So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

クレジットカード詐欺被害の現状と犯行手口を徹底解説 [社会問題]

スポンサードリンク




ネット通販サイトでの支払いはクレジットカード払いが大半ですし、街中の店舗で買い物するときはカード利用者が増加しています。

クレジットカードは現代人の必需品です。

しかし、クレジットカードの犯罪に関するマイナスが存在するのも事実です。

タレントも被害に遭ったクレジットカード詐欺の手口を検証してみます。


■クレジットカード詐欺は手口

クレジットカード詐欺といえば、スキミングによる手口が騒がれて、数十年前から被害報告がありました。

「スキマー」と呼ばれるモバイルツールにクレジットカードを通し、磁気情報を盗む手口です。

そして1995年頃には「クレジットカードジェネレーター」が登場し、クレジットカード番号を自動生成するソフトが流通し始めます。

2004年頃にはクレジットカード会社を装ったメールで、カード番号を不正入手する詐欺が増加しました。

今でもかなり横行していて、あまりにも日常的に起こり続けるため、メールを受け取る側も抵抗がついてきていることでしょう。

そして、2009年に登場したのがクレジットカード詐欺の手口が「クレジットマスター」です。

クレジットマスターは、クレジットカードジェネレーターとよく似た手口で、ソフトを使い実在するクレジットカード番号を生成していました。


■クレジットカード詐欺は減少

クレジットマスターで、何件が浮上したのはいつでしょうか?

そのターゲットはなんと、元SMAPの中居正広さん、炭酸水の製造マシンやハロウィングッズ・テーマパークのチケット他、合計10万円以上が不正使用されたとラジオ番組で告白しました。

中居正広さんは、通販サイトを使用しないため、クレジットカード会社が確認して連絡しました。

早急にカード停止したため、大きな被害になりませんでした。

万全なセキュリティだと思われていますが、クレジットカード詐欺は現在進行形で拡散しています。

数年前からクレジットカード詐欺のやり口が通用するのかというと、クレジットカードの古い規格が長年使われ続けています。

全世界の発行済みのクレジットカードを入れ替えるのはほぼ不可能です。

ゆえに、カードの基本構造は変えられません。

そのため、現在は古い使わされた脆弱性をアプリや技術の運用面でリカバリーしています。

カード会社は詐欺を未然に予防するためにさまざまな対策してして、クレジットカード詐欺が減少しているのは確かです。


スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント