So-net無料ブログ作成

女児虐待死に批判殺到!両親のDV暴力と監禁監視で傷害罪だけに非難 [社会問題]

スポンサードリンク




小学4年生の女児が両親の虐待により自宅で死亡した事件について、悲しい声が相次いでいます。

千葉県・野田市にて起きた事件が発覚したとき、父親が虐待の主犯だと考えられていました。

しかし、実のところ母親が夫からのDV暴力暴行に恐れて、父親の虐待から娘を助けもしないで放置していたそうです。

これが事実ならば母親も児童虐待の共犯だとしても考えられるのが判明しました。

母親は死亡した娘への暴行を目撃していたのに止めなかったとして、父親の逮捕後、母親も傷害容疑で逮捕されました。

これに対して、捜査が進むにつれ信じられない状況が次々に明るみになってネット上では怒りと悲しみの声が溢れている。

女児の司法解剖したら胃にほとんど食べ物が検出されなかったので、日ごろから食事を与えていなかったようです。

そして、身体の傷やアザが近所や学校にバレないように自宅に監禁状態にさせていたというのが母親の証言で発覚しました。

そして父親も、自身が不在のときに女児監視するため、母親にLINEで様子や状態を報告させていたという。


■悲しすぎる実情

暴力をふるい、監視し続けて食事も与えず、監禁しつつ監視するとは鬼畜の所業で許されません。

ここまでひどい事ができるなんて信じられない。

あの父親と母親は異常過ぎます。

これが傷害だけというのはおかしくないですか?

監禁罪、殺人罪、拷問、暴行…さまざまな罪に問われるべきという声が多いです。

児童相談所への恐喝、詐欺も適用されてもおかしくないです。

また、多くの大人たちに見捨てられ、絶望のなか亡くなっていったのかと思うと本当に残念です。

母親すらかばってくれないなんて想像を絶します。

お腹痛めて産んだ子なのに…どうして子供作ったんだよ!って言いたいです。

両親共に、同罪だよ。

暴力だけが虐待ではないのも事実です。

すぐに何でも怒鳴りつけるとか、親の意見の押し付け、監視、精神的な虐待もたくさんあります。

悪質なのはそれが虐待ってわかってないことです。

子供が可愛くない親はいない!という前提はもはや通用しないケースもあるのを分かっておくべきでしょう。

亡くなった女児の冥福を祈るとともに、このような事件が起こらないことを願います。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント