So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Hey!Say!JUMP山田涼介の悩み!ジャニーズ「小さいオッサン」問題が深刻 [芸能界]

スポンサードリンク




 Hey! Say! JUMPの山田涼介(24)が身長に関してただならぬ悩みを吐露しています。

2017年12月26日放送の『超踊る!さんま御殿!! 最強夫婦&コスプレ女豪華芸能人の大忘年会』(日本テレビ系)の最中に、低身長の悩みを告白していました。

その結果、視聴者たちに余計な波紋を巻き起こしています。

同番組で『今、不安でしょうがないこと』というテーマで、山田自身の身長が164センチだけしかないことを明かしました。

さらに『色んな仕事させてもらってますけど、30代になった時に仕事は大丈夫かなと正直不安はあります』とガチな悩みを打ち明けるとは驚きました。

山田はグループ内でも身長にコンプレックスを抱えているそうです。また、結婚できないかもしれないと本気で思い悩んでいるそうです。

たしかにHey! Say! JUMPはジャニーズ事務所の中でも身長差が激しいグループだとファンの間で有名な話です。

薮宏太(27)と中島裕翔(24)の178cmを筆頭に170cm代のメンバーが台頭していて、山田より小さいのは知念侑李(24)だけです。

見栄えを考慮すると山田がセンターに立つことにどうしても違和感を覚えたのかも知れない。


■ジャニーズ深刻な悩み「小ちゃいオッサン問題」

山田のみならず、中年を迎えたアイドルたちの低身長はドラマ業界でどうやって起用すればよいのか本当に問題となっているそうです。

ジャニーズ事務所は低身長でベビーフェイスの男の子たちを積極的に採用して優遇してきました。

しかし、それは男性アイドルにも女性アイドル同様に”定年”があったからです。

25歳前後か、遅くとも30歳ごろには上手に舞台の役者や個性派俳優にシフトチェンジするのが当たり前だった。

ところが、SMAP以降、男性アイドルの定年制度が消滅化して、アイドルまま主役としてテレビ出演を続ける人が増えています。

知名度抜群なのに、”小さいおじさん”となって、役柄が限定的で事務所もプロデューサーも取り扱うのに困ってしまうタレントが続出しています。

 山田は身長の悩みが深すぎて、16年3月『第39回日本アカデミー賞』で新人俳優賞受賞でも、授賞式で身長178cmの山崎賢人(23)の隣りで背伸びするほどです。

山田が個性と演技力で堂々と舞台や演技派俳優に転向するのを期待したいです。


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント