So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東邦大医師がヤバい!泥沼不倫で女性に覚せい剤を注射? [社会問題]

スポンサードリンク




医者が不倫相手の20代女性に覚せい剤を打った!!

前代未聞のニュースを聞いてびっくりしました。

東邦大学医療センター大橋病院の呼吸器内科医師・根本雄志容疑者(35=東京都渋谷区笹塚)が、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁に逮捕されました。

根本容疑者は2017年12月21日、渋谷区の自宅マンションで女性に覚せい剤を打ち、使用させた疑惑です。

 なぜこのような事態になったのでしょうか。その経緯が話題になっています。

21日夜に警察にとある通報がありました。

不倫相手の女性から「暴力を振るわれた」という内容でした。

駆け付けた警察官が通報してきた女性から事情を聴いたところ、「寝ている間に覚醒剤を注射された」と言ってきたそうです。

もちろん即座に薬物検査をしたところ、陽性反応が出ました。

これだけでも驚きましたが、さらに呆れてしまったことがおきました。

警察官が女性を事情聴取している最中に、根本容疑者はすきを見て逃走した模様だというのだから唖然とします。

忽然と姿を消しましたが、自宅からは使用済みの注射器が発見されました。

音信不通になってしまいましたが、12日後の1月2日の昼頃、根本容疑者は代々木署に出頭してきました。

当の本人の根本容疑者は『身に覚えがない』と容疑を否認しただなんて意味不明です。

根本容疑者の薬物検査した結果、陽性反応は出なかったそうです。

逃走していた目的は、何だったのでしょうか?

根本容疑者によると『弁護士と相談していた』と聴取で語っていたそうですが、何とも疑わしいです。

クスリを抜くために逃げ回って時間を稼いでいた疑いがあります。

忽然と姿を消したって、逃げられただけだろ!

逃げられなければ陽性反応出たろうに…これは警察の明らかな失態です。

この医者はダメ人間ですけど、このOLも不倫するくらいだからダメ同士でお似合いだったのでしょう。

被害女性はOLのようです。2017年11月にもその女性から『根本容疑者に暴言を吐かれて、DVを受けている。根本容疑者の奥さんともモメている』という相談が警察にあったそうです。

 根本容疑者は2011年3月、北里大医学部を卒業し、13年に医師免許を取得しました。

2017年の年末に大橋病院を退職していました。

2018年に入って、根本容疑者本人から「退職願」が郵送されてきたそうで、問題発覚してあきらめたのでしょう。

これまで根本容疑者のトラブル等の報告は病院には報告されていなかったそうです。

薬物の管理を徹底しているため、院外に持ち出すのは無理だそうです。

どうやって持ち出したのでしょうか。

医師や医学生の中の一部には、万能感の強烈な人がいて、覚醒剤まではいかないものの薬物がらみのレイプって昔から多かった!?

そんな噂が本当なら病院は終わっていますね。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント