代表するブランドのバーバリーは正しい行動しているでしょう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ファッション

慶応大生が大麻で逮捕!幼稚舎からセレブ馬鹿者の本性 [社会問題]

 今年1月には慶応大OBのラッパーが、今度はアーティスト気取りで調子に乗っていた現役生が大麻で捕まった。

 大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで、住所不定で慶応大生の松澤伊知哉と、交際相手でカンボジア国籍の自称モデル、ウム・ダビン両容疑者が5日、警視庁に逮捕された。

2人は、東京都新宿区内のホテルで大麻片4点(袋込みで約53グラム、末端価格30万円相当)を営利目的で所持していた疑惑があがっています。

2人はホテルに宿泊していて、ルームサービスで部屋に入った従業員が異臭がすることに気づき、警察に通報。

松澤容疑者はとダビン容疑者は容疑を否認していますが、室内からは大麻販売に関する資料も押収されたのだから、犯行を裏付ける証拠になるでしょう。

 松澤容疑者は、会社経営する両親のもとで港区白金の高級住宅街に引っ越して幼稚舎から大学まで慶応のセレブだそうです。

高校時代は花形のウイングで全国大会出場。映画製作やラップに興味を持ち始めて、ネットメディアのインタビューでこう答えている。

 また、Amateras(アマテラス)の芸名でラッパーとして活動をスタートしました。

即興ラップの対決番組「フリースタイルダンジョン」に出演したり、金持ちで慶応ボーイをあざといほど主張した即興スタイルが話題になりました。

2018年5月には、インディーズながらファーストアルバムを発売し、ブルジョアラッパー金持ちそうな人が友達の触れ込みで、渋谷のタワーレコードでインストアライブを行った経験もあるそうです。

自信過剰すぎるのが生意気で鼻につくが、まずそれほど過大評価されていないことに気がついていない模様です。

今回は「大麻の所持という容疑ですけど、今までのラップファンのSNSには 「ドラッグで飛んでるMC」というような書き込まれていたこともあるそうです。

ハッパでパクられたことも、ラップに乗せて自慢するんでしょうね。

親のお金で遊ぶしか能がない、典型的な慶應のなかのおバカさんなのでしょう。

親から与えられた物しか誇れるものが無いとは残念過ぎます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

武智・とろサーモン久保田に批判殺到!上沼恵美子への暴言動画を謝罪 [芸能界]


お笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶと、スーパーマラドーナの武智が醜態したとしてネット上で話題になっています。

12月4日、二人はTwitterを更新して真相が発覚しました。

その内容は、「M-1グランプリ2018」の審査員を務めた上沼恵美子への暴言を謝罪したことです。

 「M-1グランプリ2018」終了後に、武智がInstagramで動画を配信したことが発端です。

その動画内容に映っていたのは泥酔していた久保田、数名の芸人が同席していました。

その際にh久保田と武智が上沼に対する発言だと察することができる形で、罵詈雑言の汚い言葉を交えながら上沼恵美子を批判していました。

そして、この動画がTwitterなどに投稿されていて一気にネットで拡散したのです。

これを観た視聴者らは、久保田や武智に向けて批判殺到して、炎上したしまったのです。

以上の経緯からクボタと武智の両名がTwitterで上沼恵美子への謝罪を世間に公開しました。

何ともお粗末な対応だとしか思えません。

謝って済む問題だとは考えられません。

芸人として、やってはいけない一線を越えたでしょう。

謝れば簡単に許してもらえるレベルの内容じゃなかったし、関西圏の番組出演はかなり減らされても仕方がないでしょう。

愚痴をこぼしたり、酔っ払って悪態ついても構わないですけど、動画をSNSにあげるのは意味不明です。

人間誰しも愚痴りたくもなるし、悪口言いたくなる時もあるのは分かります。

その仲間内の酒の席でのことをわざわざSNSに出すのは頭悪すぎます。

芸人同士のネタなら良いものの、ネットにアップするのは最低レベルでしょう。

SNSで謝罪アピールのもダサいです。

 久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」

武智は「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、 M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」

とツイートしています。

 なお、上沼は「M-1グランプリ2018」の翌日に放送されたラジオ番組で、

「私みたいなこんな年寄りがね、あんなところに座って偉そうにしてる場合ではないんですよ。だから私は引退します。審査員よ?審査員は引退します」と宣言しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

外国人は日本人女性をレイプ狙う!ブラジル人パイロットの手口に注意 [社会問題]

日本の女性は外国人男性のアプローチに弱いのでしょうか。

日本の女はすぐやらせてくれるって思ってる外国人は多いとしたら、完全にバカにされています。

それが目的で日本に来てるのはもってのほかですけど、ほいほいついて行く女もバカでしょう。

外国人の中には卑劣な手口で若い日本人女性を狙っている者もいたみたいです。

 20代の女性を自宅マンションに連れ込み、レイプした強制性交の疑いで、ブラジル国籍のカルドソ・バルガス・エバンドロ容疑者(27)が9月3日、警視庁に逮捕されました。

カルドソ容疑者は全日空グループ「エアージャパン」のパイロットだというのだから驚きます。

カルドソ容疑者はブラジルのポルト・アレグレ出身で、リオ・グランデ・ド・スル連邦大学を卒業後、約10年前に設立された格安航空会社「アズールブラジル航空」に入社。派遣会社を通じ、昨年5月からエアージャパンで勤務していた。

カルドソ容疑者は7月15日午後8時ごろ、東京メトロ渋谷駅から半蔵門線に乗車したときに、女性がいるのを垣間見ると、旅行者のフリをして「この電車どこまで行きますか?」と英語で話しかけたそうです。

女性が不慣れな英語で対応すると、カルドソ容疑者は食事インスタのアカウント交換など執拗にナンパしてきました。

女性がスマートフォン操作に戸惑っているうちに、地下鉄は女性が下車する予定だった駅を通過。

女性はカルドソ容疑者と同じ駅で下車し、カルドソ容疑者について行って墨田区の自宅マンションに連れて行かれ凌辱されたという。

その後、女性が姉に相談し被害届を提出した。

防犯カメラを確認したところ、カルドソ容疑者が複数の女性を連れ込んでいる様子が写っていた。

1日2、3人連れ込んでいることもあって、被害届はその女性からしか出ていませんが、余罪が出てくる可能性もあります。

 そもそも、無防備について行くバカ女のせいで日本人女性はみんな尻軽女だと思われています。

どうして見知らぬ怪しい外国人の家までホイホイ付いていくのか理解できません。はっきり断れと言いたいです。

日本人の女は簡単に口説けると、ラテンの男たちはこぞって言っています。

悲しいけど、何か困ったら日本人の女っていうくらい馬鹿にしてる輩がいるのも事実です。

日本の若い女の子は簡単に股開きすぎで外国人の男女から馬鹿にされまくっています。

もっとプライドと尊厳を持ってほしいです。

未然に防げるし、女を被害扱いおかしいです。

女性自身にも半分自己責任があるのではないですか?

見てくれのカッコ良い外国人だからついていくのは明らかに変です。

初対面で誘いに応じて相手の自宅までついていくのが問題でしょう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

クレジットカード詐欺被害の現状と犯行手口を徹底解説 [社会問題]

ネット通販サイトでの支払いはクレジットカード払いが大半ですし、街中の店舗で買い物するときはカード利用者が増加しています。

クレジットカードは現代人の必需品です。

しかし、クレジットカードの犯罪に関するマイナスが存在するのも事実です。

タレントも被害に遭ったクレジットカード詐欺の手口を検証してみます。


■クレジットカード詐欺は手口

クレジットカード詐欺といえば、スキミングによる手口が騒がれて、数十年前から被害報告がありました。

「スキマー」と呼ばれるモバイルツールにクレジットカードを通し、磁気情報を盗む手口です。

そして1995年頃には「クレジットカードジェネレーター」が登場し、クレジットカード番号を自動生成するソフトが流通し始めます。

2004年頃にはクレジットカード会社を装ったメールで、カード番号を不正入手する詐欺が増加しました。

今でもかなり横行していて、あまりにも日常的に起こり続けるため、メールを受け取る側も抵抗がついてきていることでしょう。

そして、2009年に登場したのがクレジットカード詐欺の手口が「クレジットマスター」です。

クレジットマスターは、クレジットカードジェネレーターとよく似た手口で、ソフトを使い実在するクレジットカード番号を生成していました。


■クレジットカード詐欺は減少

クレジットマスターで、何件が浮上したのはいつでしょうか?

そのターゲットはなんと、元SMAPの中居正広さん、炭酸水の製造マシンやハロウィングッズ・テーマパークのチケット他、合計10万円以上が不正使用されたとラジオ番組で告白しました。

中居正広さんは、通販サイトを使用しないため、クレジットカード会社が確認して連絡しました。

早急にカード停止したため、大きな被害になりませんでした。

万全なセキュリティだと思われていますが、クレジットカード詐欺は現在進行形で拡散しています。

数年前からクレジットカード詐欺のやり口が通用するのかというと、クレジットカードの古い規格が長年使われ続けています。

全世界の発行済みのクレジットカードを入れ替えるのはほぼ不可能です。

ゆえに、カードの基本構造は変えられません。

そのため、現在は古い使わされた脆弱性をアプリや技術の運用面でリカバリーしています。

カード会社は詐欺を未然に予防するためにさまざまな対策してして、クレジットカード詐欺が減少しているのは確かです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日テレ責任回避?イッテQ!やらせ疑惑を否定する理由・批判 [芸能界]

日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」でやらせの疑いがあると週刊文春が報じた問題でさまざまな意見が沸騰しています。

日テレ側は14日、世界の祭りを紹介する企画で「(海外の)コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画の確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております」とのコメントを出した。

日テレ広報部は「やらせとの認識はない」という見解を示しています。

日テレによると、番組の意向で海外コーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントを開催したりしたケースがあったそうです。

 明らかに初動の対応を間違えましたという印象です。

どうして最初の見解を開き直ったようなお詫びにしてしまったのでしょうか。

正確な情報が混迷しているようで、危機管理が甘い手本になるような典型になりそうです。

政治家が全ての責任を秘書になすりつけると同様で、すべてを下請けの責任にするのは、巡り巡って日テレに返ってきます。

かなり前から、バラエティー番組であっても視聴者に噓偽りを与えるような番組制作が許されない流れなのに、日テレ幹部は読み間違えたのではないでしょうか。

責任はあるけど、ヤラセの認識はないとのことですが、では何に責任を感じているのでしょうか。

そもそもバラエティー番組だけではなくてこの世界は嘘と矛盾だらけです。

結局、最初は演出程度の話かと思っていましたが、続報は完全なるでっちあげとも思えます。

外国の話だからバレないと思っていたのかもしれませんが、外国の話だからこそ文化のねつ造は大きな問題です。

他国の文化の捏造と言うのは流石に良くないです。

まだ出てくる可能性が高そうですし、残念ですが打ち切りかもしれません。

また、やらせか、やらせでないかを判断するのは日テレ幹部ではなくて、BPO側のはずです。

認識がなくとも、事実としてヤラセだと判断されるならば、日テレは速やかに処分・謝罪・番組停止などの処理をやっていたでしょう。

 万が一、現地には無いお祭りイベントをその土地の文化のように見える形で放送していたとしたら、放送局としては問題と認識したほうがいいと思います。

ただし、バラエティ番組に文化性を要求しても無駄かもしれません。

しかし、はじめから海外の番組用の企画イベントだと主張して放送したとしてもシラケてつまらないし視聴率は上がらないでしょう。

制作側としてはなかなか難しいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

パトカー追跡で高校生が事故死の真実!逃走犯でなくて窃盗・道路交通法違反者 [社会問題]

パトカーに追跡された男子高校生(17)が転倒して死亡した事件。

「逃走している容疑者に顔が似ている」という通報で追われて亡くなってしまってかわいそうで痛ましいです。

 8月30日の20時半ごろ110番通報が大阪府警港署にあった。

通行人から富田林署から逃走した樋田淳也容疑者に似た男がいるという通報でした。

出動したパトカーが通報内容と似た黒いバイクを発見し、停止するように指示するとバイクはUターンして逃走したそうです。

樋田容疑者ではないかと追跡を開始し、バイクは逆走や信号無視しながら法定速度を超える速度で逃走した。

高校生は無免許で、バイクは盗難車で、市道のバス停に衝突して転倒後、病院で死亡してしまいました。

 逃走した樋田容疑者との通報を受けて追跡したが、逃走犯でなくても通常の追跡ということで、警察の間違いで逃走した樋田容疑者だと決めつけて追走したと思われます。

しかし、似ていなくても盗難車を無免許で運転、赤信号無視など余罪多数となると、この高校生を擁護する要素は考えられないです。

確かに狙っていた犯人とは別人だったとしても、犯罪者であることには変わりないです。

そもそも警察の停止命令から逃走したら執拗に追ってくるのは当然でしょう。

似ているかどうかは関係ないし、バイクを盗んで無免許でしかも逃走した。

逃走中に事故っただけで、似ているかどうかはきっかけに過ぎないでしょう。

指名手配犯とは別人であったというだけで、別の犯罪者であったことに違いは無いです。

パトカーから停止を求められて逃走となれば明らかに怪しい訳で、追跡するのは当然です。

むしろ追わなかったら職務怠慢です。

無茶な逃げ方して事故死…という結果は、当人の愚かしさが招いたことであって、決して警察官の責任だとは思えません。

無理やりにニュース性を高めるのは、メディアの品格が欠如していて悲しくなります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | -